やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ピタンガ!スタート

松田美緒ちゃんの2ndアルバム「ピタンガ!」のレコ発ライブがいよいよスタートした。

伴奏メンバーがギター3人+パーカッション1人!ギター3人ですよ!
ギター弾きとしてはたまらない組み合わせなのではあるが、似たもの同士だと、どうしてもお互いを邪魔してしまう場面も多いんじゃないかと、始まるまではとっても心配していた。

ところがどっこい、まあ楽しいのなんのって!
内容もしっかりと高度なアンサンブルになったんじゃないでしょうか。

不満はちょっと自分のモニターがしづらっくて、何度か自分の音を聴き失った。
モニターはライブでは命ですもん。俺の音も少しはあげてくれ~!

いやあ、しかしいいライブだったですよ、ほんと。
ライブが終わってステージを降りて通路に入った瞬間、美緒ちゃん涙ぐんでましたなぁ。
それ見て僕もちょっとウルっときてしまって…単純?

明日は名古屋。おかげさまで東京も参加が決定したし、この調子で頑張ろう!!
[PR]
by yaso7project | 2007-01-30 18:47 | 音楽記
東京へ

昨日から来ています。予定ではこちらにいるのは3日間。

1日目はチェリーの稽古。昨年夏のmacoちゃんライブでチェリーと沢田穣治さんとの共演(狂演とも言う)以来になった。月日が経つのは早いなあ。
まあそれだけ間が空いたってことは、ネタもかなり増えて更なるパワーアップ!
今回の新ネタ、かなりやばいかも。。。是非お楽しみに!!

2日目は松田美緒ちゃんとのレコ発の練習。
伴奏メンバーが大阪2人と東京2人なので、なかなか合同練習が出来なかったのだが、やっとこさ実現した。
まあ若干コード等の違いはあったにせよ、何も心配することが見当たらず、逆に当日がすごく楽しみになってしまった。
あとは加々美さんの、人にヌメ〜っと絡み付くようなグルーブを勉強したいなあ。
ああ、それとレコ発ライブで僕が参加するのは大阪と名古屋の予定でしたが、ひょっとすると東京も行くかもしれません。まだどうなるか分かりませんが。

そんな訳で2日間の用事もあっちゅう間に終わった。
今から明日まで何をしようか考え中・・・
[PR]
by yaso7project | 2007-01-25 14:55
テクニカル奏法も今や…

ロック出身である僕は、当然エレキギター出身でもあるわけで、エレキのテクニックは若い頃に練習したこともあってか、今でもタッピング奏法やピッキングハーモニクスなんてのはかなり得意である。
7弦ギターを弾くようになって、僕のお師匠さんとも言える岩田晶さん(Bass)とライブをやり始めた頃、タッピング等を非常に面白がられて、ガットギターでもやれ!と命令がくだって、晶さんのベースと僕のギターでユニゾンタッピングの曲、「Ya! So!」というふざけたネーミングの曲を作ったこともあった。

押尾コータローというギタリストをご存知だろうか?オープンチューニングやタッピング等でギター小僧の心をくすぐりまくるアコースティックギタリストである。

僕はエレキで培った得意なタッピング等をやってみたり、7弦ギターという低音に1弦多いギターを弾いているので、たまにチョッパーといわれるベーシストのようなプレイをしたりすると決まって「押尾コータローや!」と言われる。

なるほど。タッピング等のプレイはヴァン・ヘイレンやイングヴェイとは違い、今や押尾コータローと言われてしまうらしい。それぐらい世間に押尾さんは影響を及ぼした。すごいことである!

今から7~8年前ぐらいに押尾さんは当時、山村誠一さんと「VOICEQUN」というデュオをやっていて、僕とmacoちゃん達でやっていた「tele-co-teco」というバンド2つで対バンをした。
楽屋で押尾さんにオープンチューニングの事や、ドラエモンの曲やMerry Christmas Mr.Lawrence等の弾き方を教えてもらった。
もう僕がこれみよがしに「あれは?これは?」と、質問攻めとリクエストしまくりだったもんで、押尾さんは「こんな楽しい楽屋は初めてや~!」と雄叫びをあげていた。

