やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
カテゴリ:音楽記( 388 )
ビヤッタッタ~♪ ビヤッタッタ~♪
c0061689_118284.jpg

SAXの岩田江さんと6~7年ぶりに再会。
相変わらずのカッチョいいSAXに感動した!



Sidewalk Salon Orchestraという、大層な名前の付いたユニットでライブ。

今年に入ってからメンバーの1人、クラリネットの瀬戸君と練習を重ねて、
僕達2人の演奏もいよいよ安定期に入った(つもり…)。

メンバー内最年長(と言っても3人ですが…)の、バリトンサックス・登敬三さんの
安定感あるエロい音には、隣でギター弾いててもメロメロです。

来年はもう少しこのメンバーでの活動を増やしたいな~。
ただし、もの凄いアングラな音楽なんで、なかなか賛同者が出てき辛いのが難点!

対バンの岩田江(sax)&光田臣(dr)のデュオ。

僕が7弦弾き初めの頃に、お2人と共に同じバンドに在籍させてもらってて、
江さんに限っては6~7年ぶりにお会いした。
それまで別バンドで一緒だったり、よく一緒に釣りに行ったりしてたんで、
またご一緒出来て、めちゃくちゃ懐かしかったし嬉しかったな~。

ただこちらのデュオもめちゃくちゃアングラで面白い事やってました。
こちらも賛同者集めに大変な模様ですが、またこのセットでやりたいな~。


さて。


いよいよ明日10月31日(土)は、年に1度の「がっつりブラジル音楽」ライブです!

c0061689_1445118.jpg
また今年も帰ってきましたジョゼ・ピニェイロ

アマゾンの河口都市ベレンに生まれ、北東部の音楽はもちろん、
サンバからボサノヴァまで歌い上げる(ボサは大阪ではやらんけどね)、
関西でブラジルの土臭い香りを味わえる唯一のライブでっせ~!
(↑書いてもうた~、ワシ、頑張らなー…)

ジョゼ=ノルデスチ…と思いの方も多いと思いますが、
ノルデスチばっかりは僕が嫌なんで、大阪ではノルデスチに、
リオのサンバにショーロっぽいのも、たくさん幅広くやります!

更に明日は石川智さんが東京から応援に駆けつけてくれます!

サンバは難しくて踊れないというそこのアナタ(実は僕)!
シランダという音楽の踊りはかっこいいのに簡単(らしい)!
手拍子とコーラスに自信のある人も無い人もガンガン参加出来ちゃいます(ホンマ)!

明日はガッツリとブラジル音楽で盛り上がりましょう!
今年も映像&トーク、少しあるよー!


10月31日(土)@CHOVE CHUVA

ジョゼ・ピニェイロ(歌・ギター) from ブラジル / 石川智(パーカッション) from 東京
浜野徳冶郎(パ-カッション) / とく(パーカッション)
梅田麻美子(フルート) / 山田や~そ裕(7弦ギター)

open19:00 / start 19:30  チャージ2,800円



ジョゼ・ピニェイロweb
[PR]
by yaso7project | 2009-10-31 02:02 | 音楽記
秋岡 vs リカルド 10月24日
c0061689_228785.jpg

おかげさまで満員御礼。
ライブ翌日は鰻重が食べられました!
…違った、おごってもらったんやった…
とにかく満員御礼、ありがとうございました!



ライブ前夜。僕を7弦ギターの世界に引きずり込んだ張本人であり、
師匠のベーシスト・岩田晶氏の家へ、久しぶりに遊びに行ってきた。

するとまぁ出てくるわ出てくるわ、お宝映像の数々。

現在もバリバリと関西・関東で活躍中のミュージシャンの方々の、
10数年前の若かりし映像がどっさり。

その中のいくつかに僕も映ってました。
もうここまで昔だと逆に他人を見てるみたいでしたなぁ。

c0061689_2402548.jpg
10年ほど前に組んでいたTele-co-tecoというサンバのバンド。
一番右が25~6歳の僕です。センター分け&キューティクルがいい感じ…
真ん中のシャンソン歌手のようなイデタチは、現在リオ在住のmacoちゃん。
10年前は(も!)と~っても美人なお姉さん!
…の後ろの豚さんは「ぽんぽこ楽音」リーダーの若かりし山下ジュン。
(ちなみに客席の一番前を陣取ってるのはニンニク大王。
今も昔も変わらずにやっぱりシャツはピンク!)

1stはTele-co-teco。2ndが前田優子さんバンド。
3rdは北摂サンバ商店、というなんともこゆ~いライブ。
僕は残念ながらこのライブ、全く記憶にございませんでした。
まだまだ晶氏の家にはお宝が隠されてると思うので、
近々全容を解明してきてやろうと思ってる次第です!


という前置きはさて置き。


先ほど東京から帰ってきました。
疲れてるはずやけど、いまだ興奮冷めません!

