やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
<   2005年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
楽譜

音楽の授業が大嫌いで、その時間は2~3人で抜け出して、体育館の裏に行ってサッカーをやってた小学校時代。中学の時は、授業のある日は必ず放課後に呼び出されて、延々怒られて、高校になると、もう授業を受けた記憶がほとんどない。

ってぐらい嫌いだった。そんな僕が、まさか将来ギターを弾いてるなんて夢にも思わず、今となってはもうちょっと授業受けてればよかった、なんて少々後悔してたりもするが・・・・・

ブラジル音楽駆け出しの頃なんて、リハーサルに行ってもまったくみんなの会話が理解できなかったものである。

「・・・れってるえーからびーまですとれーとでだるせーにょしてえーのにかっこからこーだーします・・・」
「・・・ギターはしいめじゃあせぶんのあとはえっくすたいむです・・・」

なにを呪文唱えてるねん!じゃあ俺はパルプンテー!いつでもやめてやるぜー!なんせ武道館が俺を待ってるもんねー!!

なんて、かなり現実逃避なことを思っていたものだ。リハーサル行くのって、言葉の解らない外国に行かされるようなものだったが、、、

それから数年が経ち、いつの間にやら呪文がなんとか理解できるようにはなった。ベギラマみたいなものである。が、未だに解らないものがたくさんある。ミュージシャンとして身近なものを挙げるとすれば、楽譜ということになる。

包み隠さずに言おう。今から約7年前に「ド」がどこか初めて知ったのです。楽譜ってよくできてるなあ!って妙に感動しました。その時に。

そんな僕がある日、楽譜を書かなあかんことになりまして、これがえらい大変でした。
世の中に出ている僕の唯一の曲なんですけど、アレンジでチェロを入れよう、ってことになったんです。そのためにチェロ譜を書かなあかんことになったんです。まあ言い出したのは僕なんで仕方ないんですけど。

c0061689_2351522.jpg

とりあえず見よう見まねで書いてみて、あとで読み返したら全く読めないんです。自分で書いときながら。こりゃあかん!で結局読めるぐらいにまで仕上がったのは、レコーディング当日の朝やったんです。

それから現在まで何枚か楽譜を書いてみたこともあるけれど、やっぱり見にくいらしいんですねえ。というか、見やすいように書き直せ!というのが持論なんですけど。

実際に僕は、貰った楽譜は自分が見やすいように書き直してます。そもそも楽譜が読めないので、きれいもきたないも無いのだが。まあ台本ではなく、あえてネタ帳にするという感覚でしょうか。

だがそんな僕もついに、楽譜のことを真剣に考える日がやってきた。ブログ内によく出てる「Yaso7project」。これは、「やーその7つのプロジェクト」という意味である。

その一環として、今までに書き溜めた曲を1度形に残す、というものである。それにはある程度の人達にも手伝って頂きたい。

そのために今、楽譜作成ソフトというものを探している。誰もが見やすい楽譜を作るために。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-30 00:00 | えび天のしっぽ
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.3.28(月)

いやいや・・・昨日の高知の疲れがとれないまま、本日はホーダ

てなことで、今日はもうボロボロ!まったくダメ!(反省)

こういうときは見学してたほうがよっぽどいい。それか無理せんと家で寝る
集中力のかけらもなしに、タラタラ弾いてた自分がほんとに恥ずかしい。

来週はむちゃくちゃ頑張ったんねん!!
[PR]
by yaso7project | 2005-03-28 00:00 | 音楽記
Concert at カタシの花祭り in 高知 2005.3.27(日)

本日は高知県の吾北村で毎年行われている、カタシの花祭りにシシムンドで出演しました。シシムンドとしては今回で2回目。誠一さんは9回連続の出演になるらしい。

カタシ(シャクジョウカタシ)とは土佐弁で、ツバキのこと。それにしてもこのカタシの大きいこと!幹の周りは3.2mもあるそうな。

c0061689_2194464.jpg
手前で演奏しているのが僕達で、むこうの大きな木がカタシです。
比べてみると、めっちゃ大きいのがよくわかります。
(赤松さんが木と石垣に同化している!)


