やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
カテゴリ:釣行記( 32 )
釣り@琵琶湖 5月20日

c0061689_05317100.jpg

朝一の琵琶湖はいつもワクワクさせられます。
鏡のような湖面に期待感いっぱい!



今週22日にバンドリンの良ちゃんとカフェで演奏。
今週23日、24日に、ぽんぽこ楽音から3人で演奏。
6月に初メンバーとのライブ。

これらのリハーサル予備日だった本日、がっつり
1日空いたので琵琶湖へ釣りに行ってきました。


朝一に入ったポイント。

過去に何度かいい思いをしているポイントで、
長時間粘ってみたが、アタリ全く無し。

「なんか違う」と、頭で分かってても、
なかなか動くことが出来まへ~ん。

実績にとらわれ過ぎてる事が原因なんですが、
こうなってくると、割りとドツボにハマるケース大。

いい時間帯を完全に逃してしまい、
結局イチからポイント探し。

傷心のまま助手席へ…


今日はぽんぽこ楽音リーダー、高校同級生だった
山下ジュンと、久しぶりに2人釣行旅でした。


即座に対岸へ移動して、お目当てのポイントを見に行ったのだが、
この辺りはどうも水質が悪いようで。

少しでも水質の良い場所をと探しながら移動を繰り返して、助手席から
湖面を眺めていたら、浮いている1尾のバスを偶然発見。

思わず、「おった、おった!バック、バック!」

c0061689_1564858.jpg
やりましたぜ!45cm!

いや、まさか車の中から見つけたバスが釣れるとは!
こんな事はもちろん初めて!

c0061689_1592385.jpg
相方、悔しがるの図…


お昼頃、昨日から寝ずに来たので、さすがに睡魔でダウン。
と、僕が寝ている隙に…

c0061689_254774.jpg
相方、喜ぶの図…


夕方、最後に選んだポイントでは小バス君達が遊んでくれまして…

c0061689_2335338.jpg
最後の締めに38cmで終了!


c0061689_2235958.jpg
過去の栄光にとらわれすぎて、朝一のポイントから中々抜け出せなかったのが
悔やまれるが、まぁまぁ数も釣れたし、久しぶりに面白い釣りが出来ました。

ってことで、今年も「目指せ60cmオーバー!」が始まりましたとさ~。




c0061689_2413777.jpg

過去の栄光…


c0061689_2421086.jpg

2001年のことです…

[PR]
by yaso7project | 2009-05-21 02:46 | 釣行記
バス釣り・琵琶湖  10月7日

今月はハンパねぇ。
やらなければいけない事が次から次へと。
地味に頑張ってます、やーそです。

どうも、こんばんは。

今月18日から始まるジョゼ・ピニェイロのライブに向けて、ジョゼと電話で打ち合わせ。

関西ライブをいつも楽しみにしてくれてるジョゼ。
今年も新曲を多数用意したいとの事だったので、その辺の打ち合わせ。


打ち合わせ後、実家に帰ってきた弟と今の現状を逃げるのか如く、
夜釣りに行って来ました!


いつも通り、夜11時半に琵琶湖に到着。
小雨降りしきる中、カッパ着て釣り開始。

開始早々アタリがあったのに、失敗…
連日の疲れが溜まってるのか、どうも集中力が無い。


それにしても、雨降る中で釣りしてる僕も僕ですが、
弟の釣り好きもハンパないねぇ。

自分の子供を嫁さんに託して、夜中にイソイソと釣りに行く親父ってのもどうかと思うが、
そんな親父に育てられた我々兄弟。
親が親なら子も子、ってことですか。


約2時間程経過…

久しぶりにちっさいアタリ。
暗闇にうっすら浮かぶラインが横に走ってる。

大袈裟な程のアワセをかます。
その瞬間の猛烈な引きにデカバス確信。

グイグイ引っ張りまわされ、大ジャンプ。
暗くてよく見えないが、ナマズやライギョじゃなければ結構デカイはず。

心臓バクバク。

ようやく、足元まで引き寄せる事に成功。
足元が高かったのと、雨で濡れてるので滑り落ちる危険もあったので、
最後の取り込みは弟に任せる。

弟 「うぉー、めっちゃでっかいでー!」

c0061689_230440.jpg
            祝!51cm!

50アップは何年ぶりでしょうか、ついにやりました!
長かったー!

