やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
カテゴリ:釣行記( 32 )
かわいこちゃん

明日から2日間、久しぶりにオカノアキラとやります。

c0061689_094267.jpg


7日は、あるパーティで。そして8日(日)はちょうど3ヶ月ぶりのライブです。

今回はいつものメンバー、DJテクマキくんの代わりに、元オカノフリークのボーカリストだった、源代恭子さんがコーラス&キーボードで参加します。
メンバー新たに久しぶりのライブということで、曲目もガラっと変わってニューヴァージョンのオカノを堪能してください。(でもらいよんチャンコーナーは変わらないと思うけど…)


昨日お昼間に少し時間があったので、琵琶湖に行ってきました。暖かくなってきたとは言え琵琶湖をナメてはいけません。めっちゃ寒い!
大潮を少し過ぎた頃だったので魚も動いてるだろうと思い、春の定番の場所へ。

キャスト早々明確なアタリ!水中へ絞り込まれる竿!きたで~!でっかいんちゃうの~!
その瞬間。なんとリールが竿から外れてしまった。なんで~!?竿とリールを左手で持ちながらなんとか巻こうとしたけど、魚の勢いに負けて中々巻けない。
それでもなんとか手元まで魚を引き寄せたけれど、ジャンプ一発でバレてしまった。

それから場所をチョコチョコ変えてみたけれど、全く音沙汰なし。
それでも夕方にこれまた明確なアタリ!きたで~!でもあれよあれよという間に魚は手元まで。 …ちっちゃ。
今年の初バスは手の平サイズのカワイコちゃんでした。
[PR]
by yaso7project | 2007-04-07 00:37 | 釣行記
野池釣行  2007年3月30日

早まると予想された春の産卵。結果的には例年とさほど変わらないとの情報。
琵琶湖やダム等の大きなところより、比較的狭くて浅い所の方が水温は温まりやすく、産卵を意識しだすバスが多くなっていると思われ、大好きな兵庫県東播の野池へ釣りへ。

ここの池は大小4つからなっていて、昨年11月に行った時には、1つめと2つめの池は水がほぼ無かったので、とりあえず見に行ったのだが、水は満水に近かったけれど、透明色だった。
これは水が抜かれた証拠であり、そこにいたバスなどの魚はもういない。

仕方なく3つめの池から釣りを開始。お昼過ぎ、弟に待望のアタリ。

c0061689_1685252.jpg

弟の初バスは43cmのグッドバス。お腹には卵がたらふく。野池にしてはかなりコンディションがいい。やはり読みどおり、産卵寸前のバスだった。

c0061689_16184882.jpg
僕も負けじと手を変え品を変え、様々なルアーを試してみるけどアタリすらない。
ここの池は有名になりつつあるようで、人が入れ替わり立ち代りで入ってくるけれど、釣れてる気配は全くない。

だけど春に限って言えば、なかなか釣れないんだけど、なんと言っても釣れたらデカイ!のが
春の最大の魅力。
だから少々寒かろうが、雨が降ってこようが、時には雪が降ってきたりすることもあるけれど、バス釣りが大好きな人達は春にたくさん足を運ぶ。


c0061689_16264415.jpg
そしてそしてなんと!次に釣ったのはこの釣行に同行したSちゃん。なんてこった!めちゃめちゃデカイやんけ~!
本人曰く、「木釣ったかと思った…」。この日最大の46.5cmのこれまたグッドコンディションのバス。

ってことは釣ってないの、俺だけやん…?やばいかも…

それから間もなく弟が2尾追加。勘弁してや~。
辺りは段々暗くなり、釣り人もいなくなっていく中、最後まで諦めずに頑張ったが、、、結果はボーズ…

c0061689_1636343.jpg

今日はカメラマンに徹した屈辱の釣行になってしまった。
いかん!これでは記録更新どころか、今年の初バスが遠いものなってしまう。
今度は意地でも釣らんと!!
[PR]
by yaso7project | 2007-04-02 16:41 | 釣行記
とある野池 in 兵庫 東播 06’11.24

11月末にバス釣りに行くのは、おそらく生まれて初めてではないかな。

今月のライブも一段落したので、いつもの野池に弟と行ってきました。


朝10時に出発。1時間ちょっとで目的地に着く。


ここは4つの池が段々になっていて、昔は1番上の池がとてもよかった。

しかし今年の春にどうやら水を抜いてしまったらしく、水がとても綺麗になってしまった。

水を抜いてしまうと、今の時代、とても悪者になってしまっているバス君達は、根こそぎ捕獲されてしまう。

イコール、バスがいない、という状態。


野池で釣れる水の色は茶透明が1番。

落ち葉から出るタンニンで、水が茶色っぽくなっている池は、長年に渡って水が抜かれていないと判断出来る。

透明はやばい。


1番上の池はダメだと分かっていたので、2番目の池へ。

ところが。

水が今度は3分の2ほど減っていて、あげくに水の色は真っ白。


なんじゃこりゃ~!