今日は少し肌寒く、昼過ぎ頃からはあいにくの雨にもかかわらず、たくさんの人で賑わっていました。

それにしても野外の演奏って、なんかすがすがしい気持ちにさせてくれますよねえ。
c0061689_3235768.jpg

ほんと楽しい演奏でした。(自画自賛!!)
c0061689_3243675.jpg

c0061689_3422193.jpg
だけどいっつも残念なことは、高知は日帰りになってしまうんですね。どうしても。終わったあとの打ち上げで、もっとみなさんとお話ししたいんやけど、途中で抜けるのがほんとつらいです。

片道4~5時間の日帰りでの往復は、ほんとしんどいです!でもまた行きたくなるのは、高知の人達の心の温かさにいつも感激してしまうからなんですねえ。

またはやく行きたいなあ。

All photo はここをクリック
[PR]
by yaso7project | 2005-03-27 00:00 | 音楽記
BLACK BELTECH SPECIAL EDITIONザ・グレートアマゾン

2003年に2週間だけではあったが、念願のブラジルに行き、大好きな音楽を思う存分楽しむことができた。1度ブラジルに行ったら、また行きたくなるのは、みんなそうだと思う。

でも僕はこのDVDを観て、次はアマゾンに釣りだー!と決心させられた。

c0061689_19344192.jpgc0061689_19345845.jpg
黒帯 特別編
ザ・グレートアマゾン
~前編・後編~


今江克隆



(内外出版社)


僕が持っている釣りビデオの数は、ブラジル音楽のCDの数よりもはるかに多い。
なかでも、この今江さんが出てるビデオはほとんど持っている。かなりファンです。

アマゾンには約3000種の淡水魚が生息しているらしい。そしてゲームフィッシングの人気は、ダントツにこのビデオで取り上げられている、ピーコックバスツクナレ)である。

c0061689_1145745.jpg
大きいもので、体長は約1メートル強、体重は15キロほどにもなるらしい。

日本では未知の魚をどうやって釣るのか。とーってもおもしろい内容である。
(だけど見た目はなんかグロイなあ。)

c0061689_153147.jpg
もちろん釣り好きにおもしろいのは当然だが、ブラジル音楽愛する人にも是非見ていただきたい!(余計なお世話!)

もしすぐにでもアマゾンへ釣りに行きたい!
という方はツニブラトラベルで申し込むことができます。だが、かーなり高い!!いつ行けるやろか・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2005-03-26 00:00 | お気に入り
コンデンサーマイク

2005年よりピックアップマイクをリニューアルしました。

c0061689_2504769.jpg
COUNTRYMAN ISOMAX2G

ギター用コンパクト・エレクトレット・コンデンサー・マイク_無指向性
20Hz~20kHz
インピーダンス600Ω

ギターのピックアップって、試奏が出来ないんですよねえ。だからとりあえず買ってみて、ギターに取り付けて、音を出してみて、初めてそこで良いか悪いかが判断出来るんです。

だけど決して安いものではないので、ある意味、冒険で買わなしゃあないところもあります。だけど貧乏人の僕には冒険なんてとんでもない!で、調べまくるわけですが・・・

手っ取り早いのは、使ってる人の音を聴く。その人に意見を聞く。
でも僕のように、7弦弾いてる人はなかなかいないし、音聴きたくても聴けないですよね。

そんなときに人脈の輪を最大限に活用します。

僕はこういう場合・・・いや、なんでもなんだが、まず、ベーシストの岩田 晶さんに相談します。で、返ってきた答えが、アイソマックスでした。
次に、レコーディングやPA関係のエンジニアの方に相談します。

デビュー前からの押尾コータローさんの専属エンジニアで、デビューされた現在も片腕として活躍され、xiximundではレコーディング、ミキシングエンジニアとしてお世話になった、片石さんに相談してOKをもらってからやっと買う。まあマイク系はこの2人に聞けば絶対に間違いはない!