ようやくこのブログで50アップの写真を載せることが出来ました。
今シーズン49cmが3尾と、あと1cm届かなかったイライラがやっと払拭されました~。

次はもちろん60アップ!!

c0061689_2381236.jpg
嬉しかったのでもう1枚!


ちなみにこの後、弟がメーター級のナマズを釣って、
ギャーギャー騒ぎ倒しておりました…
[PR]
by yaso7project | 2008-10-09 02:54 | 釣行記
バス釣り・琵琶湖 8月27日

セバでの靖子さんライブ終演後。良ちゃんとウダウダと2人ホーダヂショーロ。
気付いた時は遅かった。良ちゃん完全に終電を逃していた。

車で良ちゃんを送ることにしたのだが、そこまで行くならせっかくなので夜釣りに行くか、
ってことで、急遽夜釣り決行。

良ちゃんの家は、京都から琵琶湖へ抜ける道の途中にあるので、
良ちゃんを送り届けて、そのまま琵琶湖へ。


前のブログでも書きましたが、1人の夜釣りはとにかく恐い。
シーンと静まり返った真っ暗闇の湖に1人でいると、普段は気にならないであろう音に、
とても敏感になってたりもする。

「なんか気味悪いな~。」などと思ってるところに、

「ギャ~、ギャ~!!バサバサ!!」

「!!なんやねん!!」

草むらから奇声を発して飛び出てきたのは猫。

「もう、頼むわ~!」 …

c0061689_16155.jpg
でもこんなん釣れるから止められないんですよ!
またまた釣れました!48cm。
太ってて健康的な体型のいいバスでした。

しかし、今年は毎度50cmまであと1歩届かない。
この壁をなんとか打破しないと、60cm、70cmは夢のまた夢ですな~。
[PR]
by yaso7project | 2008-08-28 01:19 | 釣行記
バス釣り・琵琶湖 8月1日

一番大好きな季節が到来しまして、8月に入りました。

今日は弟と休みが重なったので、久しぶりに琵琶湖へ釣りに行きました。
先日弟が夜中にいい思いをしたから、と言って夜釣りを敢行。

夜釣りは昼に比べてとても過ごしやすく、日中暑くてバテてるバス達も、
日が沈んでから捕食行動する事が多いのも事実。

だけど夜釣りにはそれなりに危険も多く、僕自身も何度か怖い思いをしてます。
中でも一番は、わら人形に釘を打ってる現場にバッタリ遭遇したこと!!

それ以来、夜中の琵琶湖に1人で行くのは止めた…


23時に家を出発し、0時半に釣り開始。

途中、蚊の大群に襲われて、ムシ除けスプレーを全身に浴びながら、
釣り続けると、ようやく待望の1尾。
c0061689_1541880.jpg

まぁまぁの44cmでした。
しかし真っ暗闇でもバスってルアーが見えてるんですねぇ。

この後、弟にも40cmのバスが釣れて、「今日は爆釣か!?」との思いも束の間、
結局この2尾を最後に空が明るくなるまで、小バス&ギルの突きに見舞われるのみ。

日が昇ってからは場所移動を繰り返して、仮眠も何度もとって、ついに夕方。
いつもなら帰るところだけど、日が沈んでからの勝負に賭けました。

夜8時頃、真っ暗闇の水面が一瞬凄い光って、その後に猛烈な爆音!
「カミナリ?」と思いきや、なんと対岸で花火大会をやってるではないか。
c0061689_263966.jpg

帰って調べてみたら今日はおごと温泉納涼花火大会の日だったそうな。
偶然だったけど、花火見ながらの釣りって結構最高でした。

ちなみに、この花火大会が終わった後、今度は別の対岸でも花火が上がって、
これまたビックリ!
どうやらこれはびわ湖大津夏まつりの一環で行われたらしい。
c0061689_2135431.jpg

再びちなみに、この花火を見てるとき、後ろの方で別の大きな音がしてたので、
これまた調べてみると、彦根大花火大会があったみたいですね。

釣りと花火、来年もアリですなー!
[PR]
by yaso7project | 2008-08-02 02:17 | 釣行記
バス釣り・琵琶湖 5月8日

先日の七色ダム釣行のあと無性に釣りへ行きたくなったのですが、仕事の為我慢。ようやく仕事明けの8日、琵琶湖へ行って来ました。
c0061689_23455125.jpg

