やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
忘れた気持ち

昨日釣りの帰りに、僕の兄貴的存在であり、リンクにも貼っているバンドリン(ブラジルマンドリン)奏者の加藤良一さんの家へお邪魔してきた。

彼の自宅は京都にあり、琵琶湖からちょうど帰り道のところにあるので、よく釣りの帰りに立ち寄ります。

そんな訳で、釣りに行くのになぜかギターなんかも持っていくことが多いですが・・・

大体が突然の訪問なのですが、晩ご飯をご馳走になったりして、ほんとありがたいです。

でやっぱり、2人で楽器弾いて遊んだり、音楽話しに夢中になったりして、いつも帰るのが2時とか3時とか・・・

それで2人で色々喋ってて、僕自身気付かされたことがあった。

最近、というかここ何年も、ライブのこと無しに集まって練習したりするってこと、ほんとになくなったなあ、てことです。

みんな集まって練習をするのって、大体がライブが決まって、それからみんな集まって、そのための練習って感じになることばっかりです。

どちらかと言うと仕事的な感じ。

なんか20代半ばぐらいまではそんなことって、ほんのわずかだった気がします。

高校生の頃は、同級生のパーカッショニスト、山下ジュンが放課後、週に何回も家に来て、別にライブをやるわけでもなく、延々と楽器弾いて、「遊ぶ」というにはあまりにもお互いが下手だったので、どちらかと言えば「無我夢中」に音楽。

ホーダ ヂ ショーロはそれに近いものがある気がするけど、ホーダはやっぱりセッション的なものなので、ちょっと違う。

それにホーダはあくまでもショーロをやるところなので、実験的要素をはらみにくい。

なんて言うか、人に聴いてもらう、ということを前提にしないで実験的に音楽を作っていく、というか。

なんていうジャンルか本人たちにも分からないような、音やリズムの実験。

・・・でも仕方のないことです。

みんなええ歳なんやし、仕事もせなあかん、家族がいる人は家庭のこともある。

音楽に携わってる、いわゆるプロと言われてる人達なんかは特に、こんなことって面倒なことになるんでしょうね、きっと。

今現在から、ライブのために、人前でやるために、お金のために・・・みたいなとこを全部排除して、練習したり出来るものなのか。

たぶん出来へんのとちゃうかな。

練習していると、聴いてくれている人のことを考えている自分がいるからです。

それが悪いことだとは思わないけど、純心という言葉が適切かどうかは分かりませんが、それではない気がします。

そういう実験的な音楽が出来るライブハウスなんかもほとんど知りません。

神戸に1つだけ知ってますが、客はもちろん入りません。

だけど、結果ばかり(客が入る入らない)を望まなく、おもろい音楽しようぜ!って感じのお店で、僕が7弦ギターを弾き始めた頃にとてもお世話になった。

僕にとっては、エレキギターから7弦ギターに持ち替えて音楽をするって、かなりの実験的な要素が強かった。

ブラジル音楽を全くと言っていいほど知らないから、このギターでどう面白いことが出来るか、みたいなのを、すごく追求してた頃。

上手に弾こうなんて考えもなかった。

ただ実験あるのみ。

今思うと、これが僕の音楽の基盤みたいなものになってるかも知れないです。

まあとにかく、良ちゃんと喋ってて、あの頃の気持ちを思い出させてくれたのは確かですわ。

c0061689_42887.jpg

この子の演奏を聴いて、余計に思いました。

この子も将来、僕と同じような悩みや考えを持ったりするのかな。
[PR]
by yaso7project | 2006-03-30 03:34 | えび天のしっぽ
琵琶湖 06'3.28

本日に予定されていたシシムンドの練習がキャンセルになった。

久しぶりの1日オフ。

今日を逃すと来週行けるかどうかも分からない。

しかも天気予報ではお昼から雨。

まあ、とりあえず行くべ。

何の話しって、釣りですよ。

てことで行ってきました、今年の琵琶湖初釣行。

朝5時に家を出て、1時間半で目的地に到着。

ここのポイントは3年前に爆釣(ばくちょう)した、思い出ポイント。

えてしてこういうポイントは、何年も釣れ続くことって、まあありません。

釣れても大体その1年で終わってしまい、次の年の同じ時期に行っても、釣れた試しがない。

なんでかは分からない。

しかし1度釣れた所って、なかなか捨てることって出来ないんですよねえ。

いい思いをしたところには、釣れないって分かってても、やっぱり行ってしまう。

まあ釣り人の性ってとこでしょうけど。

しかししかし・・・釣れた~すげえぞ~!!
c0061689_593496.jpg

まあこの時期にしては少々物足りないサイズではありましたが、46cmのバスです。

c0061689_5125671.jpg久しぶりにバスの顔を見れてほんとに嬉しいです。

バスは駆除しろ!だとか、害魚だ!とか言ってる物知らずの方たちには申し訳ないけど、まだまだ琵琶湖は健在でした。


さあこれから!と思ってたら腹減ったので、朝ごはんにしては遅すぎる、11時半に朝食を摂ると、急に睡魔が。

今日は寝ないで来たからまあ仕方ないか。

ここでちょっと車中で休憩・・・zzz・・・zzz・・・ドカーン!!

