やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
とある川 in 京都 06'8.29

休み期間中なら僕にはやっぱりこれでしょう!

ってことでバス釣りに。

朝5時半に出発し、約2時間をかけて京都府北部のとある川へ行った。


ここの場所は具体的には明かせないが、親父が鮎を釣りによく行く場所で、かつて「バスばっかりで鮎が全然おれへんわあ。」などとボヤいていた。

こういう親父のボヤキは、時としてとっても穴場な場所によくなる。

そういう場所ほど、バス釣りに来ている人は皆無。


ほんじゃあ行ってみるべと、親父に場所を聞いて行ってきました。


目的地に行く途中に良さげな場所があったので、少し釣りをしてみることに。


キャスト後早々に小さなアタリが連発。

う~ん、どうやらかなりの子バスが群れているみたい。


とっかえひっかえルアーを変えてみるが、アタリはあるけど乗らない。

最終的に、ワゴンセールで107円で売ってたワームを使うとものすごいアタリ!

型は30cmあるかないかぐらいの小ぶりだったが、ようやく1尾ゲット。

107円のワームでもバッチリ釣れた・・・・・


ここの場所を後にして、親父に教えてもらった場所へ移動。


そない大きな川でもなく、きれいな水でもないが、雰囲気は抜群!!


ルアー投入後すぐにアタリが。

c0061689_23165844.jpg
型はやっぱり小さかったけど、アタリがすごい!

ここのバスは全然スレてないみたいで、何のためらいもなくルアーを食ってくる。

まだこんな未開の場所があったなんて、ちょっと嬉しい気分になった。

少しずつ移動し、次の良さげなポイントにたどり着く。

次はキャスト1投目にアタリ!

c0061689_23231877.jpg
またしてもこのサイズだが、おもろい~!

この後何尾か追加して、本日の釣りは終了。


サイズはいまいちだったけど、数釣りとしては満足のいった釣りになった。

ウエーダーを持っていかなかったので、足場のいいポイントでしか釣りは出来なかったけど、今度来るときは、ウエーダーを履いてあらゆるポイントに行ってみたくなった。

ここならまだまだ面白い釣りが出来そうだ。

c0061689_23312970.jpg

[PR]
by yaso7project | 2006-08-30 23:33 | 釣行記
知ってたかのよう

束の間の休憩をみなさんが知ってたかのように、めっちゃタイミング良く、秋から冬にかけてのライブオファーがボチボチと入ってきた。

この絶妙のタイミング!!

いやあ、なんだかすばらしい!!


知ってたかのようにと言えば・・・・・


昨日、DUO+1大阪ライブに向けてのリハ日程を調整をしていた時、秋岡さんから
「東京ライブはヤーソ結構いけてたと思うんだけど、どーよ!」
というメールをいただいた。


ぅぅぅううう・・・うれし~!


しかしビックリした!

僕のヘコんでいる有様が分かっておられたんではないだろうか・・・

ま、まさかこのブログを見ておられるわけでもないだろうし・・・


なんかめっちゃ燃えてきたんですけど(単純大魔王)。


次の大阪ライブで無期活動休止なんてのは・・・やっぱ撤回やなこりゃ。
[PR]
by yaso7project | 2006-08-28 13:48 | えび天のしっぽ
DUO+1 2日目 06'8.24

