やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
見原洋子ライブ 京都・RAG  10月31日

先日、とあるお店にて僕の事を知っているというお客さんと偶然会いました。
どうやらこのブログも見てくれているらしいのだが、その方が一言。

「やーそさんって長崎の出身なんですか?」

「いえ、大阪ですけど…何で?」

「ブログのトップ写真って長崎の像じゃないですか。」

「…」

どうやら長崎の平和祈念像と勘違いされてるみたいで…
一応ちゃんと説明はしておきましたけど。


ライブ前日。

お世話になっていたセバというお店が、いよいよ最終日を迎えた。
月イチでライブさせていただいていた高田靖子さんから、
「セバで会いましょう。」と連絡をもらったのが23時半。

ちょいと遅い気もするが、まぁいいか。

到着すると、山村誠一氏に押尾コータロー氏という豪華な顔ぶれが。

セバはつくづく愛されたお店だったんだなぁ、と妙に関心した。
シンちゃんご苦労様でした。
「そういえばいい加減なお店あったなぁ。」と、皆の心に刻まれてることでしょう。

酔っ払いの靖子さんを送り届けて帰宅したのは朝5時半をまわってました…
明日の入り時間は13時なんですけど…


さてさて。

見原洋子さんとは春のライブ以来、ちょうど半年ぶり。

半年前に弾いたことすら、すっかり忘却の彼方。
ただ半年前のライブはとてもいい感じで終えた事だけは覚えていた。

う~む、どうするか。

久しぶりに本気で「ヤバイ!」と本番前に感じていた。
その旨をベースのペッぺい氏に伝えると、「大丈夫大丈夫!」

簡単な言葉ではあったけど、暗示にでもかけられたかのように、
なぜか妙にリラックスモードに。

う~む、単純な僕。

お客さんに随分助けられた感は否めないが、なんとか無事に終了。
ただ、「これが僕の持ち味です。」という場面が作れなかった事が悔やまれる。

う~む、反省。


終演後、長い長い打ち上げ。

最後まで残っていた見原さん、ぺっぺいさん、口垣内さん、店長と朝の4時まで。
最近の午前中モードから一転、夜更かしモードに逆戻り…


さて。

このブログが更新される頃には、しばらくPC無し生活が始まります。

普通の状態では電源が入らないPCですが、
無理やり電源を付けた状態での更新です。

なのでしばらく修理に出します。

この4年間、PCに依存していた僕は、修理が終えるまで
ちゃんと仕事が出来るのでしょうか?

ちょっと、かなり、めっちゃ心配です…
[PR]
by yaso7project | 2008-11-03 03:09 | 音楽記
ジョゼ・ピニェイロLIVE 大阪・CHOVE CHUVA  10月28日

ライブ前に、あるリハーサルを午前中から1つ。

10月30日に京都のRAGという所で、春以来となる見原洋子さんとの
ライブがあるので、そのリハーサルを。

半年前のことなのだが、何を弾いていたのか1つも覚えておらず、
四苦八苦の上、新曲もありという、困難極めるライブになりそうな予感。

リハを終え、そのまま本日の会場CHOVE CHUVAへ。
到着すると店の前に人だかりが。どうやら店がまだ開いてないようで…
みんなでブータレながら待つこと数十分…
よくやくみんな到着して、サウンドチェックもそこそこに、本番開始。


今回のライブで一番の見せ場でもあったCARIMBO。

それまでにCARIMBOに関するあらゆる音源を聞きあさってみたのだが、
ギターに関して言えば、曲が違えばギターの弾き方も全然違う。

言い換えれば、CARIMBOとはこれ、と言ったギターの弾き方というのは、
おそらく無いに等しいのではないのか。

苦肉の策として、それらのちょうど中間的な弾き方に徹したのであったが、
まだまだ研究の余地があるので、次回にもチャレンジしてみたい。
[PR]
by yaso7project | 2008-11-02 15:43 | 音楽記
ジョゼ・ピニェイロとのリハ  10月27日

ライブ前日、ジョゼと最終リハ。

CARIMBOというリズムの曲がやりたいというジョゼの意向で、
前日にみんなで集まったのだが、ジョゼ本人でさえCARIMBOを
今までライブで1度もやったことが無いらしく、みんなで悪戦苦闘。

ある程度の形になったところで、翌日のライブにゲスト参加していただく
東京のパーカッション石川智さんを交えたアンサンブルで、
本番にするかどうか決めようと、という所で落ち着いた。


その石川さん。

奈良県で本番をやっているらしく、宿が大阪なのだが本番が終わってから、
大阪までの足が無く、チェロの人も居るので奈良まで迎えに来てもらえないか?
との連絡が入り、ジョゼとのリハ終わりでそのまま奈良へ。


現場まで迎えに行くと、ちょうどライブが終わった直後だったようで、
人がホール近くで溢れ返っていた。

それにしてもえらい人だかりで、今日何のライブやったんやろうと思いながら、
石川さんに連絡を入れると、「25tトラックが2台停まってる隣に入れて。」…

25tトラック2台?
ますます何のライブか気になる。

無事に石川さんと合流。楽屋まで案内してもらい途中通路で…

あれ?この人テレビで見たことあるぞ。え~と~、、、
高田万由子!うわ~、ホンモンや~。

って、今日何のライブ?と聞こうとすると、その隣にはあのお馴染みの頭が。
葉加瀬太郎!うわ~、ホンモンや~。

動揺を隠しきれたかどうかは分からないが、とりあえずお2人に自己紹介をすませて、
石川さんの楽屋へ入ると、ピアノのマチェックさん、ベースの西嶋さん、
ギターの中山さんと、有名人ばっかりに動揺はいよいよMAXへ。

「今日はお世話になります!」と現れたのは、チェロの柏木さん。
チェロの人って柏木さんかいっ!石川さん、はよ言ってー!

そんなこんなで石川さん、柏木さん、そして事故でも起こせば一生かかっても
償えないであろうバカ高いチェロと共に大阪へ。


大阪のホテルで一旦チェックインし、3人で飯を食いにちゃんこ屋へ。
食が控えめな柏木さんに対し、滅多に入ることの無い高級ちゃんこ屋で、
僕と石川さんはバカ食い。

お酒が回らなきゃ聞けないであろう柏木さんとの会話は、
とても為になる事が多かった。(全然ならない会話もあったけどね。)

夜深くなったところで、再会をお約束させていただいてお別れ。
このご縁により、12月の大阪フェス公演に招待していただきました!

それにしてもいい話しが聞けたなぁ。


で、石川さんが何のライブ中だったかは葉加瀬太郎さんのHPで。
[PR]
by yaso7project | 2008-11-02 15:03 | 音楽記