やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
食べるためにはしていない
最近少しずつではあるが、春を感じる日が確実に増えた。気がつけばもう3月である。例年ならそろそろ、釣りに行く準備を着々と進めている頃であるが、今年はまだ何も手をつけていない。
本格的に始まったブラックバスの駆除により、琵琶湖のバスが壊滅状態である。
3月から5月にかけて、バスは産卵行動に入るため、シャロー(浅瀬)に乗り込んでくるため、僕等の様な「おかっぱり」には、春は最高のシチュエーションになる。
しかも飛びっきりでかい50cmオーバーのバスが乗り込んでくるために、過去新記録を狙いたければ「春」は定番なのである。
実際、僕の過去最高は春に釣り上げた。
バスは魚のなかでも一番生態をよく知られた魚なのである。四季折々の行動や、食物、産卵等であるが、それのほとんどが釣り人によって暴いたに他ならない。
そういう生態や癖などを知れば知るほど、釣りがもっとおもしろくなってくる。餌で釣るのではなく、ルアー(疑似餌)を自分のロッドやリール操作で操り、食いが渋ければ色や動きを変え、探る層も浅い所や深い所まで。
手を変え品を変え、それでもだめなら場所を移動する。そして自分が考えた仕掛けや、自作のルアーも試してみる。もちろん自然が相手なので、その日の天気や気温、水温、風向き等も把握しなければならない。もっとスローに動かしたほうがいいのか、もっと速くなのか。ロッドが硬すぎるのか、柔らかすぎるのか。ラインが太すぎるのか。ルアーが合ってないのか.....

いいサイトがありました。こちらもどうぞ。
僕はお金が欲しくて音楽はしていない。が故に釣った魚を食べたくて釣りもしていない。
[PR]
# by yaso7project | 2005-03-03 00:16 | えび天のしっぽ
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.2.28(月)
本日は先週とは大違いで、たくさんの人で溢れたホーダであった。

c0061689_272638.jpg
まあ、たまたま都合の良い日が重なっただけかも知れないが、それより今日、僕たちにはとーってもうれしいお方が遊びに来られた!

ご存知、CHORO CLUB笹子重治さんです。

c0061689_1594215.jpg

笹子さんがホーダに来られるのは久しぶりだったもんで、
メンバーは気合い入りまくり!(Kちゃんのよだれが垂れまくってるほどにね.....)

c0061689_2302283.jpg何曲やったのか、どの曲やったのか全然思い出せないぐらい必死こいてやってしまった。あー、指が痛い!

Sちゃん!その笑顔はなんじゃー!→→→
c0061689_2492719.jpg
ショビシュバの看板娘えびす」はなんか眠たそう。「お前達、いつもこれぐらい気合い入れてやれ!」なんて思ってるのかしら。すいません!
さすがの私もこの日ばかりは疲れ果て、腹も減ったので、帰りに4人でラーメン食べました。c0061689_354054.jpgc0061689_355484.jpg
あー。うまいし、うまいし、うまいし、疲れたし.....

あーそうそう。ホーダ始まる前に赤松さんニューバンドが練習してました。現在は極秘らしいので、ここで僕がバラしておきます。
c0061689_316820.jpg
この3人組の今後の動向には目が離せません!!
[PR]
# by yaso7project | 2005-03-01 03:22 | 音楽記
ブラックバスに未来は

ネオンの高速道路を東に走り、まだ明け切らない琵琶湖・湖西の砂浜に独り降りたち、暗い鏡の様な湖面に向かって、ラバージグを遠投する。
タバコに火を点け星空を見上げていたら、その刹那、「ググッ」と竿先が沈み込む。
すかさず竿を真上に振り上げ、そこからは「独人と独尾」、長くて短い、戦いと出会い.....

.....少々オーバーでしたが、

かなりの時間とお金を費やしてでも、僕を夢中にさせてくれるバス。
そんなバス釣りが出来なくなるのも時間の問題になってきた!?

c0061689_055385.jpg
特定外来生物とは?

特定外来生物法で、取り扱いを規制される外来生物のことです。1月31日に37種類が指定候補となり、その中にオオクチバス、コクチバス、ブルーギル、チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)が含まれています。選定されてしまった種は、飼養、運搬、譲渡、輸入が禁止されます。
たとえ特定外来生物に選定されても、バス釣りとキャッチ&リリースは可能です。とはいうものの、現在、既にキャッチ&リリースが禁止になっている県や水域があります。バスが特定外来生物に指定された場合、それらの水域ではバス釣りを楽しむことが困難になります。更には、この選定を機にして、新たにキャッチ&リリース禁止を打ち出す県が出ることでしょう。

c0061689_056067.jpg
パブリックコメントとは?

特定外来生物の指定候補が適切かどうか、広く国民の意見を聞く制度です。非常に多くの意見が届けば、国を動かすことも可能かもしれません。応募方法は、メール、FAX、郵送の3つの手段を使うことができます。また、募集要項や法律の内容などは環境省のサイトで確認できます。バス釣りを愛する人の場合、「オオクチバスの選定に反対する」として、その理由を書き連ねることが最重要でしょう。でも、それに加えて「もし選定された場合はこうして欲しい」という建設的な意見を書くことも、大事なことだと思います。H17.03.02締切
c0061689_1205140.gif

日本でのバス釣りに、もはや未来はないのか.....
[PR]
# by yaso7project | 2005-02-27 23:55 | 釣行記