やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
東京 DAY-1 11.18

土曜日のお昼に新大阪を出発。

東京は渋谷のクロコダイルというお店で、東京ホマンチコのライブに、我らがシレンシオが対バンで呼ばれたのです。


まあしかし土曜日の渋谷はもう2度と歩きたくなくなったなあ。


東京ホマンチコとは、東京で活躍されておられるサンバミュージシャンの精鋭が結集、といった、ちょー強力な13~4人くらいのサンババンド。

僕らの他にPecombo(ペコンボ)という、アカペラコーラスグループも対バン。


ホマンチコといい、Pecomboといい、サウンドチェックの時にすでに僕はノックアウトされていた。

いやほんますごかったんですよ。


僕らの出番は1番目で、開演は19時から。

…のはずだったんだけど、19時をまわってもカオリーニョは出掛けたまま帰ってこない。

全部で3バンドの出演。

なので最初からそんな押すわけにはいかない。

19時25分カオリーニョ到着。

19時半からスタートだと完全に勘違いしていたらしい…

先日のリハの時といい、カオリーニョ、かなりボケボケ度が深刻…


はれてやっとシレンシオからスタート!


ステージにあがると、お客さんがいない!

いや、お客さんはたくさん居たのだが、前のスペースには誰1人も立ってくれず、お店の端々で談笑タイム。


曲が始まるとみんな喋りだして、曲が終わるとパラパラと拍手。

う~ん、これがアウェイってやつかな!と妙に納得したりした。


まあお客さんを惹きつけるだけの力がなかったんやと、ちょっと落ち込んだライブになった。


後にPecombo、ホマンチコと続いたのだが、もうめちゃくちゃ盛り上がってたな。

久しぶりにこんな盛り上がってるライブを見たような気がする。


ってなわけで、ライブ自体は無事終了。


ホマンチコのメンバーで、7弦ギターの大先輩の阿部さんに、「ヤマンドゥと近くでホーダをやるらしいから行こう。」と誘われて、ホマンチコの打ち上げにも出ず、近くの小さなお店へ。

ヤマンドゥとはちょうど来日中の、ブラジルの若き天才超絶光速破滅型ギタリスト。


ほんまに来るのかと半信半疑で待ってたら、ほんまに来た!

午前4時半頃に阿部さんが「少しホマンチコにも顔出しに行こう。」と言われて、打ち上げ会場に行ったら、もうみんな潰れてた。

起きてるメンバーと少し談笑して打ち上げが終了したので、阿部さんとまたヤマンドゥのところへ。

途中何度か意識がどっかにいってしまった。

結局、朝の6時半で終了したのでした…長い長い1日でした~
[PR]
by yaso7project | 2006-11-22 00:11 | 音楽記