やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
カテゴリ:音楽記( 388 )
Cinema & Live review 2005.3.9(水)
本日は気分転換に、映画を久しぶりに観にいきました。

c0061689_21233657.jpg

ハウルの動く城

宮崎監督の久しぶりの新作。ジブリ隠れファンの僕としては、ようやく観れてとっても幸せになれました。

「もののけ姫」以後は、僕にはぶっちゃけいまひとつであった。特に話題作であった「千と千尋の神隠し」なんかは、よく解らなかった。
が今回でまた、ジブリ魂が再燃してしまいそうである。次回作が非常に楽しみである。

で映画観終わった後、妙に音楽が聴きたい衝動に駆られたので、久しぶりに東大阪にある「CROSS ROAD」へ足を運んだ。

c0061689_21395219.jpg

ちょうどこの日は、ジャズセッションデーだった。
まあしかし、こんなにジャズ演奏する人が世の中にいるのか。と感心させられるほど、プロ・アマ問わず入れ替わり立ちかわりで、演奏に興じていた。

ああ、なんてうらやましい事!僕もジャズの1曲でも知ってればよかった!僕は聴くより、演奏するほうが大好きなんです。はい。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-10 00:00 | 音楽記
GINN unit - pra 2005.3.8(火)
レコーディング予定日だった本日、スタジオのエンジニアの方が、結膜炎になったらしくて、人にうつるから今日はちょっと・・・・・
ということで、急遽、稽古することになりました。

c0061689_2434731.jpg


このユニットはバンドではなく、レコーディングのために集められた、いわば即席のユニットで、誠一さんを除いて、あとの2人のメンバーは、初めてに等しく、個人的にはかなり楽しみなユニットである。
まったく違う畑の人と曲を作るのは、かなり冒険的で、スリリングである。相手の出す音が想像つかないので、かなり気合い入れて耳をすませて聴かないと、音で喧嘩してしまうことにつながりかけない。
かといって、自己を出さないわけにもいかないので、けん制ばっかりしてても前には進まず、いいバランスが取れるようにしていくことは、毎度ながらとっても勉強になります。

レコーディングは4月に延期らしい。どうやらこのユニット。将来バンドに昇格しそうである。うーん。た・の・し・み!!

c0061689_3104525.jpg
最近寝不足が続いてたので、
しらんまにえびすと寝てた。
あったかくて気持ちいいんです!!
[PR]
by yaso7project | 2005-03-09 03:18 | 音楽記
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.3.7(月)
本日はホーダの日。

c0061689_2591386.jpgやっぱりこれぐらいの人数って、ほんとやりやすい。
多過ぎず、少な過ぎず・・・・・

・・・・・ちょっと少ないかも。

しかし最近はめっきり新鮮味がなくなった。いや、最近ではなく、かなり前からだ。毎週、当たり前のようにホーダに参加して、当たり前のようにギターを弾く。
もちろん誰かに頼まれてやってるんではない。自分がやりたかったからやってきた。
それが当たり前のようになってしまった。自分でそうさせた。
当たり前になってくることは、とても怖いことである気がする。
何が楽しいのか、忘れそうになる時があるからである。

僕だけではなく、ひょっとしたらみんなも忘れそうになってないかなあ。今日の演奏を聴く限りでは・・・・・
[PR]
by yaso7project | 2005-03-08 03:36 | 音楽記
xiximund-pre pra 2005.3.3(木)
さあ!本日はシシムンドの稽古でした。

c0061689_2229386.jpgこの日も赤松さんの新曲、そして久しぶりに誠一さんの新曲が登場!
誠一さんの方はまだ「Aメロ」のみであったが、にもかかわらず、すでに世界観がほぼ見える程の出来栄え!続きがチョー楽しみ!(しかし顔つきがちとやばい!)


c0061689_22413726.jpg赤松さんの方は、なんと!9割5分完成!あとは細かい所の手直しのみとなった!

ほんとに我々3人は、とってもすばらしい3人である!我ながら「あっぱれ」!!(こっちも顔つきと髪型がかなりやばい!)


このシシムンドの3人が特にすばらしい所は、3人とも異常にうどん好きであるということ。

c0061689_2256348.jpg稽古の合間はもちろん、ライブ前や、打ち上げ後にも食べてます。
この日のうどんは、誠一さんが独自の経路で入手した讃岐うどん!!

うまかったー!!



[PR]
by yaso7project | 2005-03-03 22:23 | 音楽記
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.2.28(月)
本日は先週とは大違いで、たくさんの人で溢れたホーダであった。

c0061689_272638.jpg
まあ、たまたま都合の良い日が重なっただけかも知れないが、それより今日、僕たちにはとーってもうれしいお方が遊びに来られた!