思いっきり池の底を掻き回したかのような、完全に泥水状態。

少し釣ってみたが、全く生命感なし。


3番目へ移動。

2番目の池の水がこちらへ流れ込んでいるため、こちらもほぼ泥水。

c0061689_2384265.jpg




(この寒々しい弟の横顔…)


4番目へ移動。

ここでやっと本来の水の色になっている。


寒い中ねばった末、ようやく僕の竿にアタリ!

c0061689_2354945.jpg


めっちゃ小さいけど、価値ある1尾!

寒さに耐えてよく釣った!

c0061689_243854.jpg

今年の釣りはこれで最後になるでしょう。

結局今年も50cmUPのバスは釣れませんでした。

う~ん、残念!

しかし毎年釣り場がどんどん減っていき、バスは駆除されていっている。

在来種が減ったのは、環境汚染(生活排水・農薬・ゴミなど)はそっちのけで、すべてがバスのせいにされている今日、来年から一体どこにバス釣りに行けばいいのやら…
[PR]
by yaso7project | 2006-11-25 02:50 | 釣行記
久々の海

最近は、やることばかりが増えて手を付けるも一向に減らず、どんどん溜まっていくばかり。

もともと段取りは苦手なほうなんで、仕方ないと言えば仕方ないんやけど。


それに演奏者としても、幼少から音楽のお勉強をしてきたわけでもなく、楽譜もいっさい読めないし、テクニックもない、耳も特別いいわけでもないので、演奏がある度にかなりの練習をしていかなければ、他のメンバーと同じスタートラインにすら立てない、という虚弱さ。


なので練習には相当な時間がいるのだが、時間に余裕がないのに、あれもこれもだと、どれも中途半端にしか消化出来なくなってしまう。

だけどやりたいことも増えて、演奏の機会も増えていくという矛盾。


こんなんでほんまにええんか?とたまに考え込んでしまったりするのだけど、そういう時は大抵、現実から逃げ出したい時。


ということで先日、現実から逃げて釣りに行ってきました。


今回は久しぶりの海釣り。

大阪湾の南港で太刀魚が釣れました。

c0061689_4102745.jpg
毎年10月頃に太刀魚を釣りに行くんですが、今年は今回が初でした。

今年は南港の方にも結構まわってきてるようです。

太刀魚は基本的に夕方から夜にかけての釣りになるので、みんなが電気ウキをつけて海に浮かせてる絵は、結構幻想的で好き。

夕方近くになるとかなり寒くなるので、もし行かれる方は写真のような半袖は禁物です。かなり寒かった・・・・・

もう一丁!


甲子園球場近くの鳴尾浜(なるおはま)という所にも、毎年太刀魚を狙いに行くのですが、夕方の少し前に、太刀魚の仕掛けを海に投げてほっておいたら・・・・・
c0061689_4232630.jpg


これ何だか分かりますか?

ヒラソウダ(ソウダガツオ)という魚だそうです。

周りの人達は、「ボラや!」 「ちゃうちゃう、サバやで!」、と言ってなかなか正体が分からなかったのだが、帰って調べてみるとカツオの一種であると判明。

c0061689_4522584.jpg
本カツオよりも数段味が落ちると、魚をさばいてくれた親父に聞いて、少々ガッカリしたのだが、生姜&醤油で食べてみると・・・う~ま~い~!


