やーそのえび天 Yutaka"yaso"Yamada
yaso7.exblog.jp
ジョゼ・ピニェイロとのリハ  10月27日

ライブ前日、ジョゼと最終リハ。

CARIMBOというリズムの曲がやりたいというジョゼの意向で、
前日にみんなで集まったのだが、ジョゼ本人でさえCARIMBOを
今までライブで1度もやったことが無いらしく、みんなで悪戦苦闘。

ある程度の形になったところで、翌日のライブにゲスト参加していただく
東京のパーカッション石川智さんを交えたアンサンブルで、
本番にするかどうか決めようと、という所で落ち着いた。


その石川さん。

奈良県で本番をやっているらしく、宿が大阪なのだが本番が終わってから、
大阪までの足が無く、チェロの人も居るので奈良まで迎えに来てもらえないか?
との連絡が入り、ジョゼとのリハ終わりでそのまま奈良へ。


現場まで迎えに行くと、ちょうどライブが終わった直後だったようで、
人がホール近くで溢れ返っていた。

それにしてもえらい人だかりで、今日何のライブやったんやろうと思いながら、
石川さんに連絡を入れると、「25tトラックが2台停まってる隣に入れて。」…

25tトラック2台?
ますます何のライブか気になる。

無事に石川さんと合流。楽屋まで案内してもらい途中通路で…

あれ?この人テレビで見たことあるぞ。え~と~、、、
高田万由子!うわ~、ホンモンや~。

って、今日何のライブ?と聞こうとすると、その隣にはあのお馴染みの頭が。
葉加瀬太郎!うわ~、ホンモンや~。

動揺を隠しきれたかどうかは分からないが、とりあえずお2人に自己紹介をすませて、
石川さんの楽屋へ入ると、ピアノのマチェックさん、ベースの西嶋さん、
ギターの中山さんと、有名人ばっかりに動揺はいよいよMAXへ。

「今日はお世話になります!」と現れたのは、チェロの柏木さん。
チェロの人って柏木さんかいっ!石川さん、はよ言ってー!

そんなこんなで石川さん、柏木さん、そして事故でも起こせば一生かかっても
償えないであろうバカ高いチェロと共に大阪へ。


大阪のホテルで一旦チェックインし、3人で飯を食いにちゃんこ屋へ。
食が控えめな柏木さんに対し、滅多に入ることの無い高級ちゃんこ屋で、
僕と石川さんはバカ食い。

お酒が回らなきゃ聞けないであろう柏木さんとの会話は、
とても為になる事が多かった。(全然ならない会話もあったけどね。)

夜深くなったところで、再会をお約束させていただいてお別れ。
このご縁により、12月の大阪フェス公演に招待していただきました!

それにしてもいい話しが聞けたなぁ。


で、石川さんが何のライブ中だったかは葉加瀬太郎さんのHPで。
[PR]
by yaso7project | 2008-11-02 15:03 | 音楽記