その時に2つのバンドで合奏なんかもしたのだが、特筆すべきは今でも忘れられないのだが、ショーロの名曲「ROSA」をmacoちゃん(vo)と尚美さん(fl)と押尾さんのトリオでの演奏。
もう今まで聞いた中でどんなブラジル人の演奏なんかより一番よかった。鳥肌モン。
ちなみに「VIBRACOES」というこれまたショーロの名曲があるのだが、押尾さんはこの曲を赤松さんにバンドリンを借りて家で練習してきてライブでも演奏してたなぁ。

まあとにかく、タッピング等のプレイをどうしてもせなあかん時ってのは、7弦ガットギターの場合そんなに無いのだが、やる時は気をつけてやらないと「押尾コータローの真似」と思われてしまうこの悲しさったらありゃしない。
でも押尾さんからの直伝でもあるわけ(?)なので、真似と言われたら「いや、ご本人直々の教えです!」と言い返すか…まあどっちでもいいか!

c0061689_2213172.jpg

2年ほど前のとある場所で。
左から誠一さん(スティールパン)・僕(カヴァコ)・押尾さん(ギター)・赤松さん(太鼓)

[PR]
by yaso7project | 2007-01-23 06:35 | えび天のしっぽ
修行

今日は実家の仕事を途中で抜け出して、松田美緒ちゃんとの練習に。
ギターの川瀬さんと僕とのコンビネーションもすごく良くなってきて、随所に気持ちいいところが。
普段弾いている時よりも、かなり音数を減らすことによって、川瀬さんが上で伸び伸びとプレイ出来ることが発覚して以来、そういうことに気をつけてきた。
しかし困ったことに、「音数を減らすイコール楽する」、ではないんですなぁ。
指の負担的には楽なんでしょうけど、グルーブ的には苦なんですなぁ。
う~ん、まだまだ修行せねば。

練習後、笹子さんが近くでライブをやっていたので、新年の挨拶もかねて聞きに行くことに。
いや~気持ちよかった!
歌に対してギターのするべきこと。ライブを聞きながらこっそりと色々勉強した。

今日は川瀬さん、笹子さんのギターを満喫して僕は明日へと励むのでした。
[PR]
by yaso7project | 2007-01-22 01:37 | 音楽記
動画  『釣り 2003』
前回アップした動画が嬉しいことにすこぶる好評のようで。
ブログで動画が見られるなんて、ほんまにかなり画期的である。

ってことで今回も作ってみました。
今回は前より少し凝って、釣りの映像に曲をつけてみました。
自作自演のプロモーションっぽい感じになってしまいましたが、あくまでも試しということで。

いやいや、しかし何でも出来てしまうなあ。
今回はかなり中途半端なところでカットしたけれど、これでオリジナル曲もアップできることが判明したし、機会があればちょくちょくオリジナル曲もアップしていこうと思う。

ちなみに映像は2003年の夏に琵琶湖へ弟と釣りに行った時のもので、曲は2000年に「cooley」というバンドで書いた自分の曲(イントロ部分のみ)です。なので映像と曲はかなりミスマッチです。何度も言いますがあくまでも試しということで。





[PR]
by yaso7project | 2007-01-20 06:50 | 動画
動画  『魁!やーそ道場』 06'12.9 (約1分)





このエキサイトブログで動画をアップ出来るみたいなので、手始めに12月9日に行った『魁!やーそ道場』の模様を。約1分です。
[PR]
by yaso7project | 2007-01-18 04:33 | 動画
ペーパードライバー

今日は妙に真面目に練習した。
どうしても弾けないフレーズが昨日発覚。
なんとか、あるスピードで弾けるまでにはこぎつけた。
果たして明日、今日弾けたことが弾けるか?

話しは変わりますが、弟の運転の練習に付き合う毎日。
いわゆるペーパードライバーで、5年前に免許を取ってから一度も運転をしたことがないのだとか。
勘弁してって感じやったけど、仕事上どうしても2月までには運転を覚えなければならないらしい。

運転の為に、無理やり近くの銭湯に入りにいったり(なぜか入浴料は僕モチ)、今日は少し遠出して、隣町のダム湖まで行ったり。明日は琵琶湖まで下道で行きたいのだとか。
まあせっかく琵琶湖まで行くのなら一応竿は持参ってことで。

まあしかし何の用事もなくずっと助手席に座ってるのは、かなり苦痛であった。
暇すぎる!!しかしあの運転では寝る気もしない。
早く眠れるような運転をしてほしいと思うのでありました。
[PR]
by yaso7project | 2007-01-18 03:01 | えび天のしっぽ
あんな人まで!?