朝まだ薄暗い時間からウェーダーを履いて釣り開始。開始早々小さいアタリが連発するけどノラないので、ブルーギルか相当小さなバスだと思われる。

ここ数年間琵琶湖はウィード(藻)の大繁殖のおかげで、ルアーを通す事が困難になってきています。針の多いルアーを投げると、一発で藻ダルマ状態。時には大事なルアーをロストしてしまう恐れもありますが、まだこの時期のウィードは成長しきっていないので、比較的釣りやすいといった感じでしょうか。

空が明るくなるにつれて徐々にバスの反応も良くなってきましたが、30cmほどのバスが数匹。ちっさすぎ。場所を移動。

いつも行く河川の河口付近の無料駐車場に止めようと思いきや、そこには昨年までなかった看板。「駐車1日1000円」。正規の駐車場であるかのような「○○管理組合」とまで書かれている。本物かどうかは分からないが、こういうセコイ商売は大嫌いなので、この河口での釣りはもう一生やらへんな。

そうこうしてるともう夕方。今日は夜9時から梅田でリハがあったので、最低でも7時には終了しないとダメ。ということで最後のカケに朝一のポイントで釣り。だけどサイズ変わらず。いくら釣ってもマメばっかり。なんか寒くなってきたしそろそろ止めようかな、と思って岸の方へ向かって歩いてると、バスのシルエットを水中で確認。その進行方向へとりあえず投げてみると…
c0061689_16259.jpg

ラインが走ったので即アワセ。猛烈な勢いで走りまくられ、めっちゃ格闘した末ようやく手元に。でかっ!これまたでかっ!あ~でかっ!

とりあえず岸に上がって携帯で写真を撮ったのですが、1人で上手く写真撮るのはかなり難しい。ピンボケや手ブレで何枚も撮ってるうちに、バス持ってる左手がプルプル…結構重い。やっとこさなんとか見るに耐えうる1枚が撮れたのがこれ。ただし尻尾が見切れてました…

あいにくメジャーを持ってくるのを忘れたのですが、竿で計ってその長さを家で計測。49cm。七色に続きまたもや49cmでした。しかしこうなるとあと1cmの壁ですな。長い間50オーバー釣ってへんなぁ…
[PR]
by yaso7project | 2008-05-11 01:17 | 釣行記
バス釣り・七色ダム 5月1日~2日 ②

◇ DAY-2 ◇

深夜3時半に弟達に叩き起こされ、眠たい体にムチを打って4時過ぎにホテルを出発。今日の天気予報は雨でしたが、朝一はなんとか曇りで持ってくれていました。昨日と同様に5時にボートの手続きを済ませて、5時過ぎに出船。

向かったのは昨日ボートで溢れ返っていた西ノ川。今日は僕らの他に1艇しか見当たらず、ラッキーとばかりに最上流部まで行きました。すると情報どおり居るわ居るわ、うようよバスが見えてます。
c0061689_2264464.jpg

やっぱり最初に釣ったのは弟で、これまで釣ったバスの中で1番大きい40cm。直後に僕にもいいアタリがきて、「おおっ!まぁまぁええヤツちゃうん!」と喜び引き寄せてきたら、なんてこった、けっこういいサイズのニゴイでした。でも負けじと僕もサイズこそ小さいものの、コンスタントにバスが釣れだしました。

昼前から雨がドシャ降り。夕方は寒くて寒くて凍えかけながらも、3人で釣ったバスは30尾ほど。残り時間はあと2時間ほど。結構数も釣ったし風邪ひきそうやし、帰ろうかとも考えたけど、ここまで濡れたら一緒やで、と開き直る弟に負けて渋々釣り続ける。

そしたら…

c0061689_22184674.jpg

やっときましたぜ~!49cm~!やったぜ~!おっきいぜ~!

c0061689_22225428.jpg

なかなかサイズが伸びなかったけど、ようやく最後の最後に来てくれました。ということで、兄の面目もどうにか保たれて(数はおもいっきり負けたけど)、楽しい楽しい釣り旅行は無事に終了したのでした。


(ちなみに阪神の矢野・福原が琵琶湖でいい思いをしてるみたいです。いいなぁ…)
[PR]
by yaso7project | 2008-05-04 22:01 | 釣行記
バス釣り・七色ダム 5月1日~2日 ①