それで肝心の結果は・・・・・げ・き・ば・つ・ぐ・ん!!もう言う事なし!ってぐらい買って良かった!
コンデンサーマイクをギターの中に入れて音を拾うので、音が生音と全然変わらず、スピーカーから音が出てるのがまったく気付かないほどであった。
7弦の低音にも問題はまったくなし。高音もすごくナチュラルに出ている。あーなんてすばらしい!

こういうものに出会えた感動って、ライブですぐに伝えたくなるんですよねえ。MCとかであえて言う事はないんですけど。「どうよ!この音!!」って顔で表現してます。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-25 02:43 | お気に入り
第2弾 パブリックコメント募集

まーたまた、環境省からパブコメの募集が行われている。

今回のパブコメは「種の選定」とは関係ないらしいのだが、飼育、養殖等(飼養と呼ばれている)に関しての法律施行規則案に関するパブコメであるらしい。
具体的に問題なのは、バスを飼っている場合や、バスの釣堀関係の仕事に大きく関係してくる法律であるらしい。

しかし今回はなんかとてつもなくややこしい!なかでも「移動」に対する見解が曖昧で、どこまでを移動としているのかよく分からない。

環境省は環境省外来生物法Q&Aで「特定外来生物を釣ってもいいのですか?」の質問に対して下記のように回答している。(参考:環境省外来生物法)

・・・特定外来生物に指定されていても、釣りをすることはできます。禁止されることは、例えば釣った魚を持って帰って飼うこと移動させて放流することです。したがって、釣った特定外来生物をその場で放す「キャッチアンドリリース」は問題ありません。また、釣った特定外来生物をその場で締めた上で、持ち帰って食べることも問題ありません・・・

というものであった。しかし釣り大会とかになると、検量するために釣った魚は、検量所まで1度運び、検量所前で放流するので、その行為が移動させて放流する、という見方も出来ますねえ。
そのあたりを今回のパブコメで突っ込んでやろうと思います。

最近の訳の分からぬ、何の根拠もないバス害魚論で、バスを釣る人=悪い人 みたいな世間になってきている。淡水魚の激減はすべてバスのせいだと、濡れ衣を着せられている。

どうすれば、あの頃のように気持ちよくバス釣りができるのかなあ・・・・・

c0061689_08010.jpgc0061689_081639.jpg
[PR]
by yaso7project | 2005-03-24 00:00 | 釣行記
xiximund - pra 2005.3.23(水)

本日はシシムンドの稽古日。

c0061689_2331664.jpg
今日は演奏会のための最終プラクティスを中心に行った。このために仕込んでいた曲は、まだまだ不安が残る出来であったが、当日は絶対に外せない曲であるため、各々の自己練にたくされた。


しかしが続くと、楽器って鳴りませんねえ。特にギター等の木製の楽器は・・・・・僕のはブラジル製なのだが、こういう時ってやっぱ、日本製のほうが強いんかなあ。どうなんでしょうねえ。
c0061689_23153049.jpg

赤松さんと誠一さんは、なにやら打楽器の皮のことで色々相談してはりました。打楽器にも色々悩みがあるみたいです。

楽器を最高の状態に保つのは至難の業であり、それも出来てこそ、いいミュージシャンといえるのでしょうなあ。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-23 00:00 | 音楽記
Concert at JICA兵庫 in 神戸 2005.3.22(火)

本日はJICA兵庫国際センターというところで、ロビーコンサートを行いました。

c0061689_2233694.jpg
演奏時間は30分ということで、かーなり短い時間であり、お客さんの9割は外国の方々でどうなるのか心配してたのだが、1曲目が始まると同時に手拍子が沸き起こり、終始楽しい演奏会になりました。
c0061689_22403571.jpg

