やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
CHERRYライブ 6月29日

もうヘロヘロ状態になりつつある体にムチ打って東京へ。本日は約1年ぶりとなるチェリーのライブ。今回も新たなる新ネタ多し。(←曲の事ではありません…)

行きの新幹線の中でネタのおさらいをしようとiPodを聞いてたら、いつの間にやら深い睡眠。あっという間に稲葉邸に到着し、当日リハにとりかかる。僕の出来ボロボロ。

時間もそこそこ。会場のALVORADAに移動し、最後のチェックでも僕ボロボロ。や、やばい!

開演差し迫ってくるとお客さんがどっと押し寄せていた。満員御礼。ありがたい!と同時にプレッシャーに際悩まれる。始まる直前までダメ元でネタのチェック。

1曲目。今回からCHERRYのテーマソングに選んだ曲で大ウケ!これでプレッシャーがどこかへ行ってしまった。後は最後まで楽しんで演奏出来た。

お客さんから「楽しかった~!」という声はほんとに嬉しいです。次回もお客さんを裏切らないネタを用意してお待ちしておりますよ。
c0061689_154507.jpg

ライブ後、なぜだかお店に4時まで居残る。大阪に朝9時までに戻らなければならなかったので、始発で吉祥寺を出発。酔っ払ってもないのに、どこをどう歩いたのかよく覚えてませんが、8時半には大阪に到着してました。

しばらく休むぞー!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-30 03:41 | 音楽記
山村誠一ライブ 6月27日

さて、誠一さんとのデュオのミニツアーも本日で最後。会場は和歌山市駅のまん前の「HERON」というお店。

の前に少し早く到着したので、和歌山ラーメンを食いに寄り道。これが、「見た目こってりえげつな~。」、食べてみると意外に、「あっさりうま~。何杯でもいけるかも。」

HERONに入るなり、「めっちゃええわ~。ほんまにええな~。」、と連発の誠一さん。確かに雰囲気抜群のたたずまい。楽器の音も良く響く。

初めてなのに満員御礼のお客さんに感謝。演奏始まって時間も経たないうちに大盛り上がり。なんか大ウケなんですけど。僕達勘違いしそうです!

という訳で、バッチリ最後を締めくくって来月から始まる「さえずりツアー」に弾みをつけたのでした。
[PR]
by yaso7project | 2008-06-30 03:11 | 音楽記
山村誠一ライブ 6月26日

運命だの立命だの、僕はわりとそういう事に鈍いところがあるんですが、今日は運命的なものを感じざるを得ない日でした。

事の発端は約2ヶ月前。

誠一さんから今回のライブのお誘いがあった。会場は5年ほど前から4~5回出させてもらっている「風まかせ人まかせ」というお店。僕は実に3年ぶり。ただ第1候補日が昨日の25日。僕は別のライブが入ってたので、翌日の26日ならOKですと返事し、今日に決まった。

先週に今年初となった誠一さんとのデュオライブ。大雨降りしきる中、やたらいい演奏に2人大満足だったのですが、翌日の新聞の訃報欄で「宮迫 千鶴」のお名前が。

宮迫千鶴さんとは画家でありエッセイストなのですが、実は5年前に誠一さんと「シシムンド」というユニットで出したCD「ガンバランガ」のジャケットの絵はこの千鶴さんに頼んで書いてもらったのです。

予め聞いていただいた音源でイメージされたというCDジャケット。評判が良すぎてジャケ買いも多くありました。

そしてそんな千鶴さんに僕は1度だけお会いしたのだが、3年前に誠一さんとデュオライブをした会場がここの「風まかせ」だった。ジャケットのお礼やライブの感想や色々なお話しをさせていただいた。

今回はそれ以来となるここでのライブだったのですが、なんと千鶴さんのお葬式が今日だったのです!