ご存知、CHORO CLUB笹子重治さんです。

c0061689_1594215.jpg

笹子さんがホーダに来られるのは久しぶりだったもんで、
メンバーは気合い入りまくり!(Kちゃんのよだれが垂れまくってるほどにね.....)

c0061689_2302283.jpg何曲やったのか、どの曲やったのか全然思い出せないぐらい必死こいてやってしまった。あー、指が痛い!

Sちゃん!その笑顔はなんじゃー!→→→
c0061689_2492719.jpg
ショビシュバの看板娘えびす」はなんか眠たそう。「お前達、いつもこれぐらい気合い入れてやれ!」なんて思ってるのかしら。すいません!
さすがの私もこの日ばかりは疲れ果て、腹も減ったので、帰りに4人でラーメン食べました。c0061689_354054.jpgc0061689_355484.jpg
あー。うまいし、うまいし、うまいし、疲れたし.....

あーそうそう。ホーダ始まる前に赤松さんニューバンドが練習してました。現在は極秘らしいので、ここで僕がバラしておきます。
c0061689_316820.jpg
この3人組の今後の動向には目が離せません!!
[PR]
by yaso7project | 2005-03-01 03:22 | 音楽記
xiximund-pre pra 2005.2.23(水)

本日はお昼過ぎから、誠一邸でシシムンドのお稽古。

c0061689_7454254.jpg

この日は赤松さんの新曲を中心に、誠一さんがメロディーの手直しや、それに僕がコードをのせたりしながら、赤松さんの顔色を伺いながら進めて行きました。

作曲者にも色んなタイプがいるようで、僕の場合はメロディーやコード、アレンジ等含め、割りと完全に近い状態で出来上がるのに対し、赤松氏の場合はどちらかと言えば不完全(笑)。
まあ、どちらがいいとかいう話しではない。結局はどっちでもいいもんである。

c0061689_816443.jpg僕が作った曲の場合、メンバーに聴いてもらう時にはある程度出来上がってしまっているために、アレンジ等の手直しがどうしても難しくなってしまう。言い換えれば、それ以上の事をしなくてもいい気にさせてしまう恐れがある。
逆に赤松氏タイプの場合、かなり中途半端なんでメンバー全員で、この曲をもっと良くなるようになんとかしよう!と意気込ませてくれる。そしてミュージシャンたる者、こういう作業がかなりタ・ノ・シ・イ

c0061689_8355547.jpg
その為かどうかは分からんけれども、赤松氏の曲は演奏する度にどんどん進化(新歌?)していくわけです。
やっぱり赤松さんはそういう意味で、それをわざとしてるなら、天才的な作曲者ですわな。(でももうちょっとだけでも仕上げてきてね。)
[PR]
by yaso7project | 2005-02-24 08:57 | 音楽記
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.2.21(月)

本日は毎週恒例のホーダ ヂ ショーロ
c0061689_027999.jpg

2001年秋から始まったホーダは、僕にとって月曜日の唯一の楽しみである。
が、今日集まったのはなんとたったの3人
ガッビーン!今年の最低記録を更新!
ホーダって暇人のためだけにあるんかなー.....
まあぼやいてても仕方ないんで、とりあえず始めますか。ピアニカカヴァキーニョ、ギターがあればなんだかんだ出来るもんである。
c0061689_356957.jpg
との思いもつかの間.....
なんか右手が痛いなー。わお!親指の爪の横が切れてるではないですか!弦の色もうっすらと紅く染まって、妙な輝きを放っている。
切ったり爪を割ったりしないように、ギター弾きは指には細心の注意を払わなければならない。
最近ようやくジュースの缶を、無意識に左手で開けられるようになりました。こんな些細な努力もいるのです。なんか暗いでしょ.....
[PR]
by yaso7project | 2005-02-22 01:21 | 音楽記
Live at CHOVE CHUVA 2005.2.20(日)

スティールパン奏者パーカッショニストである山村誠一さんのソロライブ『まるごと山村誠一 第2弾』にゲストとして参加してきました。
c0061689_39249.jpg

昨年頃より誠一さんのソロライブにたびたびおじゃまさせて頂き、もう10回程になるんかな。
ゲストだったんで数曲だけの演奏でしたが、二人だけの演奏はごまかしが効かない分怖くもあり、二人だからこそお互いが自由になれて楽しくもあり、なんとも複雑な心境やけど、ユニットのおもしろさが最近やっと感じつつある今日この頃ですわ。


c0061689_9121069.jpg
しかしせーいっちゃん。スティールパン叩いてる時ってわりとのほほんとしてるんやけど、太鼓叩いてる時っておっとこまえになんねんなー。
ほんま不思議。
[PR]
by yaso7project | 2005-02-21 03:08 | 音楽記