名古屋の駅前ホテルを出発し東京へ・・・行かずに、タクシーに乗り込んでウナギを食べに行く。

せっかく駅前なのに、新幹線に乗らず、わざわざタクシーにまで乗って行かなあかんウナギって・・・

まあ、そこまでしてでも行く価値のあるとってもおいしい「ひつまぶし」。
c0061689_14202473.jpg


またまたタクシーに乗って名古屋駅へ向かい、東京へ。

本日の会場は渋谷のド真ん中、公園通りクラシックス。

もう2度と歩きたくない!ってぐらい人通りが多い。

というか会場に着くまでめっちゃくちゃ迷ったんですけどね。


肝心の演奏のほうは・・・・・

う~ん、どうだったんでしょう・・・・・


今回、お2人とフルタイムのライブで2度の演奏をさせていただいて、自分なりに判明したことがあった。


中でも最も判明したことは、お2人と自分との音楽的な技術の到達点の違い。

お2人は異常に難易度の到達点(目標)が高すぎて、僕にはそこまでの目標が無かったこと。


いや、全くない訳では無かったんだけど、そのギャップについて行けなかったということか。


この道中に、11月に大阪でのライブが決定したのだが、そのライブをもって、この3人でのライブはリクエストが無いかぎり無期活動中止にしようと思っている。

続けていければ自分の為にはなるが、それは自分の為だけである。

東京と大阪。

行き来や宿泊だけでもバカにならないお金。

そしてそんな遠い3人が揃ってなかなか練習が出来ない状況を考えるとやむを得ないでしょうよ。


そんな色々考えさせられた東京ライブを逃げるように、ライブ終了後、そそくさとプラッサオンゼへと向かう。


トリンダーヂというショーロバンドとちょうどライブがバッティング。

てなことで、そちらへ偵察がてら聞きに行った。


そのライブ終了後、これまた近くのライブハウスでマルコス・スザーノが深夜1時からライブをやると聞いて、そちらへまたまたハシゴ。

トリンダーヂの7弦奏者で大尊敬している阿部浩二さんもご一緒に。


内容はなんだか疲れるライブでした・・・まあ実際、身も心も疲れてたんやけど。

ライブ途中だったが、あまりの睡魔に襲われホテルへ帰る。


阿部さんもなぜだか一緒で明け方まで喋くりまくり。


翌日、ko-ko-yaの黒川紗恵子嬢と待ち合わせ。

不思議なタコヤキ屋さんがあると言って連れて行ってもらったのだが・・・・・
c0061689_1593717.jpg


まあパッと見は普通のタコヤキ屋さん。しかし!よく見てください!看板を!

「パワーブレンド」ってなんじゃらほい?

ここのご主人に「気」を送ってもらうと、タコヤキが何種類もの味に変わったり、ぬるくなったサイダーが飲む度に冷たくなってきたり・・・・・


気になるでしょう!!


わっはっはっは!僕はしっかり味わってきましたぜ!

しかし最初は不思議で仕方なく興味深々だったけど、なんか途中から怖くなってきたので、普通にいただくことにした・・・・・

c0061689_15181598.jpg


(メニューはこちら。よく見ると気になるメニューがいっぱい・・・・?)



てなことで約2ヶ月間、アホほどライブをやって心身ともども磨り減ってしまったので、9月はお休み期間を設けました。

約1ヶ月の間、音楽は休業させていただきます。
[PR]
by yaso7project | 2006-08-26 15:20 | 音楽記
DUO+1 1日目 06'8.23

12時の新幹線に乗って名古屋へ。

1時半には目的地・・・ではなく少し寄り道をして、昼飯に鶏のおいしいお店へ。

生まれて初めて「鶏カツ」をいただいた。

うますぎです!

このお店の場所を、しっかり僕の携帯のGPSにマークを付けた。

これでいつでも道に迷わずに行けます。便利な世の中だ!


3時に本日の会場「カフェミル」でお2人と待ち合わせ。

3時半からボチボチと3人で音を出しながら確認の作業へ。

しかしこの時点ですでに僕は冷や汗を掻いていた。

「ついて行けてない・・・・・」


そんな冷や汗状態の中、本番が始まる。

そんなに広いとは言えないスペースに、ギッシリと超満員のお客さん。

そして本日のライブはこれまた生まれて初めてのPA無しライブ。

ようは「完全生音」ライブだったわけです。


バンドリンもギターも音量が大きい音の出る楽器ではないので、よほど耳をすませて他の音を聴かなければ大変な目にあうのはわかっていた。

しかしライブなので3人向き合ってやるわけもなく、お客さんの方を向いてやるわけだから、異常に聴き辛い、という状況に。

案の定、何度もてんでバラバラなサウンドに・・・・・


それでもあたたかいお客さん達にアンコールを3回もいただけた。

ほんとありがとうございました。


両氏によると、こういう場合は経験がすべてだと仰っていた。


3人での演奏時間が練習・本番を含め、長ければ長かいほど音が聴こえなくても、およその検討がつくらしい。

しかしこの3人でのライブは2回目で、フルタイムのライブとなると今日が初めてなわけです。


そうなんです!我々は新人バンドなわけです!!


・・・・・と大先輩のお二方に内緒で自分自身に言い聞かせて明日へと望む。
[PR]
by yaso7project | 2006-08-25 21:50 | 音楽記
残暑厳しき折

20日のオカノアキラのライブ。暑い中にもかかわらず大盛況!

オカノ人気なのか、らいよんチャン人気なのか、はたまたオーサカキングのおこぼれか・・・

いやいや、どちらにせよ嬉しいことである。

Macoちゃんもなぜだか聞きに来てくれた!


しかしそれとは別の話しだが、とってもやりにくいライブであった。


本番中、全くモニターが出来ないという状況。

簡単に言うと、オカノ氏の歌が聞こえない。

ギターソロの時なんかは自分の音しか聞こえず、他の音がまるっきり聞こえない!


なんか陶酔出来るエレキギターのはずだったのに、必死で他の音を聴くあまり、全然ハジけられなくてとっても残念やった。

まあそれでも会場は大盛り上がりだったし良しとしましょう。


「オーサカキングでオールOK!」と余韻に浸る間も無く、お次はDUO+1の練習!

