やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
同級生の前で

実はこう見えても、高校1年まではバリバリの体育会系でしたのよ。

だけど悲しいかな中学3年の頃からギターにハマッて、高校1年で運動とおさらば。

そして帰宅部。

うちの高校は全国大会で優勝したことがあるほどアメリカンフットボール部が強くって、どちらかというと体育会系の学校でした。

そんな学校だったので友達に「ギター弾いてるねん。」と言えずにいました。

なぜかって「ネクラな奴」と思われたくなかったから。

モテたいからギターを始めたって人はたくさん聞いたけど、モテたいからギター弾いてるのを隠してたっていう人、僕だけちゃうかな?

それから10年以上経ったが、高校卒業後も素直に言えなかった。

今でも別に隠してる訳ではないけど、自分から音楽をやってると一言も言ったことがない。

でもなんか知らんけど、みんな知ってるんですよね。なぜか。

同級生がだんだん結婚していって、ついに恐れていた事態が起こった。

結婚する友達に「披露宴でギター弾いて」と言われてしまった。

なんやと~!じゃあみんなの前で弾かなあかんや~ん!歌やったらいくらでも歌うのに~!

しかし友達の頼みやし断るわけにもいかない。というか、断る理由もないんやけど・・・

てなことで、弾いた。みんなの前で。

結果。

自分の考えすぎでした。

2~3ヶ月に1回ほどしか会えなくなった(いや、会ってるほうかも)高校の同級生達の前で、見せたことがない『公私』で言えば確実に『公』の部分を出す、というのも悪くない。

というか、結婚した友達から最高の言葉を貰ったし、もちろんこちらは、その友達の為に最高の演奏をしたつもりだ。

こういうのってなんか良かったなあ。
[PR]
by yaso7project | 2006-05-23 04:20 | えび天のしっぽ