やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
カテゴリ:お気に入り( 11 )
祝100号

僕の愛読雑誌の1つ、「ルアーマガジン」。現在は新幹線での移動中はiPodとこのルアーマガジンは欠かせないアイテム。10年ほど前に立ち寄った本屋で見つけた創刊号。それからまもなく月刊誌となって今月で100号になった。

c0061689_0343065.jpg
昨年末、部屋の大掃除をしていてびっくりするほど溜まっていたのが、釣りに関係する雑誌や新聞。捨てるに捨てられず、部屋の片隅に山積みにされていたのだが、思い切って全部捨てた。ってことは、ルアーマガジンだけで90冊以上はあったんですねぇ。すごいなぁ。
今月号はかなりおすすめ!と言ってもバス釣りやらん人はどうでもいい話しなんでしょうけど、値段は¥700!そして70分のDVDまで付いてます!
バスやらない人も、こういう釣りの世界があることを知るにはうってつけの機会。安いもんねぇ!阪神タイガースの選手の対談なんかもありましたぜ!
[PR]
by yaso7project | 2007-02-19 00:42 | お気に入り
スカルプチュア

エレキギターからガットギターに持ち替えて、大変なことはいくらかあったけど、の手入れが一番!ってぐらい大変である。

まあ要するに、爪を少し伸ばした状態を保つのは、日常生活ということをしてる以上、安易なことではないんです。

ほんまに何気ないことでパキっと割れたり、欠けたりするものです。

ジュースの缶を開けるとき、玄関のドアの鍵をかけるとき、ズボンのチャックを閉めるとき、大好きなボーリングに行ったとき・・・・・

何かいい方法はないものかと、長野県に引っ越してしまったネイルアーティストの友人に電話で相談してみたところ、スカルプチュアがいいのでは?というお答え。

で早速買いに行ったのだが、そういうお店って客が女性しかいないんですよね。
なんか下着売り場っぽくて妙に恥ずかしい・・・

そこは勇気を振り絞って、適当なお店に入りました。

店員さんに「ギター弾くのにスカルプが欲しい。」と言ったら、結構いてるらしいんです、スカルプ使ってる人。

野球選手とかもいてるらしいんです、意外や意外に。

今現在、もうこれ無しではギター弾けません。っていうぐらいの必需品です。

c0061689_1281891.jpg

これはプライマーといって、爪を消毒したりアクリルの接着を良くしたりします。プライマーは酸性の強い薬品で、皮膚なんかに付いたりしたらかーなり危険。匂いも相当えげつない。扱いは十分の注意が必要。ちなみに14ml入りでおよそ3500円なり・・・


c0061689_047046.jpg


この中にパウダー状になってるアクリルが入ってます。
ちなみに28グラムでおよそ3000円なり・・・

c0061689_0505648.jpg


これがその中身です。これはクリアーパウダーです。出来上がりが透明色になります。男子はピンクはやめて出来るだけクリアーにしましょう。

c0061689_0544718.jpg
これはリキッドといって、ブラシにリキッドを浸して、アクリルパウダーを乗せるというか、溶かすというか、それを爪の上に塗るんです。
このリキッドが異常に臭い!換気しないとえらいことになります。僕は冬の寒い時でもベランダに出てやってます。
ちなみに59ml入りでおよそ4000円なり・・・

c0061689_12853.jpg
こういう状態でちまちま塗っていくわけでございます。右手の親指、人差し指、中指、薬指の4本。
これが結構大変。僕は右利きなので、利き手じゃない左手で塗らなあかんでしょ?途中でなんか腹立ってきます。上手く塗れないので。

c0061689_175239.jpg
塗り終わったら、約30秒ほどでカチカチに固まります。かなり早い。
あとは仕上げに、ファイル(やすり)で適当な長さや厚さにして、ツルツルのピカピカ状態にしてやっと完成!


かなりの時間とお金を爪ごときに使いますが、お釣りがくるほどの効果はありますよ!
[PR]
by yaso7project | 2005-07-31 01:15 | お気に入り
弦 part 2
この4月より、5弦と4弦を少し変更してみました。

c0061689_4173813.jpg

フランス製の「SAVAREZ」というものにしてみた。
別に前のオーガスチンのままでもいいのだが、まあ気分転換的な変更です。

オーガスチンよりもちょっぴり音に「艶」があるかなあ。って感じ。

ただし6弦はもう少し「こし」が欲しくなったので、6弦はオーガスチンに戻している。

現在(05.5.26)の弦のリストは、

 1弦~2弦 AUGUSTIN (紫)
 3弦     AUGUSTIN (青)
 4弦~5弦 SAVAREZ (赤)
 6弦     AUGUSTIN (青)
 7弦     Giannini .058inch

しばらくはこれでやってみよう。
[PR]
by yaso7project | 2005-05-27 04:15 | お気に入り
魔魚狩り - ブラックバスはなぜ殺されるのか
c0061689_23474447.jpg
魔魚狩り - ブラックバスはなぜ殺されるのか

フライの雑誌社

著者 / 水口 憲哉
1941年生。東京海洋大学沿岸域利用論研究室教授。夷隅東部漁協組合員。原発建設や開発から漁民を守る“ボランティアの用心棒”として全国を行脚し続けている。千葉県夷隅郡岬町在住


バス駆除派、擁護派、全然興味ない人派だろうが、とにかく読んで欲しい。
農林水産省、国土交通省、環境省が、過去から現在に至るまで、何をやっていたのか。
それに伴い、漁業組合や釣り業界にまつわる話し等、かなり読み応えがある!!


