やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
スーパーヴァイオリニスト来阪 2005.5.10(火) 
やーっと今日、数週間振りに1日オフだった。
調子こいて寝まくり。起きたら15時まわってた。ちょっと寝すぎ。
この場合、「午睡」とは言わないが、この時期のお昼は、寝るのがめっちゃ気持ちいい!

さて。気持ちいいと言えば、自分が尊敬している人に出会えるのもそうかもしれない。今日はそんなことがありました。

名前は以前から知ってたけど、顔も知らず、演奏も聴いたことがなかった。
そして初めてお会いしたのは、昨年の師走ぐらいやったかな?

東京にお住まいのおかたなんですが、その日はたまたま大阪で演奏されてて、演奏後にそのままショビシュバに足を運んでくれて、ショビでホーダ ヂ ショーロ。
僕は遅れて行ったのだが、遠くから凄まじいヴァイオリンの音が聴こえていた。
それが今でも、ものすごい印象に残っている。

店に入って初めて観たそのヴァイオリニストは・・・・・

c0061689_4203045.jpg

江藤有希さん。現在、日本のショーロ界では敵なし状態のトップクラスに君臨し、タンゴ界等でも活躍されている。

その初めて会ったホーダで、僕は度肝を抜かれ、「江戸は凄い!」と改めて思った。
まずヴァイオリンで聴くショーロにも感動したが、そのメロディを完璧以上に歌いこなしてしまう演奏に、僕の口は開いたまま。

もちろんそれからは大ファンになり、尊敬するミュージシャンのお1人に。

本日はそれ以来振りにお会い出来て、とってもうれしかった。

c0061689_445139.jpgそしてなにより、僕のことも覚えててくれてはったみたいで、なおいっそう嬉しい!

まあその時のホーダでは、カヴァコをアホみたいに弾いてたので、どうもそれが印象に残ってはったようです。
今度はちゃんとギターでアピールせねば!

でそのまま江藤さんとみんなで飯を食いに行きました。
しかし、その場ではまったくと言っていいほど音楽の話しはせずに、とりとめもない話しになってしまったのだが、そんな話しにも合わせてくれてほんまにいい人。
(ちなみに本日からは江藤さんのことを「ゆきねえ」と呼ぶことになりました。)

またいつか、一緒にホーダが出来ればなあ。ただその時はやっぱり、カヴァコも持っていったほうがいいかもなあ。

そうやな。カヴァコ練習しとこ。


(江藤有希さんの所属するショーロバンド「レンブランサ」のHP)
[PR]
by yaso7project | 2005-05-10 00:00 | 音楽記