やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
Macoちゃんライブ 愛媛12月22日

『爆裂サンバ』でかなりバテてしまった体を奮起させ、朝8時半に穣治さんを迎えに行き、9時半の新幹線に乗り込み、一路、愛媛県は伊予西条という町へ。

昨年もお世話になった病院での演奏会で、本日の演奏で14日から始まった3人での旅は終了。考えれば考えるほど寂しいなぁ。

ブラジル音楽と言っても、皆さんがご存知のボサノバやサンバやMPBやショーロやノルデスチだけがブラジル音楽では無い。もっとディープなアバンギャルドな音楽も山ほど存在しているわけで、今回の『ブラジレイリッシマ(めっちゃブラジル)』では、そういうアバンギャルドな要素も至る所に散りばめさせた、ある種の実験的な要素をアレンジ上でたくさん入れた。

実際、今年6月から7月にかけてリオへ行った時には、ショーロやサンバのライブは実際には3回ほどしか観に行っておらず、それとは違うライブがないかと探しては観に行って、異常にディープな実験的な音楽をしてるライブが非常に面白かった。

自分で言うのもなんだが、これこそが『ブラジレイリッシマ』の真骨頂じゃないですか!あとは好き嫌いはみんなそれぞれが感じればいいことだけです。

という前置きの長いこれらを確信させられた、最後に相応しいライブになりました。Macoちゃん、穣治さん、長い長いツアー、大変お疲れ様でした!


ライブ後は昨年同様に、過去最高かもしれないほどの豪華極まりない打ち上げ兼、宴会に深夜2時半頃まで騒ぎ倒す。しかしこの豪華さは、さすが病院の先生達。もう穣治さんと僕はあまりの嬉しさと感動で溜息が出まくってました。

c0061689_1565453.jpg

特大の船盛が2つ!先生の渾身の手作りムケッカ!調子に乗った僕は酒飲めないくせにシャンパン3杯で撃沈…
[PR]
by yaso7project | 2007-12-24 01:59 | 音楽記