音にびっくりして起きると、チョー激雨&電撃カミナリ

えー!まだ3時半やん!

でもカミナリは怖いから(竿に落ちる危険が高い)、これにて本日の釣りは終了。

結局、釣果はその1匹だけだったけど、満足する結果ではありました。

来週も行けるかな。

しかし1人で釣りに行くと、釣ってもセルフタイマーで写真撮るのが難しいです。どんな顔したらええか分からへんし・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-03-29 05:28 | 釣行記
DUO +1

またまた東京へ行ってまいりました。

今回は練習のために行ったんですが、相変わらず遠いなあ。

その練習とは、今度5周年を迎える、ショヴィシュヴァというお店のライブイベントで、あるユニットに僕がゲストで参加します。

そのユニットとは、ショーロクラブというグループの、バンドリン奏者秋岡欧さんと、ギタリストの笹子重治さんのお二方。

そこに僕が数曲ゲストで入る、という無謀な事態になっております。

それで今回はその練習のため、笹子邸に行ってきたんですが・・・

なんか自分が思ってたより、ついていけた!!・・・かも・・・

このお二方はデュオというユニット名で演奏されてた時期が長くあって、それはそれで完成されてるものだったし、そこに僕が入っても、いい音楽が出来るとは正直思わなかった。

隙間なく埋め尽くす笹子さんのギターに、僕の音をいれてもゴチャゴチャするだけやろう、と思っていた。

まあ実際、今回の練習でもゴチャゴチャ感はかなりあった。

だけど気を引くわけにはいかないし、とりあえず、自分の今の力をすべて出し切ってしまうことのほうが重要だと思った。

最初はお2人の音をじっくり聞くあまり、なかなか自分の居場所みたいなものが掴めなかったが、途中からふっきれてしまって、思うがまま自由に弾いた。

なんかそのほうがいいみたいです。

じっくり聞いても入る隙なんてどうせないんやし、そこを掻き分けてでも入る努力をしないとなあ、なんて思ったりもした。

まあとにもかくにも、すばらしくいい機会ですし、今回のこの一件は思う存分堪能させていただきます。

練習が終わって、笹子さんと近所の居酒屋でお喋りしてさよならした後、プラッサオンゼというところへライブを観にいってきました。
c0061689_23472110.jpg


この日はパゴージのライブDEN & COKKYの体育会系ライブで、盛り上がりまくり!!

今日は濃い1日やった・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-03-24 23:48 | 音楽記
ええもん持ってます

自分の持ち物には、かなりこだわりを持っている。

「高いブランドもん」ということではなく完全に「機能的」。

時計、ライターに始まり、ギターにアンプなどなど。

「服はないんかえ?」とお気づきの方。するどい!

服は残念ながら、こだわりはいまひとつ無い。

こだわりの持ち物といえば、釣り道具もそう。

やらない人には解らないだろうが、竿にリールに糸にオモリに針にルアー。

これが揃ってやっと釣りができる。

竿はブラックバス用だけで12本。

このほとんどが、Evergreenというメーカーの竿。

高いよー!

リールは大体Daiwa派かShimano派に分かれるが、僕の持ってるリールはすべてDaiwa。

竿が12本あれば、必然的にリールも12個必要。

高いよー!

糸は繊維メーカーでおなじみの東レ

高いよー!
c0061689_6154742.jpg

(こちらは本日のお買い上げ)


おもりはタングステンという素材のものを使っている。これもDaiwa。

高いよー!

針はやっぱりがまかつ。小学生の頃から愛用。

これはそんなに高くない。

ルアーはピンキリ。そりゃそう。

でも一番高かったルアーはナント6千円なり!(まだこれで釣ったことないけど・・・)

c0061689_6354753.jpg

(こちらは今もなお一世風靡し続けているMegabassのルアー。入手困難なものや、プレミアムルアーがまだ多い。)

釣り道具は完全にブランドもんで固まってるなあ。

このブログで前回書いた、中古釣具屋。

バスブームが去って、次々と中古屋が出来ている。

今日2件ハシゴ。もう病気やな、こりゃ。

ルアー見てるとめっちゃ幸せになるんよねえ。

まあもちろん見てるだけでは納まりません、ですわな・・・・・

c0061689_6161149.jpg



反町隆史のバス釣りビデオなんかもあったので、
こちらも本日お買い上げ~
[PR]
by yaso7project | 2006-03-18 20:44 | 釣行記
今年も通う


近所にまた中古の釣具屋さんが出来た。

開店初日、やっぱり行ってしまった。

「今日は見るだけにしよう。」と心に決めていた。

入り口に差し掛かったところで、見るからに季節はずれな格好のキャンペーンガールが1人。

「いらっしゃいませ。カゴをどうぞ。」

一瞬考えた。

「カゴもらう=何かは必ず買うこと=今日は開店初日やからメンバーズカード作成無料=カード作ったらここに通う=めちゃめちゃ通う=部屋がルアーで溢れかえる!」

どーしようー!!

