やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
とある野池 in 兵庫 東播 06’11.24

11月末にバス釣りに行くのは、おそらく生まれて初めてではないかな。

今月のライブも一段落したので、いつもの野池に弟と行ってきました。


朝10時に出発。1時間ちょっとで目的地に着く。


ここは4つの池が段々になっていて、昔は1番上の池がとてもよかった。

しかし今年の春にどうやら水を抜いてしまったらしく、水がとても綺麗になってしまった。

水を抜いてしまうと、今の時代、とても悪者になってしまっているバス君達は、根こそぎ捕獲されてしまう。

イコール、バスがいない、という状態。


野池で釣れる水の色は茶透明が1番。

落ち葉から出るタンニンで、水が茶色っぽくなっている池は、長年に渡って水が抜かれていないと判断出来る。

透明はやばい。


1番上の池はダメだと分かっていたので、2番目の池へ。

ところが。

水が今度は3分の2ほど減っていて、あげくに水の色は真っ白。


なんじゃこりゃ~!


思いっきり池の底を掻き回したかのような、完全に泥水状態。

少し釣ってみたが、全く生命感なし。


3番目へ移動。

2番目の池の水がこちらへ流れ込んでいるため、こちらもほぼ泥水。

c0061689_2384265.jpg




(この寒々しい弟の横顔…)


4番目へ移動。

ここでやっと本来の水の色になっている。


寒い中ねばった末、ようやく僕の竿にアタリ!

c0061689_2354945.jpg


めっちゃ小さいけど、価値ある1尾!

寒さに耐えてよく釣った!

c0061689_243854.jpg

今年の釣りはこれで最後になるでしょう。

結局今年も50cmUPのバスは釣れませんでした。

う~ん、残念!

しかし毎年釣り場がどんどん減っていき、バスは駆除されていっている。

在来種が減ったのは、環境汚染(生活排水・農薬・ゴミなど)はそっちのけで、すべてがバスのせいにされている今日、来年から一体どこにバス釣りに行けばいいのやら…
[PR]
by yaso7project | 2006-11-25 02:50 | 釣行記