ブラックバスが生態系を変えるのではない。
人間が生態系を変えたからブラックバスが繁殖するだけだ。

琵琶湖の若い漁民とバス釣りの少年達は、
研究者、行政、マスコミ等によって、惑わされ、混乱している。

レッドデータブックからサツキマスを外した
環境省と御用学者のあきれた小細工。

(本文見出しから)

[PR]
by yaso7project | 2005-05-18 23:50 | お気に入り
BLACK BELTECH SPECIAL EDITIONザ・グレートアマゾン

2003年に2週間だけではあったが、念願のブラジルに行き、大好きな音楽を思う存分楽しむことができた。1度ブラジルに行ったら、また行きたくなるのは、みんなそうだと思う。

でも僕はこのDVDを観て、次はアマゾンに釣りだー!と決心させられた。

c0061689_19344192.jpgc0061689_19345845.jpg
黒帯 特別編
ザ・グレートアマゾン
~前編・後編~


今江克隆



(内外出版社)


僕が持っている釣りビデオの数は、ブラジル音楽のCDの数よりもはるかに多い。
なかでも、この今江さんが出てるビデオはほとんど持っている。かなりファンです。

アマゾンには約3000種の淡水魚が生息しているらしい。そしてゲームフィッシングの人気は、ダントツにこのビデオで取り上げられている、ピーコックバスツクナレ)である。

c0061689_1145745.jpg
大きいもので、体長は約1メートル強、体重は15キロほどにもなるらしい。

日本では未知の魚をどうやって釣るのか。とーってもおもしろい内容である。
(だけど見た目はなんかグロイなあ。)

c0061689_153147.jpg
もちろん釣り好きにおもしろいのは当然だが、ブラジル音楽愛する人にも是非見ていただきたい!(余計なお世話!)

もしすぐにでもアマゾンへ釣りに行きたい!
という方はツニブラトラベルで申し込むことができます。だが、かーなり高い!!いつ行けるやろか・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2005-03-26 00:00 | お気に入り
コンデンサーマイク

2005年よりピックアップマイクをリニューアルしました。

c0061689_2504769.jpg
COUNTRYMAN ISOMAX2G

ギター用コンパクト・エレクトレット・コンデンサー・マイク_無指向性
20Hz~20kHz
インピーダンス600Ω

ギターのピックアップって、試奏が出来ないんですよねえ。だからとりあえず買ってみて、ギターに取り付けて、音を出してみて、初めてそこで良いか悪いかが判断出来るんです。

だけど決して安いものではないので、ある意味、冒険で買わなしゃあないところもあります。だけど貧乏人の僕には冒険なんてとんでもない!で、調べまくるわけですが・・・

手っ取り早いのは、使ってる人の音を聴く。その人に意見を聞く。
でも僕のように、7弦弾いてる人はなかなかいないし、音聴きたくても聴けないですよね。

そんなときに人脈の輪を最大限に活用します。

僕はこういう場合・・・いや、なんでもなんだが、まず、ベーシストの岩田 晶さんに相談します。で、返ってきた答えが、アイソマックスでした。
次に、レコーディングやPA関係のエンジニアの方に相談します。

デビュー前からの押尾コータローさんの専属エンジニアで、デビューされた現在も片腕として活躍され、xiximundではレコーディング、ミキシングエンジニアとしてお世話になった、片石さんに相談してOKをもらってからやっと買う。まあマイク系はこの2人に聞けば絶対に間違いはない!

それで肝心の結果は・・・・・げ・き・ば・つ・ぐ・ん!!もう言う事なし!ってぐらい買って良かった!
コンデンサーマイクをギターの中に入れて音を拾うので、音が生音と全然変わらず、スピーカーから音が出てるのがまったく気付かないほどであった。
7弦の低音にも問題はまったくなし。高音もすごくナチュラルに出ている。あーなんてすばらしい!