なんて思いもせず、やっぱりカゴをもらった。

で、やっぱり買った。

でもメンバーズカードの作成は断った!えらい!

理由は簡単。もう1件向こうにある釣具屋さんのほうが安かったから。

通うならそっちです。今年も。

ああ、ルアーだらけ・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-03-12 21:36 | 釣行記
プロフィール更新

プロフィールを少しいじくりました。

興味のある方は、左のカテゴリ「プロフィール」からどうぞ。
[PR]
by yaso7project | 2006-03-11 08:26 | えび天のしっぽ
カヴァキーニョ&パンデイロ WS

満喫しまくったライブの次の日。カヴァコとパンデイロのワークショップに行ってきました。

講師はそれぞれ昨日のメンバーの大道寺栄さんと、長岡敬二郎さん。
c0061689_19303780.jpg


パンデイロ長岡さんのWSを受けるのは今回で2回目。

パンデイロのテクニックはもちろんだが、人に教えるテクニックもこの人はほんとにすごい。

目からウロコ的な事が次々と飛び出して、普段まったくパンデイロを触らない僕でも、「俺めっちゃ上手いんちゃうか!」と勘違いしてしまいそうになった。危ない危ない・・・・・

そして僕にとって2回目のカヴァコWS。

前回はチェリーのメンバー、稲葉さん。

c0061689_19424383.jpg

(長岡さんと並んでWSを受けました。エヘ)


前もって配られていた、歌詞にコード譜。ようは、歌いながら弾けるようになりましょう。というコンセプト。

これが僕はめっちゃ苦手なんですわ。所謂ところの弾き語り。

結果は撃沈・・・・・

最後はみんなでアンサンブル。パンデイロ組とカヴァコ組の何人かを選出して合奏する。

これがねえ。もうめちゃくちゃ面白かったんですよ。

パンデイロとカヴァコって楽器の性質上、とっても気が合うようで。

最後のほうは、講師であるはずの大道寺さんが熱くなってました。熱唱!!
c0061689_20194161.jpg

[PR]
by yaso7project | 2006-03-08 20:01 | 音楽記
カヴァキーニョの夜

カヴァキーニョの夜とはライブのタイトルで、先日ショヴィシュヴァでおこなわれたライブをみてきました。

メンバーは、それぞれ主に東京方面で活躍されてます、カヴァキーニョの大道寺栄さん、ギターの田嶌道男さん、パンデイロの長岡敬二郎さん。
c0061689_13592362.jpg


個人的にと~っても気になるユニットの1つでしたが、2月に東京で我らCHERRYのライブの時、思いっきりバッティングしてしまって見られなかったので、今回は待望のライブでした。

ありそうでなかった、カヴァキーニョ中心のショーロ。

カヴァコがメロディをとるって、1つ間違えるとオモチャっぽいというか、ちゃちくなりがちなのだが、まあ、なんともオシャレというか大人というか。

正直言って、ヤラレタ~!って感じです。
[PR]
by yaso7project | 2006-03-08 18:53 | 音楽記
虫歯 4

このブログで虫歯ネタを続けて書いたところ、思わぬ反響があったことに少し驚きました。

心配&お見舞いメールをたくさん頂きました。

メールをくれたみなさん、ほんとにご心配をおかけしました。

現在は無事、顔も元の姿に戻って、ご飯も食べられるようになったし、喋る笑うも問題なし。

よかった~~~~!!

やーそくん復活です。
[PR]
by yaso7project | 2006-03-08 13:45 | えび天のしっぽ
虫歯 3

なんでナンデ~!話しが違うやん~!

みんなは「麻酔」するって言うてたやん。こういう場合。

麻酔せんとおもいっきり切られたぞー!!!

ウミがたくさん流れ出ました。

ついでに久しぶりに涙も流れ出ました・・・

また明日歯医者へ行きます。

っていうか、ここの歯医者、毎日通えるんですよ。

それぐらい暇なのか。

病院に入っても誰もいないし、治療が終わって待合室に戻っても誰もいない。

やたら不安になるんですけど。

いつも行ってた病院が少し遠いので、あえなくここにしたのだが。

前行ってたとこは、歯医者のくせにわりと楽しませてくれてた。

綺麗な助手さんは多かったし、カラオケや合コンに誘われたり・・・エヘ・・・

まあ、半分友達みたいになってたからね。

でも、こんなことでもないと、みんな大嫌いな歯医者なんて行ってられへんでしょう!

今行ってるところは、無愛想な助手さんに、やたらプライベートなことを聞いてくる医者。

ま、でも腕は信じてますよっ!ほんまにお願いします!
[PR]
by yaso7project | 2006-03-01 22:15 | えび天のしっぽ