誠一さんと2人でとても感慨深いものを感じました。

そしてアンコール曲でCDタイトルにもなった「ガンバランガ」を。最後に誠一さんが、「まだ若くしてお亡くなりになった千鶴さんの老いた顔はどんなお顔だったんでしょう。」という言葉で、誠一さんの曲「年老いた君に」を演奏したのですが、僕も誠一さんも途中感極まってもうギリギリでしたね。



宮迫千鶴さんへ

すばらしいCDジャケットありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠りください。  山田裕
[PR]
by yaso7project | 2008-06-27 02:22 | 音楽記
田坂香良子ライブ 6月25日

東京から大阪まで戻り、所用を済ませてそのまま神戸へ。結構ヘバってきた。

4月にも演奏させていただいた「オリーブバー」というお店。前回も書きましたが、僕はプライベートでは、かなり入りづらいかも、というほどちょーオシャレなレストランカフェでの演奏。

今回はバンドリンの良ちゃんにも参加してもらって3人で演奏してきました。

ヘバってたおかげもあってか、いい感じに力が抜けてて逆に良かったかも。一昨日の京都の時は割とイケイケな感じでしたからね。

良ちゃんも一昨日よりも曲に慣れた感があって、めっちゃいい感じ。

しかし田坂さんはほんといい人です。いい人ってのが歌を通してすごく伝わってきます。初めてお会いした時もなんか初めてじゃない感じがしました。ってそういう事じゃないか。

まぁとにかく一緒にやらせてもらってて気持ちいい人です。次回は8月に京都2発と大阪1発。次回もお楽しみに!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-27 01:44 | 音楽記
うずらのたまごナイトEX 6月24日

このメンバーでは2回目となりました「うずらのたまごナイトEX」。

大阪からの応援隊の1人は昔から梅津さんの大ファンであるらしい。
ステージ半ばですでに出来上がってしまった彼女は、1曲終わるごとに、「めっちゃいい!誰が作ったの?」とか、あれやこれやと感想を言ってくれていた…

ライブ後には、「これだけの凄いメンバーと出来るアンタは幸せモンやと言う事をちゃんと分かってるの?」とあれやこれや…

そんな中、偶然にも僕のケータイにブラジルからMacoちゃんが電話してきた。「今?今はプラッサで穣治さん達のライブが終わったとこ。」と伝えたら、「穣治さんとアンタを会わせたのは誰のおかげ?」…


重々承知しております!僕のような若輩者がこのような凄いメンバーと演奏出来るのは、僕1人の力ではなく、皆さんのおかげであります!ハァハァ…

どうも僕は何も考えてやっていないように思われているのでしょうが、感謝もしてるし色々と頑張ってやってまっせーー!


というわけで、次回の「うずたま」は9月頃の予定です!このメンバー+新メンバーが1人参加してくれるかもです!お楽しみにー!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-27 01:15 | 音楽記
田坂香良子ライブ 6月23日

本日も朝からバタバタ。

今週はライブ週間で、大阪、京都、神戸、和歌山、東京×2と、家に帰れる日があまり無いので、色々準備しておかなければならないのに、全く出来てなかったツケが今日の朝から、という訳であった。

今日は約2ヶ月ぶりにボサノバシンガーの田坂さんと。会場は前回もやった京都のエルラティーノというお店で、ここのマスターは大好きです!
c0061689_254330.jpg

会場に到着して楽譜を取り出してビックリ!全然違う楽譜がごっそり…やってしまった…

エルラティーノにFAXがあったので、急遽おかんにFAXしてもらう。FAX出来るおかんに妙に関心してしまった。

今回はゲストに、京都のパーカッショニストのとくちゃんに参加してもらった。そしてそして。急遽遊びに来てくれた良ちゃんにも参加してもらい、あげくの果てには、お客さんで来てくれていた、京都のベーシストのぺっぺいさんにも2部から参加してもらうという、豪華極まりない布陣でお届け出来た。

田坂さんは僕意外みーんな初めましてだったのだが、歓迎してくれて大いに喜んでくれてました。

どうっすか僕の仲間!みんなすごいでしょ?