結局この日は本命の太刀魚は釣れなかったけど、とっても満足のいく結果でした。

でもやっぱりイカ釣りたい!!
[PR]
by yaso7project | 2006-10-26 05:04 | 釣行記
とある野池 in 兵庫 06'9.5

さすがにここまで何もしなくなると、「こんな遊んでてもええんやろか・・・」と妙に不安になるこの頃。

でも釣りには行ってしまう・・・・・


ってことで、1週間ぶりに行ってきました。

本日の場所は、このブログでも度々出てくる兵庫県は東播の野池。

今日はゆっくり寝て、昼過ぎに目的地へ。

c0061689_2235592.jpg
このぐらいのサイズなら、わりと簡単に釣れてしまった。

しかしここの野池は、春ならアベレージは40cmを超えるバスが続々と釣れるので、このサイズで満足してはいけないのだが。

色んなポイントを歩き回って釣っても、釣れてくるのはこのサイズどまり。

それでもここのバスはとても力強く、かなり楽しませてくれた。

最近は日が沈むのもめっきり早くなった。

夕方には少し肌寒さも覚え、秋の気配も感じた。

ブラックバスは一年中釣れるには釣れるが、やっぱり夏が似合うと思っている。

ということで、またしても数釣りで大満足な釣りになりました。
c0061689_238175.jpg

[PR]
by yaso7project | 2006-09-07 02:38 | 釣行記
とある川 in 京都 06'8.29

休み期間中なら僕にはやっぱりこれでしょう!

ってことでバス釣りに。

朝5時半に出発し、約2時間をかけて京都府北部のとある川へ行った。


ここの場所は具体的には明かせないが、親父が鮎を釣りによく行く場所で、かつて「バスばっかりで鮎が全然おれへんわあ。」などとボヤいていた。

こういう親父のボヤキは、時としてとっても穴場な場所によくなる。

そういう場所ほど、バス釣りに来ている人は皆無。


ほんじゃあ行ってみるべと、親父に場所を聞いて行ってきました。


目的地に行く途中に良さげな場所があったので、少し釣りをしてみることに。


キャスト後早々に小さなアタリが連発。

う~ん、どうやらかなりの子バスが群れているみたい。


とっかえひっかえルアーを変えてみるが、アタリはあるけど乗らない。

最終的に、ワゴンセールで107円で売ってたワームを使うとものすごいアタリ!

型は30cmあるかないかぐらいの小ぶりだったが、ようやく1尾ゲット。

107円のワームでもバッチリ釣れた・・・・・


ここの場所を後にして、親父に教えてもらった場所へ移動。


そない大きな川でもなく、きれいな水でもないが、雰囲気は抜群!!


ルアー投入後すぐにアタリが。

c0061689_23165844.jpg
型はやっぱり小さかったけど、アタリがすごい!

ここのバスは全然スレてないみたいで、何のためらいもなくルアーを食ってくる。

まだこんな未開の場所があったなんて、ちょっと嬉しい気分になった。

少しずつ移動し、次の良さげなポイントにたどり着く。

次はキャスト1投目にアタリ!

c0061689_23231877.jpg
またしてもこのサイズだが、おもろい~!

この後何尾か追加して、本日の釣りは終了。


サイズはいまいちだったけど、数釣りとしては満足のいった釣りになった。

ウエーダーを持っていかなかったので、足場のいいポイントでしか釣りは出来なかったけど、今度来るときは、ウエーダーを履いてあらゆるポイントに行ってみたくなった。

ここならまだまだ面白い釣りが出来そうだ。

c0061689_23312970.jpg

[PR]
by yaso7project | 2006-08-30 23:33 | 釣行記
先日の釣果

だいぶん前になるが、5月11日に釣りに行ってきた。

朝は雨だったが昼頃から晴れてきたけど、結構寒かった。

今回は弟を含めて4人で釣行。

場所はこの季節に外したことないってぐらい、いい思いをしてきた兵庫県にある野池。

のはずだったんだけど、夕方までアタリ無し。

別の池に移動して2~3投目、弟に待望のアタリ。

「デッカ~イ!」

いつものごとくマヌケな大声を出しながらバスと格闘。

「デッカ~イ!」

思わず僕もマヌケに叫んでしまった。

わお~!46cm!

その数分後・・・僕にも待望のアタリが!

