やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
Roda de Choro at CHOVE CHUVA 2005.7.4(月)
7月になって、やっと梅雨らしくなり、今日も大雨。
そんな中でのホーダ ヂ ショーロ

これだけ湿気があると、楽器がなんかベタベタしてて、触り心地がちょっと気持ち悪い。
弦もあっという間に錆びてしまう。

しかしこのギター、こんだけコンディションが悪くても、よく鳴ってくれます。

5 no choroのギタリスト、マウリシオに今回の来日の際、ピッキングの仕方を少し教えてもらった。

今までの弾き方から急に変えるのは、かなり難しく、リズムがバラバラになってしまうが、
これからは変更した弾き方に挑戦していこうと思う。
気が付いたら前の弾き方に戻ってしまってるのだが・・・・・

過去にも大幅なフルモデルチェンジを約3回程行った。

1度目はもう随分前になるが、サムピック(親指ピック)をはずしたこと。

サンバやショーロではそのままでも良かったんだけど、当時はボサノバやポップス、といった音楽もやってて、サムピックが邪魔に感じて外して以来、サンバ、ショーロでもそのスタイルのままでやっている。

2度目はギターの構え方の変更。

エレキギター出身である僕は、ギターの構え方がどうも「ロックっぽい」と、周りから指摘がちょくちょくあったので、ガットギター奏者らしく構えよう、とした。
が、あまり効果のほうは無かったみたい。

3度目はギターの音量を上げる。

これはギタリストの笹子さんの教えにより取り組んだが、かなり苦労した。
弦を押さえる左手の角度を見つめ直し、右手にいたっては、爪の長さやピッキングの角度、位置など、あれこれ試してみた。

先週、ショビホーダの連中が、とあるギャラリーで演奏会をやってたので聴きに行った。

さすがに長いことホーダをやってることもあって、演奏自体は結構良かったが、みんなの音がすごくショボく聴こえた。

元の音量がちっさいので、曲中でのダイナミクスがまったく感じられず、ライブ感がなく、いたってBGM的であった。

それを聴いてて、さらに楽器を鳴らす、ということに目覚めた。

ちっさい音でもおっきい音でも同じように弾けるようになる。
これが出来れば、曲中でのダイナミクスは更につけられるようになるはず。

ということで、本日のホーダは自分ばっかり気にして弾いてたので、特に印象は残ってなかった。

これもあかんやろお!
[PR]
by yaso7project | 2005-07-04 00:00 | 音楽記