やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
秋岡 vs リカルド 10月24日
c0061689_228785.jpg

おかげさまで満員御礼。
ライブ翌日は鰻重が食べられました!
…違った、おごってもらったんやった…
とにかく満員御礼、ありがとうございました!



ライブ前夜。僕を7弦ギターの世界に引きずり込んだ張本人であり、
師匠のベーシスト・岩田晶氏の家へ、久しぶりに遊びに行ってきた。

するとまぁ出てくるわ出てくるわ、お宝映像の数々。

現在もバリバリと関西・関東で活躍中のミュージシャンの方々の、
10数年前の若かりし映像がどっさり。

その中のいくつかに僕も映ってました。
もうここまで昔だと逆に他人を見てるみたいでしたなぁ。

c0061689_2402548.jpg
10年ほど前に組んでいたTele-co-tecoというサンバのバンド。
一番右が25~6歳の僕です。センター分け&キューティクルがいい感じ…
真ん中のシャンソン歌手のようなイデタチは、現在リオ在住のmacoちゃん。
10年前は(も!)と~っても美人なお姉さん!
…の後ろの豚さんは「ぽんぽこ楽音」リーダーの若かりし山下ジュン。
(ちなみに客席の一番前を陣取ってるのはニンニク大王。
今も昔も変わらずにやっぱりシャツはピンク!)

1stはTele-co-teco。2ndが前田優子さんバンド。
3rdは北摂サンバ商店、というなんともこゆ~いライブ。
僕は残念ながらこのライブ、全く記憶にございませんでした。
まだまだ晶氏の家にはお宝が隠されてると思うので、
近々全容を解明してきてやろうと思ってる次第です!


という前置きはさて置き。


先ほど東京から帰ってきました。
疲れてるはずやけど、いまだ興奮冷めません!

心配した集客も蓋開けたら満員御礼!
さすが関東の皆さん、お目が高い!
仙台の友人お2人もわざわざ足を運んでくれたりで、
なんとも幸せな夜を過ごさせていただきました!

その夜の最大の聴き所はなんと言っても、
日本vsベネズエラのバンドリン対決。

実はその横で、地味に日本vsフランスのギター対決もあったりしたのだが、
残念ながらこちらの軍配は誰でも分かっちゃうほど明解でしたね…は~ぁ。

対決と言いつつも、そこはやっぱりミュージシャン。
国境を越えたスーパーなコラボは予想に反して(いや予想通り)、
サンバはサンバで無く、ショーロはショーロで無い、我々が一晩で
生み出した新たなる音楽だったんじゃなかったでしょうか。(←大袈裟?)

福和誠司さんの、いい意味で期待を裏切ってくれるパーカッションは、
ほんとに色々な世界に連れて行ってくれるし、ゲストで歌ってもらった
松田美緒嬢は相変わらず飛ばしてくれたし、今思い返してもすっごい
メンバーが集まりましたね~!

c0061689_3275628.jpg
c0061689_3281766.jpg
c0061689_3283122.jpg
日本チームのバンドリン・秋岡欧氏。

ライブでご一緒させて頂く度に思うのは、やっぱりこの方は尋常やないですっ!
ガンガンに弾いてるようで、実は僕のギターを包み込んでくれてる、という言い方が
正しいのかは分かりませんが、もう常にそういう感覚に陥ってます。

「お前はもっと思ったように自由に弾いてエエねんでー!」と、
大阪弁ではありませんが、そういう声が音で聴こえてくるんですよ、マジで。

大人の余裕なのか、キャリアの余裕なのか、欧さんの人柄なのか。
ああ、早くいっぱいいっぱいの僕から脱却したい~!


そんな訳で、これに懲りずにまだまだやります!

来る12月9日、今回の日本メンバー、秋岡氏+福和氏+僕の3人に、
もう1人加わって4人でライブします。かぁ~楽しみすぎる~!

詳細は来月、おったのしみに~!




c0061689_3505169.jpg

プラッサライブ後、客で来ていたベネズエラの御エライさんがギターを持ち始めて、
人間ジュークボックスとなり1人で3ステージ分ほど歌いあげておりました…
11月に彼はCHOVE CHUVAへ、あるライブの付き添いで来るらしい。
CHOVE CHUVAでもこんな絵図になるんでしょうな…

[PR]
by yaso7project | 2009-10-26 03:55 | 音楽記