のはずだったが、本日はホーダヂショーロもお休みをして、私のお師匠、岩田晶・石川マギ夫妻の家でMacoちゃんお別れパーティ。

僕とMacoちゃんに「愛」について延々と語りだす晶さん・・・

それを横で聞きながら爆笑しているマギさん・・・


誰も変わってなくてMacoちゃんもホッとしたことだろう・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-08-22 02:55 | 音楽記
リハ3連チャン

Macoライブの翌日から4日間、実家の仕事のお手伝い。

少しは休憩させてくれって!

16日、DUO+1の練習で笹子邸へ。

12時に笹子邸(はやいっ!)だったので、新大阪8時40分発の新幹線に乗る。

12時から夕方5時までみっちり練習。

その日は笹子邸でちょっとしたパーティがあったのでそのまま東京で宿泊。

翌日から2日間、オカノアキラのリハ。

オーサカキングに行った人も行けなかった人も是非ライブに来て下さい。

あの曲やります!


しかし最近どうもバテバテモードです。

1人で練習してても集中力がなくて、だんだん面倒くさくなってきたりする。

Macoライブで一時の完全燃焼してしまったのか、ただの夏バテか、どうにもやる気がおこらん。

これは釣りにでも行ってリフレッシュしなあかん!

・・・と勝手に思っていたりする。

8月の末にもなると琵琶湖の朝晩はとっても涼しくなる。

いや、この頃からイカのエギングが熱くなるシーズン。

久しぶりに淡路島にでも行こうかな。
[PR]
by yaso7project | 2006-08-20 03:39 | 音楽記
Brasileirissima 終了

7月13日から約一ヶ月。

8月11日の大阪ライブをもって、Maco一時帰国ライブツアー『ブラジレイリッシマ』は全工程を終了しました。

いやいや、ほんまお疲れ様でした。

しかしツアーが始まってみるとあっという間でした。

Macoちゃんの喉の調子が悪い中で関西3ヵ所から始まり、東京・横浜ではMaco・チェリー・沢田穣治氏の共演。

続いて、Maco・沢田氏・僕のトリオで、名古屋・愛媛・岡山へ遠征。

この頃からMacoや沢田氏のオリジナル曲を5~6曲ぐらいやるようになって、自分自身なんかしっくりくるようになった。

ブラジル音楽だけを期待して来ていただいたお客さん達には申し訳なかったけど、それだけでは自分があまり楽しめなくなっていた。

その後、京都のJAZZバンドへMacoと僕がゲストで出演したり京都のラジオへ生出演。

そして最後の関西3ヵ所では、オリジナル曲をMacoと僕とのデュオや、クラリネットの愛理ちゃんと3人で演奏するという、『ブラジレイリッシマ(めっちゃブラジル)』というツアータイトルを完全に無視したライブへと発展しました。

ツアー全てを企画し、辛いこともたくさんあったし、最後は泣くんちゃうか?と覚悟しておりましたが、最後はめっちゃ笑顔で終えることに。

なんか充実感でいっぱいでしたなあ。
[PR]
by yaso7project | 2006-08-13 01:24 | 音楽記
オーサカキング~映画~温泉

関西のテレビ局「毎日放送(MBS)」が毎年主催するオーサカキングに行ってきました。

c0061689_165153.jpgこの平日のクソ暑い中、人・人・人!!!

どこのブースも長蛇の列。

日陰全く無しの大阪城公園。

あつい~~!!

c0061689_172457.jpg
あちらこちらから聞こえてくる「らいよんチャン」の歌声。

らいよんチャンではなくオカノ氏の顔しか思い浮かばない。

あつい~~!!(←オカノさん失礼!)

暑さで頭が朦朧としてきたので足早に引き揚げ、映画を観に行くことに。

ジブリ最新作の「ゲド戦記」。

挿入曲がやたら今っぽい歌い方(?)で、現実に少し引き戻されて残念やった。

帰り際に温泉に寄り道。

頭の中に出てくる歌声はやっぱりオカノ氏の声。

あつい~~!!
[PR]
by yaso7project | 2006-08-04 17:13 | えび天のしっぽ
2006年 8月のライブ

8月6日(日)  【京都】 Music Cafe Soen  < SAMBA・JAZZ >

Omunibus

久家菜々子(fl)・青木美佐子(p)・馬場孝喜(g)・岡本健志(b)・松田”GORI”広士(ds)
ゲスト ・Maco(歌)・山田裕(7弦ギター)

open 19:30 / start 20:00(2st)

charge 1,500円 (ドリンク別) 前売りなし。当日のみ。



『京都を中心に活躍中で友人の久家菜々子ちゃん率いるオムニバスというバンドに、Macoと僕がゲストで参加します。
ギターの馬場君は関西ジャズの若手では売れまくっている存在で、ショーロ大好きな彼との初共演はとっても楽しみ。』


