やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
シレンシオLIVE 7月4日

本日早朝、富山の親戚達が実家に来る。昨年のおばあちゃんのお葬式以来なので1年ぶり。その時もそうだったが、今回もやっぱり、「結婚まだか。」の話しから…

親戚の1人が、「大阪の和泉市の知り合いにどうしても会いたいのだが、田舎モンのワシは梅田で迷うだろし、電車の乗り換えは出来ん。」と一言。

偶然にも今日は堺市でライブ。堺と和泉は隣同士。って事で和泉に寄り道して堺へ。

今日の会場FUZZは、5年ほど前に河内長野の民族音楽祭でエポカジオーロの前座で、僕らシシムンドと、熊本尚美さん+笹子師匠デュオらで出演した際に、打ち上げ会場で使わせてもらった所。

エポカジオーロとホーダが出来る!って喜んだものの、参加費がたいそう高かった、という記憶と、打ち上げ後の深夜に、結局僕がエポカジオーロの連中を関空のホテルまで送らされて、後日に赤松氏に愚痴りまくった、という散々な記憶しか残っていない…

あ、あと、打ち上げ会場まで笹子師匠と車でご一緒し、初ブラジル旅行目前だったので、アドバイスを求めたところ、「やっぱりブラジル人の彼女作るのが手っ取り早いんじゃない?」、と仰せになられた記憶が…

まぁどうでもいいんですけど、とにかくそれ以来です、と言うことを書きたかった訳です。

今日も準レギュラーのお2人にも出てもらって、シレンシオフルメンバーで初の南大阪に参戦。お客さんも満員に近いぐらいの集まり。感激!

…のはずでしたが、1stステージ目。こんなとこで間違うなんてありえないし!を僕は連発してしまった。そのまま全く修正きかず、ズルズルと引きずったままなんとか1st終了。

楽屋で気合い入れ直そうとしたら、僕意外にもなぜだか平田さんと徳次郎も気合いを入れ直していた。3人で「ヨッシャー」…

のおかげかどうかは分かりませんが、2ndはいつもの調子に戻すことが出来て、とりあえず盛況で無事に終えることが出来ました。

1stの間違い。間違いというより「ボケボケ」という感じでした。何の疑いも無く弾いていたら、自分だけ全く違うキーに転調してたり、自分でもよく分からん事をしでかしてました。

う~む。ボケの兆候かも。

の矢先。大阪フェニックスホールで行われていた別ライブを見に行っていた、某ブラジルCDショップ&カフェ店長Kから電話。「めっちゃ良かったで~。そういやこの前東京で話しした内容、全然覚えてないねんけど、私何か言ってた~?」

う~む。ボケか、ただの酔っ払いか…
[PR]
by yaso7project | 2008-07-05 01:51 | 音楽記