心配した集客も蓋開けたら満員御礼!
さすが関東の皆さん、お目が高い!
仙台の友人お2人もわざわざ足を運んでくれたりで、
なんとも幸せな夜を過ごさせていただきました!

その夜の最大の聴き所はなんと言っても、
日本vsベネズエラのバンドリン対決。

実はその横で、地味に日本vsフランスのギター対決もあったりしたのだが、
残念ながらこちらの軍配は誰でも分かっちゃうほど明解でしたね…は~ぁ。

対決と言いつつも、そこはやっぱりミュージシャン。
国境を越えたスーパーなコラボは予想に反して(いや予想通り)、
サンバはサンバで無く、ショーロはショーロで無い、我々が一晩で
生み出した新たなる音楽だったんじゃなかったでしょうか。(←大袈裟?)

福和誠司さんの、いい意味で期待を裏切ってくれるパーカッションは、
ほんとに色々な世界に連れて行ってくれるし、ゲストで歌ってもらった
松田美緒嬢は相変わらず飛ばしてくれたし、今思い返してもすっごい
メンバーが集まりましたね~!

c0061689_3275628.jpg
c0061689_3281766.jpg
c0061689_3283122.jpg
日本チームのバンドリン・秋岡欧氏。

ライブでご一緒させて頂く度に思うのは、やっぱりこの方は尋常やないですっ!
ガンガンに弾いてるようで、実は僕のギターを包み込んでくれてる、という言い方が
正しいのかは分かりませんが、もう常にそういう感覚に陥ってます。

「お前はもっと思ったように自由に弾いてエエねんでー!」と、
大阪弁ではありませんが、そういう声が音で聴こえてくるんですよ、マジで。

大人の余裕なのか、キャリアの余裕なのか、欧さんの人柄なのか。
ああ、早くいっぱいいっぱいの僕から脱却したい~!


そんな訳で、これに懲りずにまだまだやります!

来る12月9日、今回の日本メンバー、秋岡氏+福和氏+僕の3人に、
もう1人加わって4人でライブします。かぁ~楽しみすぎる~!

詳細は来月、おったのしみに~!




c0061689_3505169.jpg

プラッサライブ後、客で来ていたベネズエラの御エライさんがギターを持ち始めて、
人間ジュークボックスとなり1人で3ステージ分ほど歌いあげておりました…
11月に彼はCHOVE CHUVAへ、あるライブの付き添いで来るらしい。
CHOVE CHUVAでもこんな絵図になるんでしょうな…

[PR]
by yaso7project | 2009-10-26 03:55 | 音楽記
エンジンかかりつつ~
c0061689_28159.jpg

ホーダ・ヂ・ショーロ(ショーロのセッション)は、自分のギターの
勘を鈍らせない唯一の練習場でもある。
先日のホーダは名古屋からの来客の為、深夜まで続くのでした…



突然エンジンのかかる瞬間って場面、よくありますよね~。

先日のホーダでは、「もうそろそろ終わりかな?」なんて思ってた矢先に、
「あの曲まだやってへんな~!」なんてエンジンが急にかかった人多数。

「ああ、もう疲れたから弾くのはやめて聴こう!」なんて思ってても、
曲が始まるとついついギターを持ってしまう悲しい性よ…
でもゲストに楽しんで頂けたみたいで良かった!

そういや先日K邸に遊びに行って、「30分だけ!」という約束で
「怖い話し」のテレビを見てたんですが、「あと30分!」が連発…
姉さんもどうやらエンジンがかかったみたいで。

「お願いやから今度時間ある時にゆっくり見ようよ!お願い!」

エンジンのかかった人を制するのは大変ですなー!


【9月27日(日) 高田靖子ライブ】

先月に続き、今月も靖子さんライブ。

カオリーニョ藤原さんと靖子さんの対バンは、
僕が係わってるライブでは初でしたね~。
(2人は同じユニットでやってます。)

「カオリーニョのオリジナル曲を本人の前で歌うのは緊張する!」
と靖子さんは仰っておられましたが、本人の前でギターを弾くのも
相当緊張するんですぜ!

と言いつつも、靖子さんバージョンに施したアレンジはかなり自信があるし、
心の中では「どうっすかカオリーニョ!」と思っていたりも。

パーカッションのとくちゃんとは、最近はバッチリすぎるほど息ピッタリ。
彼とは前から「言わずとも共有しあえる」という部分が多かったし、
その上最近は共演が多くなってきた事もあり、これからも一緒に
演奏するのが大変楽しみな相方である。

c0061689_2395724.jpg
カオリーニョのサポートトランペッター&ベースの瀬戸さん。
実は最近デュオ等でご一緒してるクラリネットの瀬戸くんのお兄さんなのでした。


さて今週は10月、11月に待ち受けているライブの数々の
打ち合わせなどをガーンと進めていこうかね~。
暇みつけて釣りにも繰り出すぜー!




c0061689_2592666.jpg

いよいよ「ぽんぽこ楽音」のCD完成まであと一息ってところまで。
只今iTunesで色々といじくりながらCDの曲順を考えてます。
ライブもそうだがCDも曲順決めるのは大変だけど、
こちらもエンジンかかってきました!えらい楽しい!