七色ダムは奈良県と和歌山県と三重県の県境付近にあって、世界屈指の降水量を誇る大台ケ原にあります。バス釣りの聖地とも言われる池原ダムの隣にあって、昔からこの池原と七色はバスフィッシングマンの憧れのダム湖です。今回はゴールデンウイークで帰ってきた弟2人と一緒に3人で、その七色ダムへ7年ぶりに行ってきました。
c0061689_1441067.jpg

◇ DAY-1 ◇

深夜1時半に家を出発。4時半に七色ダムに到着。5時にボートの受付を済ませて、5時過ぎに出船。ボートで20分ほど移動し、5時半に釣り開始。眠たいのも通り越して、美しい風景も手伝ってか、逆にテンションが上がってきます。

七色ダムのインレット、西ノ川が好調との情報でしたが、さすがにみんなも知ってるようで、ボートがどんどん西ノ川に向かっていました。けどやっぱり人が多い所は避けたいので中流域からスタート。まずはバスの状態を探るべく、1人1人別々の釣り方で移動を繰り返していきました。
c0061689_1956162.jpg

開始早々、弟がトップウォーターで1尾釣りました。これを皮切りに弟2人がノーシンカーのワームでボコボコに釣れはじめたのですが、なぜだか僕にはノーバイト。
c0061689_19593985.jpg

昼を過ぎて、あまりの眠たさと釣れなさで、エレキ操船している弟の横で一時仮眠。かなり操船の邪魔だったらしい…。この頃からだんだん雨が落ちてきました。
c0061689_2034191.jpg

起床後なんとか1尾(めっちゃチビ)釣ったものの、弟の釣ったバスをボートに上げるという役目に終始なってしまい、結局爆釣だった弟達に対し僕はその1尾で1日目を終了。

傷心のまま今日の宿、ホテルかみきたに向かった。いつもはもっと安い民宿にするのですが、今回は少し奮発してホテルにしました。疲れた体にはやっぱり温泉!いや~気持ちいいっす!食事中にホテルの従業員が、「先日今江さんが1週間ここで泊まって七色に行ってたんですよ。60cmアップ釣ってましたよ。」、という情報。やっぱり上手い人は上手いなぁ。飯食って部屋でゴロゴロしてたら気絶。
[PR]
by yaso7project | 2008-05-04 01:52 | 釣行記
琵琶湖 8月30日

昨日のシレンシオライブ終了後はすぐ帰宅。2時間ほどの睡眠をとって、またもや早朝から弟と釣りへ。琵琶湖の湖西のいつもの場所へ着くなり、ポツポツと雨。
やっぱり今日も朝一から釣れる釣れる!しかも今日のバスは前回2回と違って、わりといいサイズが混じりました。

c0061689_23474661.jpg
ここ滋賀県でも最近結構激しい雨が降ったりしてたので、前回来た時よりも水温が若干下がってるようで、バスもそろそろ移動し始めたりしているみたいです。
前回とはまた違った特徴のバスが釣れてくるので、どうやら天気によってバスが入れ替わってるみたいですねぇ。

お昼からは少し南へ移動して小バスと戯れて少し仮眠。夕方はまた朝一のポイントに戻ったのだが、やっぱり夕方もこれでもかってぐらいダメ押しの爆釣!

お昼には釣りの最中に、量としては過去最高を記録したんちゃうか、と思えるぐらいの雨に打たれましたが、ほんま今年のこの場所は当たり年というか復活というか、ものすごい事になってます。


【 以下、昔よく一緒にここに来てたこのブログをお読みの友人達へ 】
for TEAM FORTUNE

早くここ行ったほうがええです!
ただし今年は左一帯は藻がすごいからラバージグはけっこう厳しい。
中層スイミングの方が回遊バスゲット率高し。バスがわりと浮いてるっぽい。
ラバージグ△ テキサス○ ヘビキャロ◎


c0061689_0181130.jpg

[PR]
by yaso7project | 2007-08-30 10:03 | 釣行記
釣り 8月17日

ようやく長かった手伝いから開放されました。と言っても開放されたのは今日1日だけで、明日からまた手伝いに行くんですけどね。
せっかくの休みを満喫するにはやっぱり…釣りに決まってます!
埼玉に住んでる次男と、東大阪に住んでる三男が先日実家に帰ってきたので、2年ぶりに兄弟3人で釣りに行ってきました。

今日は色々訳がありまして、夜中12時頃に出発しました。琵琶湖・湖西に着いたのは1時半。早すぎ…しばらく夜釣りして、ええ時間になったら車で寝るかぁ、って予定やったのに、一旦火がつくともう止りません。いつの間にか空が明るくなってきました。