さて、明日24日は東京のプラッサオンゼで「うずらのたまごナイトEX」です!ベースに沢田穣治さん。パーカッションに石川智さん。そして今回もゲストに梅津和時さん。これまた豪華です!

明日は大阪からも応援隊が駆けつけてくれる予定です!関東の皆さん、見逃すな!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-24 02:16 | 音楽記
松田美緒ライブ 6月21日

僕が多くの女子に思うことは多々ありますが、まぁ何かと家を出るのにやたら時間がかかる、と思ってるのは僕だけではないはず。

昼間に川瀬さんの事務所でリハを終えて会場に向かおうとしたら、「化粧がまだ」だの、着替えた服を鏡で見て、「やっぱり違う服がいいから着替える」だの、出るまでに相当の時間が経過。やっと玄関まで出てきたと思ったら、「あれが無い、これが無い」…

松田美緒は宇宙人かと思ってましたが、彼女も女子でした。(←失礼!)

ライブは先日までのツアーのおかげで、演奏自体は全く問題なく、上々の出来栄えだったんではないでしょうか。

お昼の3時半という、かなり中途半端な開演時間ではありましたが、満員のお客さん達に喜んでもらえて良かった。

ライブ後、あまりの空腹にメンバー+スタッフ+お客さんとで探し当てた(引き寄せられたとも言う…)壱岐料理の居酒屋。五島列島の隣の島、という事でめちゃくちゃテンション高し。出てきた料理を食って更にテンション上がりました!

ああ、五島にまた行きたくなったー!


上五島での教会ライブ

c0061689_1155357.jpg

上五島ドライブ

c0061689_1163654.jpg


[PR]
by yaso7project | 2008-06-22 00:51 | 音楽記
山村誠一ライブ 6月20日

実は今年初となる誠一さんとのデュオ。昨年末以来なので半年以上ぶり。いつもならリハ無しでやる曲なんかも今回ばかりは念入りにリハ。でもやっぱり誠一スタンダード曲は、結構覚えてました。

雨が降りしきり、不快指数高かったであろう本日。初めての会場でしたが、会場の抜群の雰囲気にかなり救われました。誠一さんも連呼してましたが、演奏してて気持ちいい!

音楽に集中出来て、尚且つ暖かいお客さん達に囲まれての演奏会は、とっても幸せです!また近いうちにここで演奏しに来たいです!
c0061689_292399.jpg

そんな今年初の誠一さんライブでしたが、来週から7月中旬にかけてドドっと演奏会があります。来週はデュオ。7月は僕らにプラスMAX土居ちゃんが加わって、ライブツアーが予定されています。

不快な梅雨をも吹き飛ばすほどスイートな音楽会を、是非楽しみにしてください!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-21 02:07 | 音楽記
カイピリーニャ20周年記念ライブ 6月15日

西海ツアーを終えた後は、溜まりまくった仕事にひたすら没頭。なにぶん今回のツアーで宿泊した所のほとんどが、ネットの繋がらない所だったので、いかに今ネットに委ねているのか身を持って知ることになった。

所用で東京に行ったりもしたけど、ゆっくり遊んだりする時間もなく、結局東京滞在13時間という、過酷なスケジュールになってしまった。

そんなバタバタした中、本町のカイピリーニャ20周年記念ライブに参加してきました。
CHOVE CHUVAのホーダ ヂ ショーロですっばらしい演奏をいつも聞かせてくれるカヴァコ松下が率いる他諸々…というメンバー…

よく考えてみれば、ホーダかライブかの違いはさて置き、このホーダメンバーは実は今までで、一緒に演奏している時間が一番長いのです。なので良い所も悪い所もお互いよく分かっている間柄なので、ライブでも全く心配の要素が無かった。