詳細はこちら!





[PR]
by yaso7project | 2009-09-30 03:16 | 音楽記
出だし好調な秋
c0061689_0295034.jpg

2年前に初めて訪れた石垣島。
今年の4月にライブで再び訪れたのだが、
11月にまたまた石垣ライブが決定!



とある用件で東京のカヴァキーニョ奏者、大道寺さんとお電話したり(来年の話し!)、
これまたとある用件で、バンドリン奏者の秋岡さんとお電話したり(12月の話し!)、
またまたとある用件でブラジル人アーティストのジョゼと打ち合わせたり(11月の話し!)、
今後、東京の先輩ミュージシャンらと楽しみな事が増える予感な打ち合わせ。

そして11月には「ぽんぽこ楽音」のレコ発ツアー。
ツアー後は石垣島へプライベートで遊びに行くつもりが、
再び山村誠一氏の石垣ライブもなぜだか決定したりで、
この秋も何かと楽しみな事だらけ!


【9月19日(土) 山村誠一ライブ】

今年に入って何度させて頂いたか分からないほど、
数多くこなしてきた誠一氏とのデュオ。

色々な会場でさせて頂いてきたが、
今回の会場は初な試写室!?

c0061689_0305216.jpg
さすが映画館のようなスタイル。音響も完璧でしたね。
歯の抜けた子供からご年配までの幅広いお客さん達に受け入れられる、さえずりライブ。
誠一氏のライブの持っていき方がやっぱハンパなく強力だな~と。

終演後は餃子専門店でたらふく食った後、
「野菜も食いたい!」と誠一氏の一声で
そのまま隣の中華屋にハシゴ。

この人は胃袋もハンパなく強力だな~と…


【9月20日(日) 瀬戸くんとデュオライブ】

ジプシー&ちんどんクラリネットの瀬戸くん。
数少ない同い年ミュージシャン。
普段全く違う音楽をやってるモン同士が、
デュオで繰り出すスリリングさは大変面白い。

アラビアやギリシャ等の怪しい音階を連発する瀬戸くんのメロに、
僕がコードを付けていくと、とってもオシャレな曲に変貌するらしい。

別に難しいコードを付けてる訳では無く、単純なコードを散りばめてるだけだが、
それがお客さんにもとっても好評なんで、一歩ずつ進んでるな~、と実感。

彼とのユニット名が決まりました。
『Sidewalk Salon Orchestra』
えらい大そうな名前だ!


【9月23日(水) 高尾典江ライブ】

ノンちゃんとのデュオライブも何度か経験させて頂いてきましたが、
とにかく弾き語りの方とのデュオはかなり大変なのである。

ノンちゃんはソロでもちゃんと完結してるので、
そこへ同じ楽器が入ってやる事というのは、
「アドリブよろしく。」みたいな事態になりかねない。

「ギター同士の住み分け」というのは、徹底的にリハを行い、
相手の弾く事なり手癖なりを掴んでおかないと成立させるのは
かなり難しい。

ライブも回数をこなして大分慣れた感はあるが、
あとは自分の持ち味をどう出すか?という課題が残ってるので、
今後も色々と試してみようと思ってますが。

c0061689_0355215.jpg
過去最大クラスの控え室!演者は2人だけなんですがね。
置かれた机に向かってるノンちゃんの後姿に哀愁が…


【9月24日(木) ぽんぽこ楽音MIX作業】

春にレコーディングを終え、ぽんぽこCDリリースに向けて、
MIX作業もやっと終盤。

とにかく楽器の量がハンパではないので、
音の調整やバランスだけでこれだけの時間がかかるってどうよ。
果たして11月に予定しているリリースツアーに間に合うのでしょうか?

c0061689_0464410.jpg
膨大な量の楽器をMIXしてくれてる某スタジオの某エンジニア。なぜか半笑い…


さて。

明日27日(日)のライブが終わればちょっと一息出来そう。
久しぶりに釣りにでも行ってみるかね。



詳細はこちら!

[PR]
by yaso7project | 2009-09-27 01:05 | 音楽記
ライブ騒動に打ち上げ騒動
c0061689_23235546.jpg

ライブではいつでもこんな笑顔でいたいもんですな~。
演奏中にすっごい怖い顔してる事があると共演者によく言われ…
別に怒ってる訳ではありません。無意識とは恐ろしい!
ちなみに写真は…チューニング中ですな…

結構長文です。気合い入れて読んでください!