あるイベントに松田美緒ちゃんと出演のため、お昼の2時半に京都のホテルで待ち合わせる。
到着してから重大な忘れ物に気付いた。
今日のお客さん達に配るために、ショヴィシュヴァから預かっていた美緒ちゃんのレコ発ライブのチラシである。
これを逃すともう京都へは来る予定がない。

僕らの出番は6時半頃で、まだまだ時間に余裕があったので、ショヴィシュヴァに電話して、チラシをとりあえず新大阪駅まで持ってきてもらい、それを受け取るため電車に乗って大阪へ引き返す。
チラシを受け取って、また京都へ。何をやってんだか…

到着して中に入ると、なんと、野中広務元官房長官が演説しているではないか!
野中氏はそのままそこに居残っている。ってことは…

ご本人を目の前にして演奏!いや~なんか変に興奮した!
しまいに野中氏も盛り上がってきたのか、「サイコ~サイコ~だよ~」なんて歌っておられましたな!!

すごいぜ俺達!!
[PR]
by yaso7project | 2007-01-14 01:25 | 音楽記
7弦ギター弾き初め

今日は松田美緒ちゃんとのリハ。

昨年のクリスマス以来となるギターをケースから出してみる。
弦は案の定サビサビ。そういえば爪もボロボロ。
爪は何とか対処したけど、弦は東京でとても安いお店をみつけてて、いつもそこでしか買わないので弦は今度東京へ行った時までの我慢。

使っている弦はとても面倒くさいことになってます。メーカーがバラバラ。
だからバラ弦を安く売っているお店は大変ありがたい。

ちなみに…
7弦(一番低い音)はブラジルから取り寄せ。
6弦~4弦はオーガスチン。
3弦はサヴァレス。
2弦~1弦はプロアルテ。
…と、まああれこれ試しているうちに、バラバラになってしまった。

7弦をかなり久しぶりに弾いたけれど、結構指は動くもんである。
あとは勘を掴むのに時間をかなり費やすことを覚悟した練習でした。
[PR]
by yaso7project | 2007-01-12 05:09 | 音楽記
オカノアキラ LIVE 1月8日

シャングリラにお昼の1時半入り。早い~!
それより少し早めに僕とオカノ氏が到着。
オカノ氏は客席をウロウロ。どうやら落ち着かない様子。
出番はまだ8時間後である。
サウンドチェックもそそくさに終わらせて、僕は実家の仕事のお手伝いで一度帰宅。

夜シャングリラに戻って扉を開けると、人、人、人~!!
ものすごい人だあ!超満員御礼!!

楽屋で準備をしながら、モニターで僕らの前に演奏していた、チャンキー松本さん率いる「ぶっきら兄弟」を見る。
総勢17名のバンド。お客さんが盛り上がってるのを目の当たりにして、もう出にくい出にくい。

緞帳が開き、いよいよ大トリ、僕らの出番です。

c0061689_2040649.jpg


一曲目からお客さん達の心を鷲掴みのオカノ氏。さすがです。踊り狂ってる人、爆笑している人。


c0061689_2042476.jpg

ここシャングリラは音がすごく良くて、自己陶酔必至です。

もうお馴染みになりつつある、「らいよんチャン&パルナーズ」・「噂のらいよんチャンネル」・「ハッピーデイくるくる」。
関西人に生まれてよかったと、大袈裟に思うほどの名曲揃いですな。


c0061689_20582173.jpg

そしてライブ最後を飾ったのが、オカノ氏本人が「シングルカット」と言わしめるほどの入魂の新曲、「くたばれ!ディスコティック」。
これでボルテージは最高潮へ!!

c0061689_2131521.jpg
嬉しいことにアンコールをいただき、「もうこれで最後です!」と何度も言っておきながら、それから2度もやってしまっている確信犯的な曲、季節まったくの真逆だけどまっ、ええかぁで、「オーサカキングでオールOK~」(MBSの夏祭りのテーマ曲)で終了したのでした。
(上の写真は「らいよんチャンカレー」と、オカノ氏のニューアルバム「空飛ぶ密室哲学II-地の巻-」。僕も何曲かギター弾いてますので是非!!)
[PR]
by yaso7project | 2007-01-10 21:12 | 音楽記