そしてライブという場面において結果が出たという事は、これまでアホみたいに続けてきた事が、ちゃんと実となっているという自信にも繋がった事は、大きな収穫でした。

カヴァコ松下の今回の頑張りには頭が下がる思いです。だって準備だけならいざ知らず、ようこんだけのメンバーを統率したと思いますよ…



というわけで、ライブ打ち上げ中に日をまたぎ、34歳を迎えました。メールや電話にて祝福してくれた方々、翌日のホーダにわざわざプレゼントを持参してくれた方々、嬉しくてしょうがありません!どうもありがとうございました!!
[PR]
by yaso7project | 2008-06-19 01:51 | 音楽記
松田美緒・西海ファドツアー 5月29日~6月8日

ライブツアーから帰ってきました。『西海ファドツアー』と題して、7会場を11日間で周ってきましたが、いい人達にたくさん出会い、たくさん観光もして、たくさん食って、最高のツアーでしたー!


まず初日の広島。ここOTISで演奏するのは2度目で、笑顔でお迎えしてくれた名物マスターは、実はカオリーニョと学生時代の同級生!
c0061689_23301011.jpg

ライブはおかげさまで満員御礼!
c0061689_23311637.jpg

広島ではここのホテルで1泊したのだが、かなり怪しい看板に、ちゃんと夜は眠れるのだろうかと、不安と期待(!)でいっぱいでしたが、気付けば朝まで快適に寝てました。
c0061689_23322065.jpg


翌日は一路九州へ向けて出発し、山口県の関門海峡を渡って無事九州に上陸。
c0061689_2333816.jpg


まず訪れたのが、九州1発目の演奏でお世話になる斉藤邸。実は「占いの館」でもあり、占いの道でかなり有名人らしいです。もちろん僕も占ってもらいましたが…結果は…。
c0061689_23333635.jpg

自宅とは思えないほどの貴重なモノが並んでたこのお部屋で演奏。今回のツアーで唯一生音でやったのだが、こんなに気持ちよく響くとはメンバーも驚き!こちらもおかげさまで満員御礼!
c0061689_2334156.jpg

斉藤邸で1泊させていただいて、愛犬うじまるとお別れをし、次の会場、大分別府へ向かいました。
c0061689_23343812.jpg

ここが別府でお世話になった冨士屋Gallery一也百。現在は旅館として営業はされてないようですが、これがまた最高に気持ちのいい会場で、こちらもおかげさまで満員御礼!
c0061689_233589.jpg


c0061689_23354854.jpg

打ち上げは関アジ、関サバづくし!そして別府といえば地獄蒸しですなー!
c0061689_2336986.jpg


c0061689_23363662.jpg

お世話になった女将さんと美緒ちゃんの幼なじみ。打ち上げ終了後は旅館で1泊。
c0061689_23594220.jpg

あちらこちらで湯気が出てます。聞いた話しによると、ここ別府では12種類の温泉が出るらしく、源泉はどれも90度近くあるらしい。熱い風呂が苦手な僕には少々過酷でしたが、朝寝違えて痛かった首が、温泉に入ったとたんに治ったのにはビックリした。
c0061689_23371573.jpg


「もう1泊されてはどうですか?」と言う女将さんに最後までかなり悩んだのだが、翌日の事も考えて北九州へ帰ることに。斉藤邸へ帰る途中に少し寄り道。適当に寄った滝が恐ろしく見事で、マイナスイオンを満喫。
c0061689_2338433.jpg


c0061689_23382652.jpg

美緒ちゃんの希望で宇佐神宮にも寄り道。昔までこういう所に全く興味がなかったのだが、年取ると感慨深いもんを感じてしまう。
c0061689_23385324.jpg


c0061689_23391034.jpg

斉藤邸にやっと到着。すでに庭でバーベキューの準備が始められていた。恐るべし斉藤邸!
c0061689_23393086.jpg

翌日。大変お世話になった斉藤邸とお別れをし久留米へ。会場のブラッカブロッコは昨年のASASツアーでお世話になっており、ピアノの永見さんも応援に駆けつけてくれました。久留米ラーメンを堪能し、ライブも満員御礼。昨年のツアーで出会った方々も来てくれたり、久留米の松坂慶子(!?)さんとも再会出来て楽しい久留米でしたが、打ち上げもそこそこにして、そのまま長崎へ。
c0061689_23395026.jpg