ジャズ騒動以来、ギターの練習に明け暮れ、
久しぶりに「夜中の車ん中練習」するまでにも追い込まれ、
自分の下手さを思い知らされ、勝手に打ちのめされてる
やーそくんです。ご機嫌うるわしゅう。

先日の9月12日ライブで一段落して、なんとか落ち着きを
取り戻せて来ましたが、スケジュールを振り返ってみると、
なんだか結構遊びに繰り出してた事を思い出しました。

遊ぶ→遊ぶ→ギター→遊ぶ→ギター × Xtime… みたいな日々だったような。
まっ、いっか…


9月4日(金)

昨年末からちょいちょい演奏に繰り出してる、
カフェでのショーロ演奏を夕方から。
夜は「EPO アクアノーム」ライブの鑑賞。


前日に相方の良ちゃんとリハったのだが、
ショーロオンリーのレパートリーの範囲内での
曲順を考えるのは相当難しいですな~。

ショーロがわりと好きな僕でも、それだけのライブを見てると、
飽きる場合がごく稀にあるんで、お客さんに飽きさせない曲順、
というのは演奏をするうえで、いつもの課題の1つですな。
まっ、どんなライブでも同じなんですけどね。

演奏終了後、そのカフェの真下のビルボードライブ大阪で、
EPOさんのステージを鑑賞。

笹子師匠をはじめ、久しぶりに渡辺亮さんや、”ゆきねえさま”こと
江藤有希さんともお喋りできて楽しい一晩を過ごさせて頂きました。

いや~、それにしても感動的なライブでしたなー。

昨年見た葉加瀬太郎さんコンサート、それに今回の「EPO アクアノーム」。
こういう凄いライブを見る度に「ワシも頑張ったるでー!」と意気込むモンです。


9月7日(月)~8日(火)

昨年末からお世話になってるスタジオ録音のお仕事。
4月で一旦終了したのだが、先月からまた復活。
その関係者たち共々で仕事先の保養所での夏休暇。


c0061689_23242136.jpg
プールで泳いで、カヌーこいで、船にも乗って…
写真の最前列はMAX土居氏だが、なにをそんなに
遠くを見つめて黄昏てるのか…

c0061689_23243978.jpg
庭でバーベキューもやって、奈良から出張してくれた天理スタミナラーメンも食って…

c0061689_23245933.jpg
野外ライブ並み、いやそれ以上のPAが組まれて楽器持ち込んで
セッションもやって、花火もアホほどやって…
ちなみに写真はTOY森松氏で、先月の録音時、
7~8年ぶりにお会いしたのだが、この兄貴も全く
変わっとらんね~!昔は兄貴の家でよくご馳走に
なったもんだ。


c0061689_2325166.jpg
卓球もやって、カラオケもやって、普段全く飲まないのに
ビールとワインを頂いて朝4時に撃沈…

いやあ、ディス イズ ザ・バカンス!をガッツリ味わってきました!
翌日の筋肉痛は相当酷かったけれど楽しかったね~!

んで大阪に戻ったのだが、そのまま夜は心斎橋へ。
ジャズ騒動の「ドラム缶軍団」の打ち上げになぜか僕もお呼ばれ。

終了はまたしても朝4時…どんだけ遊んどんねん!


9月9日(水)

楽音カルテットなんかでちょくちょくお世話になってる、
PAのトネチンからのお誘いで、楽音トリオのライブ。


c0061689_2332962.jpg
金髪オペレーター野郎ことPAのトネチン。
彼には春の楽音カルテットでは大変世話になったし、
今後とも色々とお世話になる。
11月予定の「ぽんぽこ楽音レコ発ツアー」でも音の全権を
任せる予定になってるのでほんとに楽しみだ。

c0061689_2339215.jpg
対バンは「ぽんぽこ楽音」や「ラスティックパンズ」のメンバーからなるLoti。

要は全員気の合う仲間のミュージシャンでのライブということで、
最後はガッツリと合奏もして、またこのセットでもやりたいな~、と
何から何まで全く気が楽チンで楽しい演奏会でした。


9月10日(木)

9月12日の三井さんライブの為のリハをお昼から。夜は釣り。

この2ヶ月間ほどこのメンバーでガッツリとリハを繰り返してきて、
いよいよ最後のリハを終え、あとは当日のライブで楽しむだけ~!
…のはずだったが、リハの出来栄えに僕はひどく落ち込み、
「こりゃ帰ってから明後日の朝まで全部練習に費やすぜ~!」
と意気込むも、家に帰ると弟が来たので一緒に夜釣りに…

c0061689_2343409.jpg
なんだか今年はほとんど釣りに行けなかったな~。
というか釣行回数が年々激減している。

原因は嬉しいことだが年々着実に増えてるライブやリハ。
もう1つは…年齢ですな。

先日山下ジュンとも話してたのだが、昔のように釣りで消耗した体力は
その晩寝ただけでは回復してくれずに、翌日まで引きずってしまうので、
むやみやたらに釣りに行くのは避けなければならず。

夏のクソ暑い中、夜中から翌日の夜まで合計20時間の釣りなんて、
もう今では出来なくなってしまった。悲しいかな歳には勝てん…


9月12日(土)

