やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
さえずりサウダーヂ 公開稽古・ライブ 終了!

c0061689_03124664.jpg


年に一度の「さえずりサウダーヂ」ライブ。 豪華すぎるメンバー、そしてブラジルを求めないこのメンバーのサウンドが大好きだ!



西天満モエラドの周年記念イベントで3年連続のエントリー、山村誠一5daysライブ。
我らが「さえずりサウダーヂ」も毎年のエントリーで、今年で3度目。

このユニットの特徴は何と言っても、メンバー全員のバックボーンがバラバラ。
誠一氏のオリジナル曲を中心に、このメンバーでのサウンドの融合は、大地から海、空、はたまた宇宙までも感じさせるとてつもない情景と浮遊感と情熱のオンパレードである。

私はブラジルの7弦ギターという珍しい楽器を弾いていて、普通の人は僕に、ブラジル人がやるような事をやってる日本人7弦ギタリストを期待している場面が昔から多かった。

もちろん昔は沢山ショーロやサンバをブラジル人がやってる事をコピーしたり、もしくはやりそうな事を一生懸命頑張ってやったけど、そんな自分のギターに3年ぐらい前に心底飽きてしまった。

語弊があるかもですが、ショーロやサンバはもちろん今でも大好きですよ!

だけど短い人生、自分のギターを一生そこに費やす事よりも、自分にしか表現出来ない事にとても興味を持ち、ショーロもサンバも日本人の僕にしか出来ない、言い換えればブラジル人には出来ないかもしれない自分ならではの表現方法に興味が100%向いていて、自分で言うのも何だけどとてもここ3年ぐらいやり甲斐を感じている。

話しは少しそれたけど、「さえずり」は、それをめいっぱい発揮させて貰える数少ないバンドである。

僕にブラジル人の真似をする日本人7弦ギタリストを期待しないよう、この場を借りてお願いしておきます!


[PR]
by yaso7project | 2016-05-27 12:19 | 音楽記