やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
みいすけ

我家に14年も居候している三毛猫のみいすけ

毎日何考えて生きてるのかは知らないが、つい最近、うちの家族全員が、「もう死ぬんちゃうか?」って覚悟したことがあった。

ある日から突然パッタリと餌を食べなくなったのである。

目がすごい虚ろで、声も出さないし、ボーッと遠くを見てる。最初は「う~ん、風邪でもひいたかな?」って感じで様子をみてた。

しかしそれが何日も続いたので、だんだん不安を覚えた。

ある日外出先から帰宅すると、「みいすけがおらん!」って弟が血相を変えて家中を探していた。

僕も一緒になって探した。「いたー!!」と、弟のものすごい声。

僕の部屋のテレビの後ろで横になって倒れていた。
「死んでる・・・」頭を過ぎった。

急いで抱きかかえた。息は・・・・・してる!!

なぜかテレビの後ろや、ベッドの下で動こうとせず、それから3週間ぐらい過ぎた頃、少しずつではあるが、餌を食べ始めた。

何日か過ぎた頃から声も出すようになって、痩せこけてた体は前の状態に戻った!!

そして今では寝てる時間以外はずーっと「餌くれえ!」と催促してきてます。

元気になったのは良かったけど、最近、ちょっと食いすぎちゃうか。これも一種の「反動」ってやつなんかなあ。
[PR]
by yaso7project | 2005-07-29 01:07 | えび天のしっぽ