やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
Live review 2005.3.20(日)

兵庫県川西市にある、HANAREというところで、NACIONAL JAM'Sというバンドを観てきた。

このバンドは、前からずっと観たかったバンドの一つで、誠一さんや、以前に共演させて頂いたことがある、九州のピアニスト永見さんがやってるのに、なかなか日が合わなかったりして行けなかったのだが、やっと観れて大満足だった。

音楽的には、かなり高度なことをやっているのだが、セッション的ではなく、バンド的な内容。それを完璧に音にしてしまう、各々の力量

・・・・・脱帽です・・・・・

曲によってはシシムンドとかぶってる曲もあったりして、それをNACIONAL JAM'Sでやるとこうなりますか!おー、かっこいい!!と妙に感激してしまいました。
そしてなにより、誠一さんの新たな魅力のようなものも発見することができた。
客観的に観るのは、一緒にやってる時よりも音以外なところを、色々発見できるものだ。
そしてそれをシシムンドで生かすも殺すも、僕の技量なんでしょうな。
日々勉強ですわー。。。。。

それにしても誠一さん。誠一さんのライブ観に行って、毎回、終わった後に必ず「どうやった?」ってこっそり聞きにきはるんです、僕のところに。
で僕は気の利いた答えが出来ないんで、正直に「あれは良かった。あれがイマイチやった。」って生意気にも言うんです。
ほんなら誠一さんは真面目に、僕の意見も参考にしてくれてはるみたいなんですねえ。
一回り以上も下の奴の意見もちゃんと聞いてくれる。ほんとにありがたいことですよ。それは誠一さんだけではなく、僕が今まで共演した、年上のほとんどのミュージシャンがそうでした。

最近はいつのまにやら、僕より年下のミュージシャンがどんどん増えていくなか、僕もそういう人になりたいと思います。

いや、今でも人の意見は聞くほうやと思ってるんですけどねえ。音楽だけはね。
[PR]
by yaso7project | 2005-03-20 00:00 | 音楽記