c0061689_2118224.jpg

弟に負けたが、プロポーション抜群の40cmのバス。

弟はこの他に3尾釣った。どうやらこの池と相性がいいみたい。

僕はこの1尾だけ。くやしい!!
[PR]
by yaso7project | 2006-06-03 21:22 | 釣行記
琵琶湖 06'3.28

本日に予定されていたシシムンドの練習がキャンセルになった。

久しぶりの1日オフ。

今日を逃すと来週行けるかどうかも分からない。

しかも天気予報ではお昼から雨。

まあ、とりあえず行くべ。

何の話しって、釣りですよ。

てことで行ってきました、今年の琵琶湖初釣行。

朝5時に家を出て、1時間半で目的地に到着。

ここのポイントは3年前に爆釣(ばくちょう)した、思い出ポイント。

えてしてこういうポイントは、何年も釣れ続くことって、まあありません。

釣れても大体その1年で終わってしまい、次の年の同じ時期に行っても、釣れた試しがない。

なんでかは分からない。

しかし1度釣れた所って、なかなか捨てることって出来ないんですよねえ。

いい思いをしたところには、釣れないって分かってても、やっぱり行ってしまう。

まあ釣り人の性ってとこでしょうけど。

しかししかし・・・釣れた~すげえぞ~!!
c0061689_593496.jpg

まあこの時期にしては少々物足りないサイズではありましたが、46cmのバスです。

c0061689_5125671.jpg久しぶりにバスの顔を見れてほんとに嬉しいです。

バスは駆除しろ!だとか、害魚だ!とか言ってる物知らずの方たちには申し訳ないけど、まだまだ琵琶湖は健在でした。


さあこれから!と思ってたら腹減ったので、朝ごはんにしては遅すぎる、11時半に朝食を摂ると、急に睡魔が。

今日は寝ないで来たからまあ仕方ないか。

ここでちょっと車中で休憩・・・zzz・・・zzz・・・ドカーン!!

音にびっくりして起きると、チョー激雨&電撃カミナリ

えー!まだ3時半やん!

でもカミナリは怖いから(竿に落ちる危険が高い)、これにて本日の釣りは終了。

結局、釣果はその1匹だけだったけど、満足する結果ではありました。

来週も行けるかな。

しかし1人で釣りに行くと、釣ってもセルフタイマーで写真撮るのが難しいです。どんな顔したらええか分からへんし・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-03-29 05:28 | 釣行記
ええもん持ってます

自分の持ち物には、かなりこだわりを持っている。

「高いブランドもん」ということではなく完全に「機能的」。

時計、ライターに始まり、ギターにアンプなどなど。

「服はないんかえ?」とお気づきの方。するどい!

服は残念ながら、こだわりはいまひとつ無い。

こだわりの持ち物といえば、釣り道具もそう。

やらない人には解らないだろうが、竿にリールに糸にオモリに針にルアー。

これが揃ってやっと釣りができる。

竿はブラックバス用だけで12本。

このほとんどが、Evergreenというメーカーの竿。

高いよー!

リールは大体Daiwa派かShimano派に分かれるが、僕の持ってるリールはすべてDaiwa。

竿が12本あれば、必然的にリールも12個必要。

高いよー!

糸は繊維メーカーでおなじみの東レ

高いよー!
c0061689_6154742.jpg

(こちらは本日のお買い上げ)


おもりはタングステンという素材のものを使っている。これもDaiwa。

高いよー!

針はやっぱりがまかつ。小学生の頃から愛用。

これはそんなに高くない。

ルアーはピンキリ。そりゃそう。

でも一番高かったルアーはナント6千円なり!(まだこれで釣ったことないけど・・・)

c0061689_6354753.jpg

(こちらは今もなお一世風靡し続けているMegabassのルアー。入手困難なものや、プレミアムルアーがまだ多い。)

釣り道具は完全にブランドもんで固まってるなあ。

このブログで前回書いた、中古釣具屋。

バスブームが去って、次々と中古屋が出来ている。

今日2件ハシゴ。もう病気やな、こりゃ。

ルアー見てるとめっちゃ幸せになるんよねえ。

まあもちろん見てるだけでは納まりません、ですわな・・・・・

c0061689_6161149.jpg



反町隆史のバス釣りビデオなんかもあったので、
こちらも本日お買い上げ~
[PR]
by yaso7project | 2006-03-18 20:44 | 釣行記
今年も通う


近所にまた中古の釣具屋さんが出来た。

開店初日、やっぱり行ってしまった。

「今日は見るだけにしよう。」と心に決めていた。

入り口に差し掛かったところで、見るからに季節はずれな格好のキャンペーンガールが1人。

「いらっしゃいませ。カゴをどうぞ。」

一瞬考えた。

「カゴもらう=何かは必ず買うこと=今日は開店初日やからメンバーズカード作成無料=カード作ったらここに通う=めちゃめちゃ通う=部屋がルアーで溢れかえる!」

どーしようー!!

なんて思いもせず、やっぱりカゴをもらった。

で、やっぱり買った。

でもメンバーズカードの作成は断った!えらい!

理由は簡単。もう1件向こうにある釣具屋さんのほうが安かったから。

通うならそっちです。今年も。

ああ、ルアーだらけ・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2006-03-12 21:36 | 釣行記