やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.8.15(月)

本日はホーダ ヂ ショーロの日。

c0061689_1124677.jpg先週よりも若干多く集まったが、それでも5人・・・

まあお盆やし、しゃあないけど寂しいもんやなあ。

江戸組が大阪ホーダに遊びに来はったら、これまたドサっと集まったりするんやろうなあ。

みんな都合のいいもんだ。


今日は久しぶりにノビザル君の顔を見れて、ちょっとうれしい日でした。
なんかねえ、他人に思われへんのよねえ。

c0061689_1223254.jpg


やっぱりサル顔同士。「えんえんの仲」はいいに決まってます。えん類、みな友達。
[PR]
by yaso7project | 2005-08-16 01:30 | 音楽記
夏休み

8月前半は・・・・・

僕には珍しく、わりと忙しい日々が続いて、そんな日々も一瞬にして終わり、本日までの4日間ほど夏休みのように過ごせた。

まあ、年中が夏休み的なとこも(多々)あるけど・・・

明日から実家の仕事のお手伝い。

これが終われば、28日にあるシレンシオのライブの為のアレンジをボチボチ考えていこうかな。

梅雨が明けてから色々なことがあったけど、頑張らなあかん時は頑張ったつもり。

夏休みを挟んで心機一転!!と行きたい。

よし!がーんばろっと!!
[PR]
by yaso7project | 2005-08-13 03:01 | えび天のしっぽ
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.8.8(月)

本日はホーダ ヂ ショーロの日。

今日のホーダはなんてことない!!集まったのはたった3人!!

しかもこの3人は、昨日のライブ後にK邸で一緒に遅くまで居て、みんな寝不足、おまけになんの新鮮味もなく(?)、「今日は早く帰ろうかあ。」ってことで、4、5曲やって終了!!

人数はタイ記録、時間は過去最低記録を更新しました!!う~ん・・・・


c0061689_21263477.jpg


とりあえず写真を撮るために2人で演奏してもらう。
c0061689_2126581.jpg


2人でもやる!
c0061689_21271192.jpg


2人でもやる・・・終了・・・
[PR]
by yaso7project | 2005-08-09 21:34 | 音楽記
Live at CHOVE CHUVA 2005.8.7(日)

本日は京町堀にあるショビシュバでシレンシオのライブがありました。

約1年3ヶ月ぶりのライブ。これだけ空けば初めてのライブ同然。
選曲、アレンジなどイチから始めて、全員が揃ったリハも1度も無く、今回のライブ。

はっきり言って「無謀」とも言える状況ではあったが、その日を迎える。

でも結果からいうと、僕はかなり良かった。というか、うれしかったライブでした。

まあ結構ドタバタした部分はありましたが、それはそれ。緻密なライブ運びをするバンドではなく、始まり方、終わり方も決まってない!ぐらいでもいいかもしれない。という発見もありました。

それに今回のライブのアレンジは、ほぼ僕がやってみて、それをカオリーニョに信頼してもらえたこと、トロンボーンの大迫さんはさすがどんな状況下においても対応し、僕の要求以上のことをしてくださいました。

ライブ後半はゲストでパンデイロを入れたりもしたが、基本的にパーカッション無しでもこのバンドは出来る!という発見もあった。

やっぱり僕はギター弾き。弦のサウンドが大好きやし、それ中心でやっていきたい。

見た目も音も派手な打楽器無しで、素朴な弦楽器だけで歌い上げるのは、特にサンバなんかは困難を極めると思う。

しかしそこをあえてやろう!とカオリーニョが言った。僕はなぜだか涙が出そうになった。なんでやろう?

もちろん今回のライブで問題も多く発見した。しかし問題を解決しようとするのではなく、いかに問題をバンドの強み、個性にしていくか。ということのほうが今は興味がある。

最後にやったカオリーニョオリジナルの「世界はサンバを待っている」。
やっぱり日本語の歌詞は僕の心に響くし、日本語大好きな僕にはたまらなかった。

僕は「サンバ」が好きではあるが、お客さんにサンバの良さを伝えたい!とは全く思っていない。

カオリーニョが持つ独特の世界観を、僕のギターで最大限に伝えたいし、僕もその世界観に浸りたい。というのが本音。
[PR]
by yaso7project | 2005-08-09 16:49 | 音楽記
Live at 神戸チェルシー 2005.8.5(金)

本日は神戸にありますカフェ「チェルシー」というお店で、シシムンドのライブがありました。

昨年に神戸で行われました、「神戸ブラジル音楽フェスティバル」の際に、シシムンドは野外で演奏してまして、チェルシーの店長さんが、そこの野外でカレーを売ってたらしく、我々の音を聞いてすごく気に入っていただけ、それから何度かライブを聴きに駆けつけていただいてて、「是非うちでも!」ってことで、今回のライブに到りました。

c0061689_05223.jpg



ここの店長さんはほんまにおもろい人で、僕と年が1つしか変わらないし、なんか妙に話しが合うし、きっとこれからもお世話になる方になるでしょう!!