いよいよ初メンバーでの初ライブ。

今回のライブに懸ける三井さんの意気込みは相当なモンがあったんで、
それに応えるべくここ最近のやーそくんにしては珍しく、自己練習に
かなりの時間を費やした思い出深いライブの1つになった。

僕が普段ライブやる音楽というのは、民族音楽系好きのミュージシャン達に
囲まれた環境での合奏がかなりの比率を占めてるんで、選曲も自ずとアングラ
でマイナーな選曲が多い。

しかし僕らは日本人なんで、そういった音楽を再現するのは非常に困難なこと、
というよりも再現を目指すなんざ僕のような下手っぴギタリストには無理だろうし、
そんな事に頑張るなんてなんだかナンセンスだな~、なんて思い始めて、
自分の生活や環境なんかをそういった音楽にインスパイアされた、
独自のサウンドが面白い!というミュージシャン達が、先輩諸氏も含め
周りには多数存在し、そういった人達とやる音楽というのは非常に楽しい。

昔のバンド仲間でもあり、現在ブラジルに移り住んでる歌のMACOちゃんや
フルートの熊本尚美さんが今の実力のままもし日本に住んでて、
「これがサンバです。これがショーロです。」なんて演奏されても、
演奏は凄いがいまいち説得力にかけるような気がするんですよね。

やっぱり彼女達のようにブラジルにすんでるからこそ、
更に演奏に説得力が加味されるような気がしてならない、
とも思うこの頃なんですが、どうなんでしょうか。

…とまぁ、よー分からん講釈垂れるのは置いといて。

んで三井さんは僕にとっては全く新しいタイプのミュージシャンとの出会い、
というか、「まぁよく僕なんかをサポートで選んでくれましたね~!」と
言わざるを得ないほど、全く違う土俵での音楽をやってるミュージシャン。

そんな三井さんのスタイルや選曲やアイデアは、全く自分には無く、
「うおー、なるほど!」みたいな事が多数ありまして。

そんでもう1人の相方の筒井さん。
筒井さんのギターを聴いた時は、そりゃめちゃめちゃビビった。

彼がやっている「ait guitar trio」というギター3人ユニットは、
ギブソンジャズギターコンテスト2003のバンド部門で優勝してるほど、
卓越したテクニックとセンスは、もう「ごめんなさい。すいません。」と、
なんだか知らないが謝らなければならない気持ちになった。

そんな3人が初ライブで奮闘してきました。
いやいや、戦ったのは僕だけですわ…

c0061689_040477.jpg
c0061689_0402794.jpg
c0061689_0404612.jpg
c0061689_041980.jpg

なにはともあれ、無事にライブは終了。

僕がやるライブには珍しく、今回は繊細な曲が多かったんで、
爪も前の晩から相当磨かなければならなかったほど、
音色には相当気を使ったライブでした。

「ガガガーッ、バーン、ガーッ × Xtime」

みたいなライブの方が気はかなり楽ですな、やっぱり。
とにかく1度ライブをやってしまえば、リハでは見えなかった事も
見えたし、今後はもうちょっと気を楽にして演奏出来そうです。

次回のライブは10月。おったのしみに~!

んで、翌日もその翌日もCHOVE CHUVAでライブ鑑賞。
3日連チャンいりびたりでございます~。
ショヴィスタッフ&トールさん&僕の4人でライブ後、
2日目はラーメン龍馬。3日目は天下一品。
みんな太ったらしい。僕は太らんからね~!


9月15日(火)

山村誠一氏による「さえずりチーム慰労会」。

2月から6月にかけ日本中を駆け巡った「ひとり日和ツアー」。

32公演全部を共にさせて頂いた誠一氏の凄さをあらためて実感し、
MAX土居と作り上げるリズムと世界感に大きな喜びを感じ、
来年は目指せ「さえずりなCD」とレコ発50公演と大きな野望を持ち、
今年作り上げたさえずり以上にさえずるぜー!

…という会話全く無しな2時間、肉を食いまくってきました。

c0061689_1152213.jpg

誠一氏の焼肉巡業でもベスト3に入るという、とある焼肉屋。
「じゃんじゃん頼め~!」の誠一氏の号令がかかり、
「ああ、こんな幸せな食い方ってあるの~!」ってほど
肉を食いに食いまくった。人間とは、なんと恐ろしや~!

「ちょっと会話しんとな~。」で、そこから3件ハシゴ。
2件目でMAX土居は撃沈。そいうやツアー中もこんなんよく見たな~。

それでやっぱり終了は朝4時。どんだけ遊んどんねん!

そうそう。もう終わったかに見えた今年のさえずり。
12月までもう少しだけやります!もうちょいとさえずりまっせ~!




c0061689_1301022.jpg

…という訳で、長文のお付き合いありがとうございました。
遊びに行き過ぎたんでなかなかブログの更新出来まへん~。
ああ、肩こった。今からスタジオ仕事いってきま~す!



詳細はこちらで!