こういうものに出会えた感動って、ライブですぐに伝えたくなるんですよねえ。MCとかであえて言う事はないんですけど。「どうよ!この音!!」って顔で表現してます。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-25 02:43 | お気に入り
エレキギターにも色々な弦があったけど、ガットギターもビックリするぐらいの種類があるのに驚く。弦を選ぶ基準は人それぞれだと思うが、僕は弾きやすさはもちろんの事、ギターとの相性も重視している。
特にガットギターは生音がすべてなので、余計にそう思う。
最近よく見かける、弦をコーティングしているものは、今までの物より数倍長持ちするらしく、面倒くさがりの僕は早速試したが、すぐにやめた。あまり音が気に入らなかったからである。
クラシック等には合うのかもしれないが、僕はもっとブラジルのサンバっぽい(分かる?)音を探していた。

c0061689_23273855.jpg
かなりの種類を試して、ようやく自分とギターにマッチする弦をみつけた。

AUGUSTINE (紫)

オーガスチンの中で最もハードテンションであり、弦かなりは太い。故、メロディを弾いたりするのには、あまり向かないのかもしれないが、
僕のようなカッティングマシーン(?)にはぴったりだった。ただし、指筋矯正マシーンのようで、かなりつらいが・・・・・

あとよく質問がある「7弦」なのだが、ギター専門店に行けば「ダダリオ」から出ている7弦が単品で買える。
が、昨年ブラジルの7弦奏者Mauricio Carrilhoにブラジル製7弦をもらって以来、サンパウロから輸入する程にそれが気に入った。
c0061689_23461545.jpg
普通、7弦の調弦は「C」であるが、僕もマウリシオも「B」なのである。「B」は「C」より半音低いために、弦のテンションが少しゆるくなる。この弦はダダリオ(.056)のものより、若干太め(.058)に出来ている所が実にすばらしい!7弦の「ビビリ」もまったくないし、調弦を「A」や「G」にしても大丈夫である。まあ、あんまりしないけどね。

c0061689_09389.jpg
ブラジルにはアコースティックギター用の7弦なんてのもある。参考までに。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-05 23:26 | お気に入り
David Bowie
僕が高校時代のロックヒーローの一人といえばデビッドボウイ


c0061689_23491762.jpg
Ziggy Stardust And The Spiders From Mars


友達と夜な夜な聴きまくってたのを思い出した。
Suffragette Cityなんてびっくりする位懐かしくて、涙出そうになってしまった。
個人的には、当時コピーして歌いまくってたStarmanが収録されてなくて、少し残念だったけど、まあよしとするか。


ステージ上で着替えるパフォーマンス。ブラジル人歌手のネイ マトグロッソは、きっと彼に影響を存分に受けたんだろうと思う。メイクも少しその気がある。
しかし、この奇抜な衣装。山本寛斎デザインだって知ってました?
[PR]
by yaso7project | 2005-03-04 23:45 | お気に入り
Björk

c0061689_2204420.gif
c0061689_2314081.jpg
Vespertine Live 2001
at The Royal Opera House

なんでこんなにすごいの!ほんまにすごい!
スケールがデカすぎ!こんなライブ、なまで観てみたいもんだ。

フルオーケストラに、少女合唱団に、ハープ。何台ものコンピューターを駆使したサウンド。
ヴィジュアルも抜群である。それに彼女の歌声.....
文句なし!

なのに、観終わった後なぜかしら。やたら切ないこの感じ。
何回観ても飽きへんやろなー.....
[PR]
by yaso7project | 2005-02-27 03:15 | お気に入り
TUNER & PICK UP

僕が長年愛用している、チューナーピックアップです。

c0061689_0123976.jpg

KORG CHROMATIC TUNER CA-30

SEIKO PICK UP MICROPHONE STM-20



このチューナー。はっきり言ってヤスモンである(笑)。が故にとっても使いやすい
高価な物は性能がいいために、ガットギターの性質上、かなり針が揺れてしまうので、なかなかピンポイントで合わしづらい事がよくあった。

そんなまどろっこしさを、これが見事に解消してくれた。ほとんど針が揺れないのである。
おまけに、音を出してから針が振れるまでのレスポンスも抜群にいい。
これを使いだしてから、他のチューナーを一切試さなくなってしまった。それ位今はこれを信用している。

ただ1つの悩みは、液晶バックライトが付いていない事である。ライブはかなりの確立で、暗転からのスタートになる。ステージに上がったはいいが、まったく見えない事もたまにある。これは非常に困る。
なので、ライブ前に照明チェックが出来るのであれば、必ずするようにしている。もし見えないなら、夜釣りに使っているペンライトでその場をしのいでいる。(だが見た目はかなりかっこ悪い.....)

あと最近、バンドが入れ替わる時、クラブなんかだとDJがいたりして、爆音でかき鳴らしてくれるもんだから、ピックアップだと音を拾ってくれない事が多々ある。この場合、生はお手上げだが、エレガットだと簡単に解消する事が出来てしまう。
DJがいる時は迷わずエレガットにして、ラインをチューナーのインプットに挿すだけで、快適なチューニング!!
[PR]
by yaso7project | 2005-02-26 01:31 | お気に入り