【問】   Music Cafe Soen (そうえん)
京都市右京区常盤御池14-11
TEL 090-3162-7864







8月9日(水)  【京都】 DOLPHIN'S DREAM  < SAMBA >

『Brasileirissima』

Maco一時帰国ライブ

Maco(歌・パーカッション)・カオリーニョ藤原(ギター)・赤松洋一(カヴァキーニョ)
Tommy(トロンボーン)・山田裕(7弦ギター)

open 19:00 / start 20:00   charge 2,000円(ドリンク別)


『長いツアーも無事終え、ブラジレイリッシマもいよいよここ関西で最後となります。
最後だしあとはお祭り騒ぎか・・・とならないように気をつけて演奏しよう!』

ツアーフライヤーはこちらをクリック



【問・予約】  DOLPHIN'S DREAM(ドルフィンズドリーム)
京都市北区大宮北ノ岸町11 バイロンビル2F
TEL 075-495-8075







8月10日(木)  【神戸】 BIG APPLE  < SAMBA >

『Brasileirissima』

Maco一時帰国ライブ

Maco(歌・パーカッション)・カオリーニョ藤原(ギター)・赤松洋一(カヴァキーニョ)
Tommy(トロンボーン)・塩崎愛理(クラリネット)・山田裕(7弦ギター)

open 18:30 / start 19:30   charge 前売り 2,000円 / 当日2,300円(ドリンク別)

ツアーフライヤーはこちらをクリック


【問・予約】  BIG APPLE(ビッグアップル)
神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB-1
TEL 078-251-7049






8月11日(金)  【大阪】 CHOVE CHUVA  < SAMBA >

『Brasileirissima』

Maco一時帰国ライブ

Maco(歌・パーカッション)・カオリーニョ藤原(ギター)・赤松洋一(カヴァキーニョ)
Tommy(トロンボーン)・塩崎愛理(クラリネット)・山田裕(7弦ギター)

open 18:30 / start 19:30   charge 前売り 2,000円 / 当日2,300円(ドリンク別)

ツアーフライヤーはこちらをクリック


【問・予約】  CHOVE CHUVA(ショヴィシュヴァ)
大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル2F
TEL 06-6225-3003






8月20日(日)  【梅田】 HARD RAIN  < POPS >

『NO NO BRAIN !』

オカノアキラ

オカノアキラ(歌・ギター)・山田裕(ギター)・テクマキ(DJ)

[黒色青年 / MC OBBA / 他]

open 18:30 / start 19:00   charge 前売1,800円 / 当日2,300円


『関西在住の方ならみんな知っている(?)、毎日放送(MBS)のキャラクター「らいよんチャン」。その声の主のオカノ氏と8月もやります!』


【問・予約】  HARD RAIN (ハードレイン)
大阪市北区兎我野町3-19-B1  TEL 06-6363-5557






8月24日(木)  【東京】 公園通りクラシックス  < CHORO >

『ヤーソと不愉快な仲間達』

DUO+1

秋岡欧(バンドリン)・笹子重治(ギター)・山田裕(7弦ギター)

open 19:30 / start 20:00   charge 2,800円


『あれから約4ヶ月。再びDUO+1が始動。今回は名古屋(チケット完売)・江戸へ出陣。
名古屋はお陰様で完売!もうここでしか聴けません!
ブラジリアンな弦楽ハーモニーはますますヒートアップ!
タイトルはやっぱり(?)ヤーソと不愉快な仲間達!!』


【問・予約】  公園通りクラシックス
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F
TEL 03-3464-2701

[PR]
by yaso7project | 2006-08-03 01:40 | ライブスケジュール
7月31日 岡山

岡山駅から徒歩5分という立地条件のよい本日の会場カフェに到着。

2時という早い時間に着いてしまったので、とりあえず3人でご飯を食べに行く。

c0061689_0244847.jpg
(穣治さん、そんなにチキンカツが珍しいの?)

しかしこの3人の旅がこんなに面白いなんて全く想像しておりませんでした。

かなり笑ったなあ。

穣治さんもとっても面白かったようで、「今度Macoちゃんが帰って来た時は、この3人プラス1人パーカッション入れて全国周ったらええねん!」と仰っていました。

もし次回があるのならそのようにお願いしたい!

この3人のサウンドはかなり面白かったしかなりの刺激も受けた。

穣治さんのフォホー、他では絶対聞けませんよ!

・・・・・とここまで書いていたら、Macoちゃんから電話。

今は別件のリハでMacoちゃんと穣治さんが一緒にいるようで・・・

「穣治さんがやーそやーそ言うもんやから電話掛けてん!」

おお~気に入られたか~!!
[PR]
by yaso7project | 2006-08-02 00:37 | 音楽記