[PR]
by yaso7project | 2009-09-17 00:26 | 音楽記
ジャズ騒動Ⅶ 8月28日
c0061689_23143585.jpg

慣れないジャズ。練習に疲れたジャズ。
そんな僕を見かねてなのか、三井さんは焼肉屋に連れて行ってくれた。
しかしこの特大な骨付きカルビよ。美味すぎたぜ!



今までとにかくジャズというものに全く触れたことが無く、
ジャズと言えば「ダラダラと永遠とアドリブやってる。」
ぐらいの印象しかない。

僕が好んで聴いてきた音楽はそもそもアドリブなんて
無いモンばっかりだったし、大雑把に言っちゃうと、
「僕がやる音楽にアドリブなんていらん!」ぐらいの
勢いもあったし、今でもそんな感じ。

まぁジャズ好きに言わせると、「ちゃんといいジャズ聴いたらそんな印象なんて
あっちゅう間に変わるで~。」とよく言われるんで多分そうなんでしょう。


「ボサノヴァ嫌いや~!」と言い続けてたら、昨年からボサノヴァの
演奏をさせていただく機会が劇的に増えてビックリしたが、
「ジャズ嫌いや~!」とも言い続けてたらジャズ騒動というイベントに
呼ばれてこれまたビックリ!

嫌い嫌いと言い続けてみるもんだ!

c0061689_23334494.jpg

ビブラフォンの鍋島さん、ピアノの大塚さん、ベースの宮本さんらの「ゴールデン・シニア・トリオ」は合計200ウンジュッ歳だそうで…


そしてむっちゃ楽しみにしてたのが、
「セクシャ~ル バ~イオレッ♪」でお馴染みの
桑名さん。そりゃあんな声に生まれてたら
僕は楽器なんてやってなかったって!

c0061689_23464054.jpg
んで圧巻だったのは、我らが山村誠一率いる総勢20名以上からなる
ドラム缶集団のワンハーツ・スティールオーケストラ。
僕らはワンハーツの後の出番だった。出にくいっちゅうねん!

c0061689_23501310.jpg
ジャズ…やーそくん頑張りました!が、
まぁアレンジ上、ジャズでは無かったらしい…

最後はアンコールで「セクシャルバイオレットNo.1」を全員で合奏。
鳥肌モンでした。誠一氏、歌いまくってました…


この夏最後の大きなイベントもこれで終わったー。
あ~あ、終わっちゃったよー!
これが終わると更に大変な練習が待ってるのだ。

9月12日に三井さんと筒井さんと僕の3人でのライブ。
これがねー、実に大変なライブになる事間違いなし。
もっと練習してこればよかったと、こういう時に後悔
するもんなんですな~。




c0061689_0115489.jpg

次は何を嫌い!って言おうかな~。
いやいや絶対言い続けるもんやねんて!…多分。
きっと誰かがまた救いの手を差し伸べてくれるはず!





詳細はこちら!

[PR]
by yaso7project | 2009-08-31 00:06 | 音楽記
高尾典江ライブ 8月23日
c0061689_18244827.jpg

ずっと前に東北でライブ直前に温泉に入ってしまい、
指が全く言う事きいてくれなくて困ったことがあった。
ライブ前は厳禁!やっぱり温泉はライブ後でした。



いや~、すっかり秋の気配ですな~。今年の夏は短すぎでしょうよ。
暑いのもかなんけど、こんだけ涼しくなってしまうのもどうよ。
ろくに釣りも行ってませんぜ。ああ、釣り行きたい!

さてさて。

23日はノンちゃんと兵庫県の三田に。
三田と篠山の境目付近に行ったのだが、さすが山の中。
エラさぶでしたわ~。

c0061689_18431232.jpg
「すっごいチラシ作ってくれるで~。」と事前のノンちゃん情報どおり、
「どこで調べたの!?」と自分達も驚きの情報満載のチラシが。
いや~、オーナー店長に感謝です。

が、この後にこのチラシのおかげで大事件が…

今日は30分を4ステージと、少々長丁場ではありましたが、
ノンちゃんの歌と喋りは、お客さん達をグっと惹きこんで、
相変わらずのパフォーマンスに僕も隣で弾かせてもらって
めっちゃ幸せでした。

で、無事にラストステージも終了。
最後の挨拶を終えた瞬間に前列のお客さんから、
「山田さんは2003年にブラジル行ってはったんですよね?
僕達の知り合いと同じ時期にリオに居られたみたいなので。」

そしてそして、なんとこのご夫婦も昨年までの3年間リオに居て
リオに住んでる僕の友人達と親友だそうで!