ライブはこれまたもう無茶苦茶盛り上がったし、お客さんにも楽しんでいただけてたようで、大満足でございました!

c0061689_013466.jpg



おまけに、神戸のライブによく来ていただいているお客さんから差し入れで「特大のケーキ」をいただいちゃいました!
甘いもんには目がない僕にはたまらん差し入れでございます。Mさん、ほんまおおきに!

c0061689_0154238.jpg

見よ!ちゃんと「xiximund」と書かれたこのケーキ!
もうめっちゃうれしい!!ほんでもってめっちゃうまかった!!
それにしてもほんまにでかい!!
[PR]
by yaso7project | 2005-08-07 00:17 | 音楽記
Live at 北浜 カフェデタイユ 2005.8.2(火)

本日は北浜にあります「デタイユ」でシシムンドのライブがありました。

の前に、お昼1時からシレンシオのリハがあったので、現場に急ぐ。
現場に到着してすぐに赤松さんも到着。ボーカルのカオリーニョFさんの到着を待つ。

「やっぱりライブ前に練習ってつらいですわあ。」「あんまり弾き過ぎないようにせんとなあ。」とか会話をしつつ、2人で黙々と練習する。

結局2時間待ってもボーカリスト現れず・・・・・

赤松さんの携帯にカオリーニョさんからの電話。「次の練習っていつやったっけ?」マジですか・・・・・

3人での練習は翌日に持ち越し。

デタイユに4時入り。サウンドチェックを済ませて、本日の対バン「バグ フォー」さんのサウンドチェックを少し、拝見させていただきました。

ほんとにいい意味でゆるく、なんとも言えない味。ほんまにゆるい!
個人個人は凄腕の持ち主なのに、ゆるく演奏するって結構難しいと思います。

テクニックがある人はテクニックを出したがるからねえ。いや、ゆるく演奏する、というのもテクニックの1つかも。

我らがシシムンドは本日、新曲を発表しました!パチパチパチ!

ずーっと練習を重ねてきました、赤松さんの新曲、「3月の海

c0061689_1274188.jpg
お客さんにも大好評!!いやあ、すばらしい!結構アレンジ頑張ったし、ほんまに良かったです。
でも、実は練習の時よりも、本番のほうが出来は良かったんです。
このクオリティーをいつでも出せるようにしなければ!
[PR]
by yaso7project | 2005-08-04 01:32 | 音楽記
疲れたああ

早いなあ。もう8月になりました。
本日、8月1日はギター弾き三昧の一日でした。

午前中は実家の仕事の手伝い。

家に帰って昼ごはんを食べる暇も無く、誠一邸へ。

2時からシシムンドの稽古。
明日はカフェ デタイユ、金曜日は神戸でライブがあるので、そのための最終プラクティス。

赤松さんの新曲はアレンジも完成。今週やるかどうかまだ分かりませんが、とりあえずやる方向のようです。とってもいい曲になったのでお楽しみに。

シシムンドのリハを終えて、すぐショビシュバに移動。4時半からシレンシオの稽古。

7日の日曜日のライブに、ゲストミュージシャンを招きます(あっ、バラシてしもうた)。
その方と共に本日、初稽古。

普段はスタジオミュージシャンとしても御活躍されてる方なので、楽譜にめっちゃ強い!

僕が「ここはこうして下さい。」とか注文をつけると、僕には意味不明な暗号を楽譜に書き込んでいました。
で、次に合わせると完璧!!すっごいなあ!

僕が19歳の頃からステージを観させていただいてるお方。まさかご一緒させていただくことが出来るなんて、まさに感無量。刺激受けまくり。

シレンシオのリハを終えて、月曜恒例のホーダ ヂ ショーロ

明日のライブに差し支えるといけないので、あんまり弾かないでおこうと思ってたのに、クラリネットのEちゃん、パーカッションのDちゃんがやたらハイテンション!

最後まで残って弾いてしまった・・・でもおもしろかった・・・

もうゲキ疲れました!

明日も昼からリハ。晩はライブ。なんかミュージシャンっぽいなあ。
[PR]
by yaso7project | 2005-08-02 01:53 | 音楽記