長崎で1泊した後、フェリーに乗っていよいよ西海。いざ五島列島へ。
c0061689_23404156.jpg


c0061689_032462.jpg

上五島は島のほとんどが山で平地があまりなく、とても神秘的な匂いのする島でした。五島のポンジアスーカル発見!
c0061689_23415755.jpg

まず上五島で2泊。ここらで非常に疲れが出てきたのか、1泊目の睡眠時間はなんと驚愕の11時間越え!翌日、念願の釣りへ。五島は釣り人が1度は行ってみたい場所の1つではないでしょうか。釣って最高!景色も最高!
c0061689_23445691.jpg

今回の釣りにあたり、上五島でお世話をしてくれた観光協会の方が、僕らの(僕の)無理を聞いてくれて、釣りインストラクターも手配してくれました。五島のハマちゃんと呼ばれる方で、テレビや雑誌で活躍されている実はその道でとっても有名な名人なのです!釣果の方は黒鯛(チヌ)を狙ってたのだが、残念ながらメジナを数尾とアジでしたが、3時間強でこの釣果はいいですよねー!
c0061689_23451491.jpg

教会ライブも満員御礼、大成功で幕を閉じ、夜の打ち上げは朝みんなで釣った魚を刺身でいただいた。川瀬さんは自分で釣った魚を食べるのは初めてらしく、かなり感動に打ちひしがれていました!
c0061689_23454778.jpg


c0061689_23461474.jpg

五島はカクレキリシタンという歴史のある島で、上五島には現在29もの教会があるそうです。中には民家を改築した教会もあった。
c0061689_23462964.jpg

教会めぐりの後、上五島を少しドライブ。やっぱりすごい島である!
c0061689_2347182.jpg


c0061689_23472113.jpg

なんでそんなとこで歌ってるのか!?実は観光協会の方が船まで出してくれてプチクルージング!
c0061689_23474282.jpg

海から島を眺めていても、教会がいたるところに点在してるのが分かります。
c0061689_23475832.jpg


c0061689_23481445.jpg


c0061689_23483475.jpg

最高に楽しかった上五島を後にし、再びフェリーに乗って次の目的地、下五島に移動。
c0061689_2349823.jpg

福江に到着すると、ベース岡野さんのお知り合いの方が迎えてくれました!下五島で2泊したのだが、ホテルの部屋がなんと、4人部屋を1人ずつ分け与えてもらいました。広いー!広すぎて落ち着かない川瀬氏は、真ん中に引かれた布団を隅っこに引き直したとか引き直さなかったとか…
c0061689_23492430.jpg

なんなんだこの写真は!!
c0061689_23495563.jpg

!!
c0061689_23501211.jpg

ライブは今ツアー最高の200人超えのお客さんで満員御礼。翌日、最終目的地の長崎へ出発する前に下五島を観光。
c0061689_23503697.jpg


c0061689_23505920.jpg


c0061689_23511931.jpg


c0061689_23513940.jpg

いよいよ西海ともお別れ。かなり名残惜しいが最後の長崎へ向けて出発しました。
c0061689_23515933.jpg

最後の会場は旧香港上海銀行でこちらもおかげさまで満員御礼。これにて西海ファドツアーは幕を閉じました。
c0061689_23521489.jpg

翌日の朝、大阪に帰る前に長崎を少し観光。
c0061689_23523029.jpg


c0061689_23524481.jpg


長崎から大阪まで8時間。そのうち僕は2時間ほど運転し、残りはすべて睡眠に使いました。よー寝たー!!

って、あれ?ライブ写真あれへんがな!




カイピリーニャwebはこちら

[PR]
by yaso7project | 2008-06-11 02:35 | 音楽記