いや~、世間は狭いというか、関西が狭いというか。

2003年にリオへ行った、という情報は何を隠そう
お店に作っていただいたチラシにバッチリ載ってた情報。

オーナー店長さんに感謝し尽せない大きな出会いをさせていただきました。

その後大阪でこの話しをすると、
「ああ!その人知ってる!リオでその人の家に呼んでもらった事あんねん!」
ですと…ああ、狭き関西よ。

そんなこんなでライブ後はノンちゃんと旅館のようなたたずまいの温泉で
がっつり癒されて、帰りの運転する気も無くすほどに終了してしまいました。




c0061689_191296.jpg

今年の夏のお気に入りだった帽子で、この1ヶ月間はフル稼働。
そろそろ秋の気配もあるし、今年はこれにてお役目御免!



詳細はこちら!

[PR]
by yaso7project | 2009-08-25 19:09 | 音楽記
高尾典江ライブ 8月11日
c0061689_0461058.jpg

最近まで全く気付かなかったんですが、ギター弾いてる時の右手小指、
ものすごい角度に折れ曲がっております。
試しに家で小指を伸ばして弾いてみたら、見た目が凄く上品になりました!



前のブログでも書いたかと思いますが、弾き語りのノンちゃんこと
高尾典江さんとは、もう15~6年のお付き合い。

…ああ、改めて感じる時の速さよ。

最近ノンちゃんのソロライブでご一緒させて頂く機会に恵まれ、
弾き語りのギターの上に、僕の7弦ギターを乗せる難しさや楽しさを
堪能させて頂ける唯一の方でありまして。

ところで、ギター2本というのはどうにもこうにも
僕が苦手とする組み合わせの1つでもあります。

まず僕は7弦ギターを弾いておりますから、低音で動くのは
むちゃくちゃ得意な方なんですがね、曲中どうしても高音での
コードトーンだったりオブリだったりが欲しくなることがあるのでして。

これがねー、とっさに対応しきれない!

対応しきれないのはもう分かってる事やから、一応事前に決めてたり
してるんですが、ライブは生モン!その瞬間瞬間でテンションが違うのに、
決めてたことがザックリはまる、という事はまあ少ないですよ。

こういう試練はねー、好きです!

ただ「今のグっときたんちゃいますの~!」みたいな場面が前回よりも
多くなってきたし、いよいよハードル越えも近いと見たぜ~!

それから。

今回パーカッションでご一緒した池田安友子さん。
スタジオの仕事で半年間ずっと一緒だったんですが、ライブは初!
ということで楽しみにしてたんですが、スタジオの時も感じてはおりましたが、
歌のツボを心得るのが尋常やなく早い!
ガーンと突かれると「あー!ツボはそこにもあったかー!」みたいな
発見をさせてくれる唯一の方ですね~。

次回このメンバーでの演奏は10月。
ノンちゃんとアユちゃんの組み合わせも珍しいので、
3人のポヮーっとした(演奏は熱いよ!)ライブを是非!




c0061689_1282252.jpg

c0061689_1291738.jpg

c0061689_129391.jpg

c0061689_130861.jpg

c0061689_131111.jpg

c0061689_131256.jpg

c0061689_132671.jpg

c0061689_1322037.jpg


photo by 靭の永ちゃんのmarioくん

[PR]
by yaso7project | 2009-08-14 01:38 | 音楽記
高田靖子にオカノアキラLIVE 8月2日
c0061689_1772141.jpg

全くの別人に変装してみたんですが…
対バンで7弦ギターとエレキギター。
想像以上に過酷なライブ…でもなく、テンションはMAX!



ついに恐るべきライブがやってきてしまった!
いつかこんな日が来るんじゃないかと恐れていたライブが、
現実となってしまいました~!

説明するのは難しいけど、7弦ギターとエレキギターでは、
自分の中で明らかにモードががっつり変わっている。
というか、変えてなきゃやってられないほど、
音楽の質が大きく違うのも事実なわけで。

特にオカノライブの場合、いかに冷静を保ったままキレられるか、
が自分に科したライブ毎の最大のテーマだったりするからタチが悪い。

ただ本日のライブで救われたのは、高田靖子さん→オカノアキラ、という順番。
オカノライブではエレキ弾きまくりなんで、終わった後は人差し指の爪ギザギザ、
ひどい場合は爪先は跡形も無い、という場合も多々ある。

c0061689_17473353.jpg
ライブが始まってしまえば色々考えてる余裕もなく、
いつもどおりのテンションに。

靖子さんライブも実はむちゃくちゃ久しぶりやったけど、
おかげでとーっても新鮮な気持ちになれた。
質の高いパフォーマンスがお届けできた、との思いどおり、
早速次回のライブ(9月)も決定しました。


ニヒル演出の為のサングラスをかけて、いよいよオカノライブ。

c0061689_1873254.jpg
今回のバンドテーマは「Change!」。
まっ、1月のニューイヤーフェス以来、20kg痩せたオカノ氏だけでも
十分チェンジだったと思うんですけど…

オカノバンド始まって以来、初のカヴァー曲をやったり、
アホほど久しぶりな曲もやったり、今までの衣装も微妙に変えたりと、
それはそれは「Change!」に相当する内容でしたねー!