【そうそう。今ってナントカ流星群というのが来てて、もうピークは過ぎてるらしいのですが、そのおこぼれの流れ星が2つ見れました。青白い流れ星は速すぎて、願い事は出来ませんでしたが、琵琶湖の湖西で見る流れ星はホンマ綺麗です。】

先日釣りに来た時に朝マズメ勝負というのは分かってたので、眠い目をこすりながら頑張ってたら、早速1尾釣れました。

c0061689_043496.jpg

今回も型はちっさいけれど、先週と状況は変わってない様子。ってことは…

この1尾をキッカケに、ここから怒涛の入れ食いが始まりました!朝8時半までに僕1人で20尾超え~!!釣れ過ぎ~!!おもろい~!!型は相変わらず写真に写ってるサイズですが、弟達もかなり釣って、久しぶりの琵琶湖を満喫してくれたようで、お昼までしばし仮眠。

そして昼からは大きく場所移動を決意。昨年初めて行った兵庫県北部の川まで移動することに。約2時間半もかけてやってきた川は、昨年と変わりない様子。あまりに暑かったので、川に浸水。気持ちいい!!夏休みの川遊びみたいにはしゃいでしまった。
夕暮れの川はいつも楽しいなぁ。

c0061689_111238.jpg

左下に注目!琵琶湖ではまたしてもあの猫がねだってきました。だからやらんで~って。





プラッサオンゼwebはこちら!

[PR]
by yaso7project | 2007-08-18 01:18 | 釣行記
琵琶湖 8月9日

め~ちゃめちゃ久しぶりに琵琶湖へ釣りに行ってきました。琵琶湖に通い始めてから14年目にして、今年の釣行回数はこの調子だと最低記録を更新するかも。まぁ、それぐらい最近は忙しくなってきた事に付け加え、体力減退も要因ですなぁ。

c0061689_211141.jpg


昔と今を比べると…

・大体早朝3時半出発なので、寝ずにそのまま琵琶湖へ向かう。
→ これは今もほとんど変わらない。

・お金の節約の為に、行き帰りの高速道路は使わない。
→ もうこれは100%無理です。琵琶湖の西側を走る有料道路「湖西道路」が最近タダになったのが嬉しくてしょうがないです。

・昼寝はもっぱら浜辺で。
→ これも無理。暑くてしょうがない。寝るならやっぱりクーラーつけた車中。昔浜辺で寝てたら見事に顔半分だけ日焼けして、翌日のライブでえらい恥をかいたこともあった。

・長い竿にでっかいルアーを付けて、一日中投げたおす。
→ これも無理になってきた。腕が疲れてきます。軽いルアーと交代で投げてます。

…まぁ挙げればキリがないのだが、歳を感じるこの頃です…

今日はお昼から用事があったんですが、ちょっと無茶して朝5時から9時までの4時間だけの釣りという、体力的にも金銭的にもつらい釣りをわざわざ琵琶湖まで強行してきました。

c0061689_2332939.jpgc0061689_2341349.jpg
結果はご覧のとおり、わりと釣れました。型は小さいけれど、これぐらいのが10尾ほど。4時間でこれだけ釣れれば面白いもんだ。
ここの場所は夏から秋にかけて絶対に行く場所で、ここ数年は全然ダメ。でも今年はルアーにくっ付いてくる藻の様子から、カナダ藻(バスが好きな藻の1つ)がよく茂っているみたいで、バスは結構ストックされているようでした。

ただ、この場所で本当に面白い釣りといえば、コアユ(琵琶湖の鮎)と一緒に回遊してるバスをここで待ち伏せて狙う、という釣りが非常に面白い。居付きのバスはどこか白っぽい色をしていて長細いの対して、回遊バスはブラックバスという名前のとおり黒っぽい色をしていて、とにかく丸い体系が特徴的です。別名ブタバスくんとも呼んでいるのですが、パワー満載なブタバスくんは、一度釣ってしまうと病み付きになりますよ~。

そんなブタバスくんには出会えなかったけれど、今日はここの場所が少し復活の兆しを見せてくれた嬉しい日でした。

c0061689_2522651.jpg

ニャアニャア言いながら近寄ってきて、僕の釣ったバスをねだってくるのでした。やらんで~!
[PR]
by yaso7project | 2007-08-10 07:04 | 釣行記