4曲目頃からブラジル人女性がステージ前にきて踊りまくり、それにつられて踊る人が続出!最終曲も終わり、楽器等に対する質問タイムも設けていたのだが、質問どころか「もっとやれー!(日本語訳)」なんて言われる始末・・・・・
c0061689_22461120.jpg

結局、時間をはるかにオーバーして終了。すごーく楽しい時間でした。誠一さんはMCを約7ヶ国語でやってはりました。しかも大ウケ!!ワールドワイドなミニムンドであり、誠一さんでした!(ミニムンドとはシシムンドの2人バージョン版です。)
c0061689_22531537.jpg

コンサート終了後に・・・・

All photo by Ten


[PR]
by yaso7project | 2005-03-22 00:00 | 音楽記
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.3.21(月)

Roda de Choro と書いて、ホーダ ヂ ショーロ と読みます。本日もそんなホーダの日。

月曜日に休日が多くなって、3連休が増えましたねえ。でもこういう日は毎回のごとく集まりが悪い。今日もそう。仕方ないことかもしれないが。

釣りの世界においては、机上の理論よりも、実戦からの解答が重んじられる。それは自然が相手だから。

音楽やってると、演奏を差し置いて、頭デッカチな人によく出会う。特にブラジル音楽等は、ショーロを代表するように、かなりアカデミックな部分を持っている。
よって楽器経験が初心者な、メロディ楽器やコード楽器の人達には、なかなかとっつき難い音楽でもある。だからかもしれないが、日本においてはまだまだ、打楽器の人数のほうが多い、というのが現状である。
うん?・・・・・話しを戻します。

ホーダは週に1回で、だいたい2,3時間くらいのもんである。しかしこの少ない時間でも、他人と演奏するのは、実戦であることに間違いない。
そして、その実戦を多くでも経験してる人ほど有利である。ホーダにあまり来ない人を見てると、楽器が出来る出来ない以前に、頭デッカチに見えるのは僕だけかい?
[PR]
by yaso7project | 2005-03-21 00:00 | 音楽記
Live review 2005.3.20(日)

兵庫県川西市にある、HANAREというところで、NACIONAL JAM'Sというバンドを観てきた。

このバンドは、前からずっと観たかったバンドの一つで、誠一さんや、以前に共演させて頂いたことがある、九州のピアニスト永見さんがやってるのに、なかなか日が合わなかったりして行けなかったのだが、やっと観れて大満足だった。

音楽的には、かなり高度なことをやっているのだが、セッション的ではなく、バンド的な内容。それを完璧に音にしてしまう、各々の力量

・・・・・脱帽です・・・・・

曲によってはシシムンドとかぶってる曲もあったりして、それをNACIONAL JAM'Sでやるとこうなりますか!おー、かっこいい!!と妙に感激してしまいました。
そしてなにより、誠一さんの新たな魅力のようなものも発見することができた。
客観的に観るのは、一緒にやってる時よりも音以外なところを、色々発見できるものだ。
そしてそれをシシムンドで生かすも殺すも、僕の技量なんでしょうな。
日々勉強ですわー。。。。。

それにしても誠一さん。誠一さんのライブ観に行って、毎回、終わった後に必ず「どうやった?」ってこっそり聞きにきはるんです、僕のところに。
で僕は気の利いた答えが出来ないんで、正直に「あれは良かった。あれがイマイチやった。」って生意気にも言うんです。
ほんなら誠一さんは真面目に、僕の意見も参考にしてくれてはるみたいなんですねえ。
一回り以上も下の奴の意見もちゃんと聞いてくれる。ほんとにありがたいことですよ。それは誠一さんだけではなく、僕が今まで共演した、年上のほとんどのミュージシャンがそうでした。

最近はいつのまにやら、僕より年下のミュージシャンがどんどん増えていくなか、僕もそういう人になりたいと思います。

いや、今でも人の意見は聞くほうやと思ってるんですけどねえ。音楽だけはね。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-20 00:00 | 音楽記