c0061689_18133446.jpg
「いかに冷静にキレられるか?」は、ライブ終盤ともなるといつも崩壊し、
我を忘れ、恍惚の瞬間だけにと変貌する、恐るべきオカノライブ。
しかしこの帽子のツバ、異様にデカすぎへんか~。

オカノ氏はライブ直前になると「ライブはもうエエ!」とグズりだすけれど、
ライブ後は「ライブはやっぱりやらなアカン!」。
こればっかりは毎度の事変わってませんな~。


というわけで、僕は以後2日間に渡り筋肉痛と闘い続けましたとさ~。
恐るべきライブの感想は、「案外出来るもんやな~。」
でももう2度とゴメンです。ライブ前は心臓に悪すぎる!



c0061689_18365622.jpg


「靖子さんとオカノ氏のギターは同じ人。」というのが絶対バレないように、自分なりに工夫もしてみた。

別に同じ人が弾いててもどうって事はないのだが、お客さんに「同じ人」だと思われてると思うだけで、自分が自分を演出している事がすっごく恥ずかしくなってしまう。

なりきるには、なりきる努力がいるモンなんです!






[PR]
by yaso7project | 2009-08-05 18:40 | 音楽記
京都ライブに和歌山ラジオに 8月1日
c0061689_16304929.jpg

いつの頃からかBGMがかかってる環境が嫌になってるやーそくん。
喫茶店やレストランなどでかかってるとどうにも落ち着かない。
音楽ばっかりのFMより、話し中心のAMはドライブにも就寝前にも最高!



【昼、京都で「瀬戸・登・やーそ」でライブ】

雨が降り出すと、とにかくその量がハンパじゃないですね最近は。
現場に到着しても、傘を持ってても、車から出るのをためらうほどの豪雨。

今日は「西院ミュージックフェスティバル」というイベントでの演奏だったが、
お店は地下1階で、このまま降り続けたら水没は必至!

こんなハンパない雨でお客さん来てくれるのかしら。
…との心配が見事的中。

「過去最低動員です。」とお店の方に言われてしまった。

雨のせいなのか、僕らのせいなのか…
いやいや、雨のせいにしときましょう!

ただこんな激雨の中、15人程度ではあったがお集まりいただけて、
雨に濡れて冷えた体をあっためて頂ける、温かい拍手ありがとうございました。

演奏後、急いで大阪へ舞い戻り、次の現場へ。


【夜、和歌山ラジオに出演】

ぽんぽこ楽音から代表3人(山下・ジャイ庵・僕)で和歌山へ移動。
話し好きのジャイ庵は、ラジオ出演が好きで好きで仕方ないらしい。
移動途中からテンションが上がりっぱなし!

僕も過去にラジオに出演させて頂いた事は、所属してるバンドだったり
サポートしてるミュージシャンのプロモーションなんかで何度もあったけど、
そういや全部FM。

おお!AMは初じゃないの~!いぇ~い!

和歌山放送へ行く途中、3月の「楽音カルテットツアー」で
共演した「天の羊」のお2人に久しぶりに会いに。

「じゃあ、2人も一緒に行きますか!」

なんの「じゃあ」かよく分からんが、忙しいお2人を拉致して、
和歌山放送に到着。

c0061689_1495863.jpg
「つないとプロローグ」という番組で、ナビゲーターは津山理美(さとみ)さん。

理美さんとは初めましてだったが、「ジャイ庵!やーそ!」と
所謂「さん」付けはしない。

これは僕とジャイ庵、ハマったんですね~。

放送局の人が初対面でこういう呼び方は普通しないですよ。
もういきなり親近感アリアリ、かなり和んだ!

野球延長で30分短縮されたけれど、1時間がっつり喋ってきましたよ~。
生演奏も2曲(うち1曲はカホン叩いてきたぜー!)やったんだけど、
「演奏の時間もったいないから、今度は演奏抜きの全部喋りでお願いします!」
とミュージシャン失格発言まで飛び出すほど、盛り上がって終了。

もう1つテンション上がったのは、生放送に付き物の「メール・FAX」。
リスナーから我々に対してのコメントが続々と届くと、なんかもう
嬉しくて嬉しくて仕方ないことこの上ない。

10月の番組改編でどうなるか分からない、と仰っておられましたが、
秋以降も続行が決定した場合、またまたお邪魔させていただく事に
なりました。もう次は楽器持って行かなくてもいいんかな!?

c0061689_17503546.jpg
理美さんと天の羊と我々。

理美さんはお別れ間際に「初めてお会いしたのに、
さん付けで呼ばなくてごめんね。」
なんて、胸がキュンとなるようなフォローを。
いえいえ、そっちの方が僕らは嬉しかったんです。


あ~、長い1日やった。さあ、帰って明日のライブの練習せな。



c0061689_17584617.jpg

夢はDJ!?番組終了後、将来の為にと原稿を読む練習してるジャイ庵…

[PR]
by yaso7project | 2009-08-03 18:14 | 音楽記